麦茶は水出しと煮出し日持ちするのはどっち?違いは栄養や雑菌の繁殖のしやすさ?

生活の知恵
CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

麦茶と言えば夏の飲み物の代表格(横綱!?)です。大麦から作られる麦茶はカフェインを含まないので利尿作用がなく、暑い時期の水分補給にピッタリ!

そんな麦茶ですがあなたは水出し麦茶、煮出し麦茶、どちらを飲んでいますか?

ここでは水出し麦茶と煮出し麦茶を比較します。どちらがおいしいか?日持ちするのはどちらか?栄養に違いがあるのか?

さらに子どもにおすすめなのはどちらか?についてまとめました。

おいしいのは水出し麦茶?それとも煮出し麦茶?

麦茶の味については好みがわかれるのは事実です。

水出しコーヒーと同じで、じっくり麦茶の味をだす水出しの方が好きという方もいます。

でも水出しより煮出し麦茶の方がおいしい、という声の方が多いです(あくまで一般的な話です。水出し派の方ごめんなさい)。

なぜ煮出しの方がおいしく感じるかと言うと、水よりもお湯の方が麦茶の旨味を抽出しやすいからです。麦茶のコク、香りもお湯の方がより引き出してくれます。

水は味や香り、旨み、コクを引き出すためには、お湯に比べてどうしても劣ります。しっかりした味わいの麦茶を飲みたい方は煮出し麦茶がいいでしょう。

手間と時間はかかりますが、かけた分だけのことはありますから。

日持ちするのは水出し麦茶?それとも煮出し麦茶?雑菌の繁殖で違う?

今私の手元に水出し・煮出し両用の麦茶パックがあります。

説明書を見ると「お作りになった麦茶は冷蔵庫に入れ、お早めにお飲みください」とありますが、何日とまでは書いてありません。

そこで水出しと煮出し、どちらが日持ちがいいか調べたところ、意外なことがわかりました!

水出し麦茶の日持ち期間

水出し麦茶を水道水で作るか、ペットボトルのミネラルウォーターで作るかにより消費期限は異なります。

日持ちを考えると水道水の方が持ちがいいです。というのは水道水には塩素が入っているからです。

塩素は消毒効果があるため雑菌が繁殖しにくいのです。

塩素が入っていないミネラルウォーターで麦茶を作ると、冷蔵庫で保存しておいても一度雑菌が入るとそれが繁殖してしまうことがあります。

水道水で麦茶を作った場合の消費期限は3日と考えれば間違いありません。

煮出し麦茶の日持ち期間

煮出し麦茶の方が湯を沸かしているため、水出しより日持ちがする、と私は思っていました。でも調べてみると、これは違うようです。

2019年8月17日のYahoo!ニュースにこんな記事がありました。

過去にコープ九州が行った実験によると、『煮出した麦茶を常温で冷ましたもの』が最も傷みやすいという結果が出ています。煮出した水道水は塩素が消え、さらに、冷ます際に雑菌の好む30~40度の温度帯にある時間が長いためでした。逆に、煮出した麦茶をやかんごと急冷させたものは最も日持ちがよく、1週間冷蔵保存しても雑菌数がほとんど増えませんでした。

つまり、『保存する容器ごと加熱して煮沸消毒』し、さらに『急冷させる』のが最も長持ちする条件ですが、現実的には『煮出して粗熱を取ってから冷蔵』か『水出し』が一般的なので、その方法で作る場合の基準として2~3日と考えておけば安心です。

煮出しの場合、水道水でも塩素が消えているので、ミネラルウオーターや浄水と同じ条件になります。水出しの場合は、水道水には塩素による殺菌効果があるので、浄水器の水やミネラルウオーターを使った場合よりも傷みにくいようです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190817-00046547-otonans-life

つまり湯を沸騰させると水のカルキを飛ばしてしまい、殺菌効果がなくなり麦茶の痛みが早くなります。とくに麦茶を冷蔵庫に入れる前に常温で放置すると、雑菌が繁殖しやすくなる、ということです。

水出しより煮出して常温で放置したほうが雑菌が繁殖しやすい、というのは意外でしたね。

念のため煮出し麦茶の消費期限は2日と考えましょう。

結論
水出し麦茶の方が煮出し麦茶より日持ちがする!

・水出し麦茶は冷蔵庫で3日
・煮出し麦茶は冷蔵庫で2日

麦茶は水出しと煮出しで栄養は変わるのか?

どうせ飲むのだったら栄養が高い方がいい、と考えるのは誰でも同じです。煮出しの方が栄養素がより引き出されそうですが、実際のところはどうなのでしょうか?

結論を書くと、麦茶は煮出しでも水出しでも栄養には大きな違いはないようです。香りやコクは煮出しの方が増すので、栄養が高いように感じるだけで、どちらを飲んでも栄養はとれるようです。

麦茶にはナトリウム、マグネシウム、カルシウム、亜鉛、カリウム、リンなどのミネラルが豊富に含まれています。夏は汗を大量にかくので、これらのミネラルが不足しがちです。かといってスポーツドリンクばかりでは糖分が多くて、体にはよくありません。その点麦茶はいいです。砂糖を入れなければ糖分がありませんから。

カフェインレスでしかもミネラル豊富!熱中症や脱水症状、夏バテを防ぐためにも、上手に麦茶を飲みましょう!

子どもにおすすめの麦茶は水出し、それとも煮出し?

子どもと言っても、赤ちゃんから小学生まで幅が広いです。

そこでまず赤ちゃんと小学生とに分けて考えてみます。

赤ちゃんにおすすめなのは煮出し、それとも水出し?

生後6ヶ月くらいまでは母乳やミルクを飲んでいれば十分で、その他の水分は必要はないと言われています。生後6ヶ月を過ぎて離乳食を始めるようになったら、少しずつ麦茶の味に慣れさせるよう飲ませるのがいいようです。

赤ちゃんに水出し、煮出しのどちらがおすすめか、一概にいうのはむずかしいです。

ただ確実に言えることは、1才くらいまでは水出しではなく煮出し麦茶を飲ませるほうがいい、ということです。

1才未満の乳幼児は胃腸が未発達。水道水に含まれる塩素で赤ちゃんがお腹を壊してしまうことがあります。そのため6ヶ月から1才くらいまでの赤ちゃんに麦茶を飲ませるなら煮出しの方がいいでしょう。

生後1才を過ぎたら煮出し、水出しどちらでも構いません。ただし赤ちゃんのおなかの調子を見ながら、少しずつ与えるようにしてください。

また麦茶はそのままだと味が濃いので、3倍程度に薄めて飲ませてあげましょう。赤ちゃんに飲ませる麦茶は、作った翌日までには飲みきるようにしたいですね。

小学生におすすめなのは煮出し、それとも水出し?

水筒持参で小学校に行くのが一般的になりました。麦茶を入れていくことも多いでしょうし、夏は家でも麦茶を飲む小学生も多いでしょう。

結論を書くと小学生になったら水出し、煮出しどちらでもいいでしょう。お子さんがおいしい、という方を用意してあげてください。胃腸に異常がなければ、どちらを飲んでも健康に差し支えることはないでしょう。

水筒で麦茶を学校に持っていく場合、その麦茶はその日のうちに飲みきるものです。水出し、煮出しどちらでも、安全性に大きな違いが出ることはありません。

ただ煮出した麦茶の方が安心、と感じるなら煮出し麦茶をおすすめします。

あとは作る手間、時間、飲む人の好みに合わせてどちらかを選べば問題ないでしょう。

まとめ

水出し麦茶と煮出し麦茶をくらべてみました。

どちらにもメリット、デメリットがあります。手間をかけたくない、手間をかけてもおいしいものを飲みたい、安全性を重視したいなど、人それぞれに麦茶へのこだわりもあるでしょう。自分に合った方を選んで、おいしく麦茶を飲んで元気に夏を乗り越えていきたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました