重陽の節句って何をする日?名前の読み方や由来、料理など徹底解説

生活の知恵

重陽の節句をご存知でしょうか?「じゅうようのせっく」じゃないですよ!

ずい分前ですが、後にミシュラン2つ星を獲得することになる都内の日本料理店に行った時のこと。料理長が「今日は重陽の節句だから、今週は菊の料理やあしらいが多いんです」と説明してくれました。その日はたまたま9月9日。重陽の節句の日だったのです。

初めて聞いた重陽の節句に「えー、そんなの知らないよ!」そこで家に帰って重陽の節句について調べたことがありました。

ここでは日本人でも意外と知らない重陽の節句についてまとめました。何をする日なのか、名前の読み方や由来や料理などについて解説します。

 

重陽の節句とは何をする日?名前の呼び方は?

まず読み方ですが、重陽=ちょうようです。毎年9月9日が重陽の節句にあたります。この日は桃の節句(3月3日)などならんで5節句のひとつです。

では何をする日かについてかんたんに言うと、菊を用いて不老長寿や健康を願う日です。

なぜ9月9日をお祝いするかというと、陽の数字が2つ重なっているからなんです。中国から伝わった陰陽説では、陰より陽の方が縁起がいいとされています。数字は奇数が陽、偶数が陰とされています。奇数の方が偶数より縁起がいいんです。

例えばお寺の五重塔や三重塔は必ず奇数ですし、七五三も奇数です。また日本三景、日本三名瀑など、日本三大〇〇、三〇〇などは陰陽の影響を受けているので、奇数の3を使っています。

陰陽の考えでは奇数の中でも最も大きい9が一番縁起がいい数字とされ、9が2つ重なった9月9日を重陽の節句として祝ってきたんです。

なお重陽の節句を含めた5節句は以下の5つです。

  • 1月7日 人日の節句(七草の節句)
  • 3月3日 上巳の節句(桃の節句)
  • 5月5日 端午の節句(菖蒲の節句)
  • 7月7日 七夕の節句(笹の節句)
  • 9月9日 重陽の節句(菊の節句)

重陽の節句の具体的な祝い方

桃の節句にはひな祭りを飾り、端午の節句にはこいのぼりをあげてお祝いをしますね。

では重陽の節句ではどんなことをしてお祝いするのでしょうか。

後の雛(のちのひな)

8月1日また9月9日に雛人形を飾ることを後の雛といいます。

3月3日の桃の節句だけでなく、重陽の節句にも雛人形を飾ることです。

ただ今ではすたれて、一般的に行われてはいません。

菊の被せ綿(着綿とも)

きくのきせわた、と読みます。9月8日に菊の花に真綿をかぶせ菊の露を含ませます。そして9月9日の朝、その綿で体を清めます。不老長寿や健康を願っての風習です。

菊の花は中国原産ですが、中国には以下のような不老長寿の伝説が残されているからです。

ある少年が菊の葉にお経を書きました。すると露がこぼれ、それを少年が飲んだところ800歳まで生きました。しかも若いままの姿で!この伝説が日本に伝わり、昔は菊の被せ綿を9月9日にやっていたのです。

菊湯

お風呂に菊を浮かべ入浴することです。健康や長寿を願ってするものですが、菊には精油成分があり、体を温めたり、血行を良くしたり、肌を保湿したりといった効果があります。

9月9日にではありませんが、私はこれをやったことがあります。母の実家で大量の食用菊を栽培してもらい、お風呂のお湯に浮かべ入浴していました。香りがよくすごく気分がよくなりましたよ!

茱萸嚢(シュユノウ)

茱萸(シュユ)とはゴシュユ、ニセゴシュユとも言われ、ミカン科の植物の一種です。

茱萸の成熟していない実を袋に詰め、お守りのように身につけます。厄除けの意味があります。

重陽の節句で食べる料理、お酒、お菓子

どんな食べ物や飲み物で重陽の節句を祝うのか、まとめました。

菊のお浸しやお吸い物

日本料理では9月9日の重陽の節句前後は、あしらいに菊を使ったり、料理に菊を使ったりします。食べ物としては菊のお浸しやお吸い物がよく知られています。健康や不老長寿を願い菊を食べるのです。

うちでは母の実家で食用菊を作ってもらっていたので、重陽の節句に限らず菊をよく食べていました。香りがあって、シャキシャキとした歯ごたえが何とも言えなかったですね。

食用菊の中でも、もって菊、べつめい「もってのほか」という種類の菊が一番好きです。天皇家の文様の菊を食べるなんてもってのほか!という名前の由来がある菊です。

ところで東北地方では菊の花は一般的に食べますが、西日本ではあまり食べないそうですね。おいしいですから西日本の方もぜひ一度召し上がってみてくださいね。

菊酒

日本酒に食用菊を浮かべて飲みます。

見た目にもきれいですし、香りもいいです。日本酒が飲めない方は雰囲気だけでも味わうのがいいでしょう。

栗ご飯

秋は栗の収穫の季節です。そのため庶民の間では重陽の節句を「栗の節句」ともいい、江戸時代から「栗ごはん」を食べて祝う習慣がありました。

栗には美肌にいいとされるビタミンCや、疲労回復に効果があるビタミンB1が豊富です。この季節にしっかりとりたいですね。

和菓子

重陽の節句に合わせて、和菓子屋さんでは菊の文様をあしらった菓子や、栗を使った菓子を販売します。

菊をモチーフにした和菓子はとても美しく、目でも楽しませてくれます。

まとめ

  • 重陽(ちょうよう)の節句は9月9日
  • 不老長寿、健康を祝う
  • 菊を使った料理や酒、菓子を食べる

重陽の節句は今ではすたれてしまい、何もしない方がほとんどです。とはいえ昔の人のさまざまな思いが込められた行事です。

季節感を大切にする日本人としてその意味を理解し、今年は菊酒と菊の料理でお祝いしてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました