ドラマ、映画、読書、雑学、養蜂、日本文化など徒然なるままに綴っています。

古賀紗理那の怪我や復活の経緯は?リオ五輪落選理由や経歴についても

2019/09/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

所属するNECレッドロケッツおよび日本代表で中心選手として活躍する古賀紗理那選手。

アタッカーとしての実力もさることながら、かわいらしいことでも知られていますね。

バレーボールワールドカップ2019や東京オリンピック2020での活躍が期待されています。

ところで古賀紗理那選手は怪我が原因で代表落ちしたことがありました。

その後復活してワールドカップ2019のメンバー入りを果たしました。

古賀選手の過去のけがや復活の経緯について調べました。

またリオ五輪落選理由や古賀選手のプロフィールや経歴もまとめました。

 

古賀紗理那選手のプロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

· @sarina.koga · 笑顔が癒される!! · #kogasarina #sarinakoga #古賀紗理那 #necレッドロケッツ #necredrockets #volleyball

| ℝℕ |さん(@sarina.koga.love)がシェアした投稿 –

生年月日:1996年5月21日
出身地:佐賀県神埼郡
身長:180㎝
血液型:B型
愛称:サリナ
出身高校:熊本信愛女学院高校
ポジション:ウイングスパイカー
所属チーム:NECレッドロケッツ

所属するNECレッドロケッツの公式サイトを見ていたら、古賀選手はバレーの魅力として「繋ぐところ」、バレーボールの一番すきなところとして「繋がないと勝てないところ」を挙げていることに気づきました。

いかにチームとして勝つかということを考えていることがわかります。

またおじいちゃんが大好きのようで、おじいちゃんにプレゼントを渡す時に自分が大人になったことを感じるそうです。

好きな食べ物はアスリートらしく肉。ハンバーグが得意料理だそうで、ファンだったら一度は食べてみたいですね。

以前は目標とする選手にすでに引退した木村沙織さんを挙げていました。

アタックだけでなくレセプションにもすぐれていることが理由でした。

今では古賀選手が代表チームを引っ張る存在になり、後輩の黒後選手からは高い打点のスパイクを見習いたいと言われるほどになりました。

これまでは大事なところで代表落ちすることがありましたが、東京五輪2020にはぜひ出場して、メダル獲得に活躍してほしいです。

古賀紗理那選手の経歴

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▪ . 頑張ってください✨ . . @sarina.koga #kogasarina #sarinakogalove #sarinakoga #古賀紗理那 #necレッドロケッツ #necredrockets #volleyball

| ℝℕ |さん(@sarina.koga.love)がシェアした投稿 –

中学生までの経歴

古賀選手がバレーボールを始めたのは小学校2年生の時から。

古賀選手の母親は「女の子が生まれたらバレーボールをさせたかった」らしく、古賀選手をママさんバレーに連れていったことがきっかけでした。

バレーボールに興味を持つようになった古賀選手は地元のジュニアチームに入ります。

しかし強豪チーム(大津ジュニア)に負けたことをきっかけに自らの希望でその強豪チームへ移籍します。

そして小学校5,6年時に2年連続で全国大会に出場しました。

小学校卒業時には身長が166㎝もあったそうですから、大きかったんですね。

その後大津中学校に進学し、3年時にはチームは全国3位に。自身も優秀選手に選ばれています。

今の活躍から想像すると中学時代は同級生から頭二つも三つも抜けた存在だったのでしょうね。

中学校でもぐんぐん身長が伸び、卒業するころには180㎝にもなっていたそうです。

高校時代の経歴

県内外から7つ以上の高校からオファーがあった古賀選手は熊本信愛女学院に進学。

2つ上の姉がそこのバレー部に所属していたことが理由でした。

熊本信愛女学院はバレーボール全国大会常連の強豪で、女優の倉科カナさんの出身校でもあります。

2012年にはアジアユース日本代表としてチームの優勝に貢献したり、2013年4月には16歳の若さで日本代表に選ばれたり。

またU-23日本代表として銅メダルに貢献したり、2013年のインターハイでチームを準優勝に導き、自らもベスト6と優秀選手賞を獲得するなど実績を積んでいきます。

しかし3年生として最後の大会の春高バレーでは大きなアクシデントがチームを襲います。

チームの4人がインフルエンザにかかり、2回戦で敗れてしまったのです。

そのとき古賀選手はこんなことをツイッターにつぶやいています。

3年生でキャプテンになり悩むことが多かったようですが、そんな経験をしたことが古賀選手を成長させてくれたのかもしれませんね。年間でした。

熊本信愛に来て、とにかくみんなで勝ちたくて喧嘩もしながら、悩みながら成長して来れたと思います。
私たちを応援して下さった皆さん本当にありがとうございました!
これからも熊本信愛を応援よろしく

NECレッドロケッツ加入後の経歴

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#古賀紗理那 選手

sarinakoga / 古賀紗理那さん(@sarinakoga_fan)がシェアした投稿 –

古賀選手をめぐりVリーグ8チームによる争奪戦が繰り広げられます。

その結果湖岸選手は2015年にNECレッドロケッツに加入することになりました。

高卒1年目には21試合に出場し、チームの10年ぶりの優勝に貢献します。

また同じく2015年にはワールドカップバレーに出場し、日本代表は5位に終わったものの、ベストサーバー部門4位、ベストレシーバー部門1位、ベストスコアラーランキング5位と個人としてはすばらしい成績を残します。

実力的には日本代表に欠かせない古賀選手ですが、これまで大事なところで代表落ちを経験したことがあります。

次では古賀選手の2016年リオ五輪での落選、2017年グランドチャンピオンズカップでの落選、そしてそこからの復活について見ていきます。

古賀紗理那の2016年リオオリンピック落選の理由は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019/1/26 川崎市とどろきアリーナ #Vリーグ #NECレッドロケッツ #古賀紗理那

Nao_M.J@V.Bさん(@nao_m.j_v.b)がシェアした投稿 –

リオオリンピックを前にしてまさかのメンバー落選

古賀選手は2016年リオオリンピックを直前にした最終選考でまさかの落選をしてしまいます。

当時の真鍋監督が採用していたハイブリッド6という戦術には、古賀選手は必要な選手だとだれもが思っていました。

しかしサーブレシーブが不安定だったこと、リオ五輪最終予選では得意の攻撃面でも力を発揮できなかったことなどが理由で落選してしまいます。

真鍋監督より落選が告げられた日の夜、当時のキャプテン木村沙織さんの部屋にあいさつに行くと古賀選手はこのような言葉をかけられます。

紗理那は埋もれちゃダメだよ。どのプレーでも誰よりも上に、平均よりも上にいないといけない存在だから、とにかくこの悔しさを忘れず頑張って

古賀選手は木村さんの気持ちに応えるために、無力感を抱えながらもがんばろうと思ったそうです。

リオオリンピック落選から復活まで

五輪代表から落選しチームに戻った古賀選手はサーブやサーブレシーブの練習や、体幹を鍛えるトレーニングに力を入れます。

結果はすぐに現れたわけではありませんが、苦手だったサーブレシーブでは崩されない自信がついていきました。

また体感を鍛えたおかげで、以前だったら飛ばされていたブロックもしっかり抑えらえるようになるなど、トレーニングの成果が出始めました。

試合中にもセッターにトスについて要求するなど、積極的な姿勢が見られるようになりました。

もともと実力がある選手だけに、立ち直りは早いかに思われました。

古賀紗理那の2017年グラチャンバレー怪我による落選から現在まで

2017年グラチャンバレー落選の怪我は何?

2016年オリンピック後、復調の兆しがあった古賀選手。

しかし2017年グラチャンバレーでまたも代表落ちを経験することになります。

落選原因は怪我でした。2017年9月に右膝靱帯が炎症を起こしてしまい、痛みが伴うようになってしまったのです。

バレー選手に限らず、スポーツ選手にとってひざは大切な場所なので、中田監督も苦渋の決断をせざるを得なかったようです。

ただ東京オリンピック2020もありますし、ここで無理をさせてはいけないという判断もあったようですね。

2017年グラチャンバレー落選後の復活について

2017年グラチャンバレーは怪我のためメンバー落ちした古賀選手ですが、その怪我はそれほど深刻ではなく、すぐにリーグ戦の復帰することができました。

2017年10月~2018年3月のⅤリーグには出場し、前年と変わらない成績を残すことができたのです。

ただ高い跳躍を求められるバレーボール選手にとって、膝の怪我は職業病のようなものですから、ケアを払いながらプレーしていくしかないのでしょうね。

その後2018年ネーションズリーグや世界選手権、そして2019年ワールドカップにも選出されているので、怪我の心配は少ないようです。

女子代表中田監督から古賀選手への期待は?

以前女子代表の中田久美監督は古賀選手に対してこのように話していました。

自分が絶対決めてやる、という気迫が感じられない。

もう一皮、二皮むけないといけないし、技術もメンタルももっと成長できる。

彼女は、それだけの力がある選手だと思っているので

かなりきびしい言葉ですが、これも期待の裏返しなのだと思います。

これまで大事なところで代表落ちをしてきただけに、ワールドカップ2019では結果を残し、東京オリンピック2020につなげていってほしいですね。

まとめ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

‘ 【@sarina.koga 】 紗理那さん良い年 ♥ いつも応援しています!! . #kogasarina #sarinakogalove #sarinakoga #古賀紗理那 #necレッドロケッツ #necredrockets #volleyball

| ℝℕ |さん(@sarina.koga.love)がシェアした投稿 –

古賀紗理那選手のプロフィールや経歴、リオ五輪落選から復活までをまとめました。

東京オリンピック2020での活躍を期待したいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

>>>関連記事:黒後愛のプロフィールと経歴!父親や姉が与えた影響についても

>>>関連記事:石川真佑のプロフィールと経歴!兄や姉・両親など家族構成についても

>>>関連記事:岩坂名奈はなぜ日本代表キャプテンに任命?資質や実力・経歴についても

>>>関連記事:佐藤美弥と似ている芸能人は誰?比較画像やかわいいショートヘア姿についても

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 情報チャンネル , 2019 All Rights Reserved.