ドラマ、映画、アニメ、読書、雑学など徒然なるままに綴っています。

ナイトミュージアムの猿はCGか本物か?ビンタ合戦やアラジンとの関係についても

2019/10/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ナイトミュージアムシリーズの完結編「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」を観ました!

最初の2作もおもしろかったですが、今回は石版に異変が起こるという設定がストーリーに緊迫感を与えていたため、より一層楽しい内容になっていました。

さてナイトミュージアムに欠かせないキャラに猿のデクスターがいます。

生意気でいたずらばかりしていますが、なんとも憎めない猿ですよね。

そんなデクスターは本物の猿なのでしょうか?それともCG?

また主人公ラリーとビンタ合戦をするシーンは本物なのでしょうか?

さらにディズニーの実写版映画「アラジン」のアブーと同じ猿と言われていることについても解説します。

 

ナイトミュージアムの猿・デクスターは本物それともCG?ビンタ合戦のシーンについても

デクスターの種類と本当の名前について

まずデクスターは何という種類の猿なのか、気になりますよね。

ノドジロオマキザルという種類の猿です。

ホンジュラスやニカラグア、コスタリカ、パナマやコロンビアやエクアドルなど中南米諸国に生息しています。

ノドジロオマキザルは好奇心旺盛で賢く、チンパンジーと同じくらいの知能があるとか。

ヘビを木の棒で叩いて追い払うことなどが観察されています。

寿命は野生では15~20年、飼育下では40~45年です。

また本当の名前を調べたところ、クリスタル・ザ・モンキーCrystal the Monkey)ということがわかりました!

1994年生まれののクリスタルは、2019年時点でクリスタルは25歳。

平均寿命を考えるとまだまだ長生きできそうですね。

クリスタルは「ナイトミュージアム3」(2014年アメリカ公開)までに20本以上の映画に出演しました。

例えばスピルバーグ監督の「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」やエディ・マーフィ主演の「ドクター・ドリトル」に出演しています。

ティーン・チョイス・アワード 映画部門 シーンやスティーラー女優賞など受賞歴もあります。

クリスタルはベテラン女優だったことがわかりました!

「ナイトミュージアム」のデクスターは本物それともCG?

ここまでの説明でわかるように「ナイトミュージアム」に出てくるデクスターは本物の猿です。

私は「ナイトミュージアム」を最初に見たとき、デクスターの動きがあまりにいいので、てっきりCGで合成しているのかなと思っていました。

でもそうではないようです。

クリスタルはアニマルアクターズショーというところで訓練されており、映画で本当に演技をしているのです。

ではデクスターと主人公のラリーがビンタの応酬をするシーンもCGなしの本物なのでしょうか?

デクスターとラリーのビンタ合戦は本物それともCG?

「ナイトミュージアム」での人気のシーンの一つに、主人公のラリーとデクスターのビンタ合戦があります。

デクスターの生意気だけどかわいい側面がよく現れており、気に入っている方も多いです。

ビンタ合戦が本物なのかCGなのか調べたところ意外なことがわかりました!

監督にインタビューを御覧ください。

監督の話を聞く限り、デクスターはほんとにビンタをしているようですね!

デクスターはやさしい性格のため、ラリーの頬を強く叩くことができず撮影には苦労したようです。

ではラリーがデクスターをビンタしているシーンも本物なのでしょうか?

推測するしかありませんが、CGで合成しているかもしれませんね。

人間が猿を叩いたら動物虐待で大変なことになってしまいますから。

いずれにしても私たちが楽しませてもらっているビンタ合戦は、スタッフとキャストの多大な苦労があってこそということがわかりましたね。

「ナイトミュージアム」のデクスターと「アラジン」のアブーは同じ猿?

「アラジン」のアブーとはどんな猿?

実写版「アラジン」のアブーをご存じない方のためにかんたんに説明します。

まずは上のYou Tubeの映像にアブーが少しだけ写っているので参考までにご覧ください。

アブーはアラジンの相棒で、盗みのスペシャリストです。

特に宝石には目がなく、劇中では洞窟で赤い宝石に手を出し洞窟を壊すきっかけを作ってしまい、自らを危機に追い込むことをしてしまいます。

猿なので話すことはできませんが、身振り手振りや鳴き声を使ってアラジンや回りの人たちと意思疎通を図ることができます。

「ナイトミュージアム」のデクスターと「アラジン」のアブーは同じ猿?

デクスターとアブーは似ているので、同じ猿ではないかという声があります。

でもデクスターとアブーは違うんです。

というのもデクスターは本物の猿、アブーはCGで合成されているからです。

それぞれ違う映画なので比較することはできませんが、「アラジン」実写版でアブーに期待される演技を本物の猿が演じるのはむずかしかったようで、そのためにアブーはCGで合成された映像のようです。

CGとはいえアブーはまるで生きているようで、毛並みや動きは本物の猿のように見えました。

だから両方の映画を見た方は同じ猿かと思ってしまうようです。

ちなみに「アラジン」のアブーはシロガオオマキザルをモデルにしています。

デクスターと近い種類の猿なので、見た目が似ているということでした。

まとめ

  • 「ナイトミュージアム」のデクスターはCGではなく本物の猿
  • デクスターはノドジロオマキザルという種類の猿
  • デクスターの名前はクリスタル・ザ・モンキー
  • ビンタのシーンは本物
  • デクスターと「アラジン」実写版のアブーは同じではない

デクスターについて調べたところ以上のことがわかりました。

日本にも猿回しという芸がありますが、海外の猿も見事ですね!

次に「ナイトミュージアム」を見るときは、これまで以上にデクスターの動きに注意してご覧になってみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 情報チャンネル , 2019 All Rights Reserved.