壬生ふるさとまつり花火2019の屋台や穴場の場所は?駐車場の混雑状況と口コミについても

観光

2019年の夏真っ盛り!各地で夏祭りや花火大会が開催されています。もちろんここ栃木県壬生町でも今年も壬生ふるさとまつりが開催されます。このお祭りでは、恒例のかんぴょう踊りと花火大会が行われます。屋台の出店もありますよ!

ここではそんな壬生ふるさとまつりの情報をまとめました。まつりの楽しみである屋台や花火を見る穴場スポット。さらには駐車場やその混雑状況、送迎シャトルバス、口コミなどについてまとめました。主催の壬生町観光協会に直接問い合わせて確認した情報も含まれています。

壬生ふるさとまつり花火大会2019屋台の出店状況

お祭りといえばなんといっても楽しみは屋台ですよね!壬生ふるさとまつりにもみんなが好きな屋台が出店します!主催者に問い合わせたところ屋台の数は約50店舗。たこ焼き、イカ焼き、お好み焼き、焼き鳥、ラムネ、金魚すくい、お面、綿あめ、ラムネ、ビールなど一通りの屋台が出店するということです。

屋台の開店時間はそれぞれの店でまちまちですが、かんぴょうまつりが始まる30分前(18時ころ)には営業は始まっているようです。なお屋台の出店場所は壬生町総合公園グラウンドの北側と西側です。

おいしい食べ物、飲み物を片手にかんぴょう踊りと花火を楽しんじゃいましょう!

壬生ふるさとまつり花火大会2019の穴場スポット:道の駅みぶ

壬生ふるさとまつりの花火をゆっくり見られる穴場スポットを探したところ、こんな口コミを見つけました。

主人と娘と行ってきました。近くで見る花火は、怖い娘…。わんぱく公園の中では泣くかなー…と思い、壬生の道の駅で見ることにしました。屋台が出ていたり、100円で遊べる乗り物があったりしたので、花火スタートの20時まで、楽しく待つことができました。駐車場は混雑していましたが、道の駅の中は空いているので、子連れでも安心でした。花火もよく見えて、来年もこちらから見たいなと思いました。

引用元:栃ナビ

この口コミは2017年のものです。道の駅みぶは今でも営業しており、ふるさとまつり会場のかなり近くです。遮るものがありませんので、花火をよく見ることができます。

ゆっくり見たい方は道の駅みぶで見ることをおすすめします。

壬生ふるさとまつり花火大会2019の開催概要:日程、場所など

イベント名 壬生ふるさとまつり
開催日 2019年8月24日(土)18時30分から21時(かんぴょう踊り18時30分、花火打上20時~21時)
会場 壬生町総合公園(おもちゃ博物館東隣) 地図はこちら
打ち上げ数 約2,500発
昨年の来場者数 約32,000人
荒天の場合 雨天決行(荒天時は2019年8月25日(日)に延期、25日が雨天の場合19時より花火打ち上げのみ)
入場料 無料、有料席なし
駐車場 2,000台、無料
送迎のシャトルバス 16時から22時までおもちゃのまち駅及び壬生町城址公園駐車場から、会場への無料シャトルバスを運行
トイレ 会場内に公衆トイレ
問い合わせ先 壬生町観光協会:0282-81-1844

開催について注意しておくことが2点あります。

1つは雨天の場合。少雨であれば当日決行します。当日荒天の場合は25日(18時30分~21時)に延期。また25日が荒天の場合、19時より花火大会のみ開催されます(かんぴょう踊りはなし)。

2点目は駐車場です。例年来場者数に対して会場の駐車場の台数が十分ではありません。そのため主催者の観光協会では公共交通機関を使うことをすすめています。シャトルバスがあるのでそちらを利用するのがいいですね。駐車場や混雑状況、シャトルバスについては次で詳しく解説します。

壬生ふるさとまつり花火大会2019の駐車場と混雑状況

壬生ふるさとまつり会場の壬生町総合公園には6か所・約2,000台の駐車場があります。主催者の壬生観光協会に問い合わせたところ、例年5時頃には会場近くの駐車場がいっぱいになり、6時近くになるとすべての駐車場がほぼいっぱいになるそうです。

ですからどうしても会場内の駐車場に駐車したい方は、少なくとも5時前に壬生町総合公園の駐車場に入ることをおすすめします。

なお当日は会場から少し離れたところに2か所の臨時駐車場が設けられ、シャトルバスが往復しています。花火大会が終わり帰る時もシャトルバスなら優先的に会場から出られるので、帰りの混雑に巻き込まれずにすみます。シャトルバスについては次で説明します。

2か所の臨時駐車場からの壬生ふるさとまつり会場までのシャトルバスについて

壬生ふるさとまつり当日には2か所の臨時駐車場が用意されます。16時から22時まで臨時駐車場とふるさとまつりの会場をシャトルバスが往復します。シャトルバスの料金は無料です。

臨時駐車場は以下の2つです。

  • 壬生町保健福祉センター

  • 城址公園駐車場

どちらも地元の方にはなじみの場所です。会場付近の混雑を避けるならこちらに停める方がいいですね。

壬生ふるさとまつり会場まで公共交通機関でのアクセス

壬生町総合公園の最寄り駅はおもちゃのまち駅です。会場までは徒歩で約20分の距離ですが、当日は16時から22時までおもちゃのまち駅からおまつり会場をシャトルバスが運行します。シャトルバスの料金は無料です。

壬生ふるさとまつりの花火大会の場所取りは何時からできる?

壬生町観光協会に確かめたところ、「芝生の上にシートを敷くことは16時から。かんぴょう音頭のサークル内は、催し物が終わり次第(19時50分頃)可能」ということでした。

 

壬生ふるさとまつり花火大会の口コミ

今年も子どもたちは甚平を着て、家族で楽しみにしてました☆…が、まさかの雷雨(>_<)何とかおさまってから出発しました!遅くなってしまいましたが、悪天候の為か今年は割りと近くに駐車できました。今年は子どもたちの希望でくじ引きの長蛇の列に並びました。そしてピカピカ光るジュースに一目惚れ。盆踊りよりも出店を堪能し、20時〜の花火を見ました。今年は3000発と例年より多かったようで、スマイルやハートが可愛かったです。来年はお天気に恵まれ、シートを広げて寝転んでゆっくり見られるといいですね(^ー^) (2018/08/25 訪問)

今年も子どもたちは甚平を来て、楽しみに出掛けました☆毎年行っているから…と余裕でいたら、駐車場が減ったからかあちこち満車でぐるぐる渋滞になってしまいました( ̄▽ ̄;)仕方なく私と子どもたちだけ先に降ろしてもらいました(>_<)金魚すくいにわたあめにお面にりんご飴などの出店や盆踊りを見て、20時〜の花火を駐車場に向かいながら見て、混む前に帰りました。今年は去年より玉の数が多かったようです。夏の風物詩、夏祭りを楽しめましたが、来年こそは早めに行ってシートを広げてゆっくり見たいです(^ー^) (2017/08/26 訪問)

ここ何年か見に行っています。小さな子供がいるので規模が大きい花火大会はちょっと行きづらいのですがここの花火大会は込み具合が程よく、気に入っています。周りに大きな建物がなく、花火を遮る建物がないのでものすごくよく見えます。芝生の広場に寝そべって、出店のたこ焼きや焼きそば、かき氷なんかを食べながら、今年の夏の終わりを感じました。 (2017/08/27 訪問)

今年はルートを変えて、渋滞に巻き込まれず早めに着きました!まず、たくさんの露店を見て周りました。どこも長蛇の列で賑わっていました。7時からかんぴょう踊りが始まり、娘を連れて側に行きました。8時からの花火はカラフルなのや、ハートやスマイルの形もあってキレイでした。娘がぐずぐずだったので早めに切り上げましたが、駐車場までも歩きながらよく見えました。また来年行きたいです♪ (2012/08/25 訪問)

口コミの引用元はすべて栃ナビです。

壬生の花火大会の口コミは高評価ばかりです。ただ会場に車を停めると帰るときに混んで出るのに時間がかかった、という口コミがありました。
帰りの混雑に巻き込まれたくなければ早めに会場を出るか、シャトルバスを利用しましょう。

まとめ

栃木県壬生町で8月24日(土)に開催される壬生ふるさとまつり2019についてご紹介しました。

夏の最後に家族や友だち、恋人といい思い出を作ってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました