閉鎖病棟の原作小説の結末をネタバレ!映画との違いも予想解説!

映画

2019年11月に映画「閉鎖病棟-それぞれの朝-」が公開されます。原作は帚木蓬生の山本周五郎賞受賞作「閉鎖病棟」。

映画公開に先立ち、私は原作を読みました。母が少し前に精神病棟に入院した際、私は精神科病棟の様子を目にしていました。そんなこともあり、ぜひこの小説を読んでみたくなったのです。

この作品では、精神科病棟の患者の内面が奇をてらわずに、やさしく表現されています。社会や家族からも見捨てられた患者たちが、問題を抱えながら互いに助け合いながら生活する姿をごく自然に描いた作品です。ラストでは小説の登場人物たちに心の中でエールを送っていました。

ここでは小説「閉鎖病棟」のあらすじや結末をネタバレします。さらに小説と映画との違いを予想解説します。

ネタバレを含みますので、知りたくない方はご注意くださいね。

>>>関連記事:閉鎖病棟(映画)主なキャスト一覧まとめ!相関図付きで関係を解説!

 

映画「閉鎖病棟 -それぞれの朝-」概要

  • 映画タイトル:閉鎖病棟-それぞれの朝-
  • 原作:帚木蓬生「閉鎖病棟」
  • 監督:平井秀幸
  • 脚本:平井秀幸
  • 主題歌:K「光るソラ蒼く」

この映画の特筆すべき点は原作者が精神科医ということです。原作者は東京大学仏文科を卒業後テレビ局に就職するも2年で退職。その後医学部に進み精神科医となり、医師と小説家の二足の草鞋を履きました。

医師の仕事をしながらコンスタントに作品を発表。医療ものや推理もの、児童書にいたるまで幅広いジャンルをカバーする作家です。

原作では精神科病棟に入院している患者の日常が、淡々とした表現で描かれています。おそらく多くの人が想像する精神科病棟の患者たちとは大きくかけ離れているはずです。それだけにこの小説には説得力や現実感があります。

小説が持つ説得力や現実感を映画でどのように表現しているか、非常に楽しみです。

小説「閉鎖病棟」のあらすじや結末をネタバレ

ここから小説「閉鎖病棟」のあらすじを結末までネタバレします。映画のあらすじとは異なります。

物語の中心となる人たち

四王子精神病院。精神的な病を抱え、世間や家族からも見放され、居場所をなくした患者たちが入院生活を送る。

てんかん発作で意識もうろうの中、実の母親とその内縁の夫など4人を殺すも絞首刑が失敗。刑務所を風呂敷包みひとつで追い出され、この病院にたどり着いた秀丸。腰が悪く車椅子での生活を余儀なくされている。

耳が聞こえず「ゲゲゲ」としか言葉を発することができない昭八。甥を水害に遭わせてしまったり、家の納屋に火をつけ逃げ出したりした過去を持つ。

昭八の甥・敬吾も2年の自衛隊勤務後、心を病み引きこもりに。その後昭八のいる病院へ入院。

中弥ことチュウさんは、電力会社で12年勤務するも胸を患い退職。土地を買い両親と暮しているが、幻聴が聞こえるようになりおかしな行動をとるようになったため、家族に疎まれ強制的に病院に。

さらに義父に暴行され妊娠、中絶したのち不登校になりこの病院に通院するようになった中学3年の島崎由紀。

彼らは一緒に天神様にお参りに行くなど、とても仲よし。病院の中で満ち足りた日々を過ごす。

日々を懸命に生きる病棟の患者たち

いろいろな病気や過去を抱えた患者たちが10年、20年、30年と長期の入院生活を送っている。家族からも疎まれ居場所がなく、退院できないからだ。見舞いに来る家族も少ない。だからみな病院内に居場所を見つけ、懸命に日々を生きている。

病院内で発表会が催され、この病棟ではチュウさんが脚本を作り劇をやることに。普段はバラバラに過ごす患者たちが練習し、劇を発表したら大成功。チュウさんにいい思い出ができる。

突然島崎さんに降りかかる悲劇

通院しながら秀丸やチュウさんたちと過ごすうちに、徐々に元気をとりもどす島崎さん。そんなとき、覚せい剤を常習し、女性を殺して入院中のっ元暴力団員・重宗に強姦されてしまう。たまたま居合わせた昭八がその場を撮影。チュウさんに知らせ、その事実は秀丸にも知らされる。

チュウさんは島崎さんのために重宗殺害を決意するが、それより先に秀丸が重宗をナイフで刺し殺してしまう。

秀丸は逮捕され拘置所へ。島崎さんは転校し行方不明。さらに体調がよくなった昭八と敬吾は退院して自宅へ。

チュウさんは一人になってしまう・・・

拘置所からの手紙

ある日、チュウさんに拘置所の秀丸から手紙が届く。重宗によって心に傷を受けた島崎さんを救うには、自分の命を賭して重宗を殺すしかない。
そう決意しての重宗殺害だったことが書かれていた。

また最初の死刑からの20年間、チュウさん、島崎さん、昭八、敬吾と過ごした時間はとても楽しかったこと。チュウさんには退院して自分の家に帰り、お母さんの思い出といっしょに生きてほしいこと。

さらに島崎さんに会うことがあったらがんばれ、と伝えてほしいことなどが書かれていた。

チュウさんが退院、自分の家へ

「先生、月末に退院します」緊張しながら新しい女性の主治医に自分の意思を伝えるチュウさん。「いいわよ」主治医の許可が下り、自分の家に帰ることに。

妹夫婦がこれに猛反対。同じ敷地に住むことになるやっかい者にはずっと帰ってきてほしくないのだ。

しかし主治医も病棟の主任もチュウさんの意志をくみ、通院を条件に退院が決まる。チュウさんは退院して、少し前に亡くなった母親の初盆を自分の手でやりたい思いもあった。

法廷、そこには島崎さんが

裁判所に出頭するチュウさん。秀丸の裁判で証言するためだ。そこには島崎さんの姿が。同じく裁判で証言するためとのこと。

産婦人科医院に住み込み、夜間の看護学校に通っているという島崎さん。そしてチュウさんが秀丸のために証言台へ。法廷には被告人席に座る秀丸が。

チュウさんは、秀丸がやっていなかったら自分が重宗を殺害していた。島崎さんを救うには殺すしかなかった。自分より先に重宗を殺害した秀丸さんが島崎さんと自分を助けた、と証言。

最後に裁判官から被告人に言いたいことがあれば、と言われ「秀丸さん、退院したよ」と涙ながらに叫ぶチュウさん。何度もうなずく秀丸・・・

そして結末

証言が終わり、連絡先を交換するチュウさんと島崎さん。島崎さんは自分のために重宗を殺害した秀丸のために生きることを決意。

看護婦免許をとったら四王子病院で働きたい。そして今度は自分が秀丸に生き続けて、と説得するつもりだとも。

「秀丸さん、決して死んじゃいかんよ」チュウさんも心の中で叫ぶ・・・

小説「閉鎖病棟」と映画「閉鎖病棟-それぞれの朝-」の違いを予想解説!

2109年11月公開予定の「閉鎖病棟 -それぞれの朝-」とその原作小説「閉鎖病棟」はどこが違うのか?小説を読み、映画の公式サイトや映画の予告編を見たうえで、予想解説します!

あくまでも私個人の予想ですので「ふざけたこと書くな!」と怒らないでくださいね。

違いその1:病院のある場所

小説と映画の大きな違いは病院のある場所です。映画では長野県小諸市の独立行政法人国立病院機構 小諸高原病院でロケを行いました。松本市でもロケをしており、長野県が舞台になっています。

一方小説「閉鎖病棟」では九州のとある精神科病院が舞台です。四王子精神病院の精神科病棟ですが、はっきりした場所まではわかりません。

ただ言葉から判断すると福岡または佐賀など九州北部なのでは、と推測します。というのはNHKの連ドラ「おしん」で出てきた佐賀の言葉にとても似ていると感じたからです。

違いその2:映画では敬吾さんがいない

小説にはチュウさん(映画では綾野剛が演じる)の甥・敬吾さんが登場します。でも映画では敬吾さんは出てきません。

小説では敬吾さんはかなり中心の場所にいますが、映画ではチュウさんを若い綾野剛さんが演じるので登場させなかったのかなと思います。

違いその3:チュウさんと島崎さんの歳が違う

小説でのチュウさんは60歳過ぎ(?)。12年間働いた会社を体を壊し辞めた後、自宅でのんびり過ごしていたら幻聴がひどくなり入院。30年も病院生活をします。となると60歳は過ぎているはず。

映画でははっきりした年齢はわかりませんが、チュウさんを演じる綾野剛さんの年齢を考えると30代と思われます。

また映画では島崎さん(小松奈菜)は高校生ですが、小説では中学生の設定です。

どちらの役も年齢が若くなっていますね。

 

他にも違いはあるはずです。1冊の本を100~120分の映画にまとめるには、削るところや変更をする点が多々ありますから。

あとは実際に小説と映画を見て判断していただければと思います。

 

まとめ

小説「閉鎖病棟」のあらすじや結末のネタバレ。小説と映画の違いについてまとめました。

小説の大詰めで、拘置所の秀丸からチュウさんへの手紙の部分を読んだとき、自然と涙があふれてしまいました。

退院を決意するチュウさんの姿にも感動しました。前向きに生きている島崎さんには、がんばってほしいと心から思いました。

映画の公開が楽しみです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました