ドラマ、映画、読書、雑学、養蜂、日本文化など徒然なるままに綴っています。

日光そばまつり2019駐車場や混雑状況を地元民が解説!無料シャトルバスについても

2019/11/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -

日光市では2019年11月15日(金)~17日(日)に毎年恒例の「日光そばまつり」が開催されます。

「日光そばまつり」には栃木県内からはもちろん、県外からもそば店が出店し、各店自慢のもりそばを1人前500円で提供してくれます。

またそば道具や地元の物産展も出店するので、おみやげを買う楽しみもあります。

私は日光市の出身で、以前3回ほど「日光そばまつり」に出店したことがあります。

そばではなく飲食物を販売したのですが、よく売れてなかなか楽しいイベントでした(笑。

そこでここでは地元民の私が「日光そばまつり2019」の駐車場、混雑状況、そして無料シャトルバスについてご紹介します。

 

日光そばまつり2019の開催概要

引用元:栃木フィルムコミッション

  • 開催日:11月15日(金)16日(土)17日(日)
  • 開催時間:10:00~15:00
  • 雨天の場合:雨天決行・荒天中止
  • 開催場所:日光だいや川公園オートキャンプ場
  • お問合せ先:日光そばまつり実行委員会(日光市観光課内)0288-21-5170
  • 公式サイト:日光そばまつり実行委員会

日光そばまつり2019駐車場について

日光そばまつりには会場周辺に無料駐車場が用意されています。

ただし台数に限りがあるので、早い時間帯に満車になることが予想されます。

日光だいや川公園駐車場

  • 台数:約1,000台
  • 会場まで:1~3分
  • 料金:無料

この駐車場は関係者、店舗の出店者が優先的に停めるようになっているため、一般の方の駐車はかなり制限されます。

このあとで紹介する駐車場に停めることをおすすめします。

大谷川河川敷の臨時駐車場

  • 台数:約200台
  • 会場まで:無料シャトルバスあり
  • 料金:無料

下の地図中央付近、大谷川河川敷に臨時駐車場が用意されています。

ここから随時シャトルバスが発着します。

大谷橋上流付近の駐車場

  • 台数:約100台
  • 会場まで:無料シャトルバスあり
  • 料金:無料

下の地図中央付近、大谷橋の上流すぐそばに無料駐車場が用意されています。

ここから随時無料シャトルバスが発着します。

注意
日光そばまつりの会場である日光だいや川公園付近には、ご紹介したように無料駐車場が用意されています。

ただ台数が限られているので、駐車するのが大変です。そのためできるだけ公共交通機関を利用しましょう。

付近の駅からは会場までのシャトルバスが運行するので安心して来場することができます。

 

日光そばまつり2019会場付近の道路の混雑状況

日光そばまつりが開催される11月15日(金)16日(土)17日(日)は週末です。

しかも日光方面、鬼怒川温泉方面への紅葉狩りに行く車も多いため、道路はある程度の混雑が予想されます。

とはいっても私の経験上、渋滞して車が動かないというほど混雑することはありません。

会場に来る多くの方は日光宇都宮道路今市ICからのルートを利用することが予想されます。

当日の15時~17時ころ、特に16日、17日はこのルートはある程度の混雑が予想されますが、車がまったく動かないということはありません。

無理に裏道を使うことなく、上の地図の検索ルートで行けばそれほど時間がかかることなく今市ICまでいくことができます。

日光そばまつり2019無料シャトルバスの運行状況

日光そばまつりでは東武日光駅、JR日光駅、東武下今市駅、JR今市駅より無料シャトルバスが運行します。

東武日光駅およびJR日光駅からのシャトルバスについて

  • 午前9時より運行
  • 15~20分おきに随時発車
  • 会場最終発は16:00

東武日光駅とJR日光駅はすぐ近くにあります。

当日はシャトルバスの案内が出ますし、大きな駅ではないので乗り場を迷うことはないでしょう。

東武下今市駅からのシャトルバスについて

  • 午前8時40分より運行
  • 15~20分おきに随時発車
  • 会場最終発は16:00

東武日光駅およびJR日光駅からのシャトルバスについて

  • 午前8時40分より運行
  • 15~20分おきに随時発車
  • 会場最終発は16:00

日光そばまつり会場の混雑具合と混雑が緩やかになる時間帯について

会場の混雑具合について

日光そばまつりには、例年1日に35,000人以上の方が来場します。

しかも午前10時から午後3時までのたった5時間に人が集中します。

そのため会場内はかなり混雑します。

また人気のそば処には行列ができることもあり、かなりの待ち時間が予想されます。

混雑して当たり前、という覚悟で来場するのがいいでしょう。

ただ会場内で身動きが取れないほどの混雑はありません。

人の流れは常にある程度の混雑と思っていただければ間違いありません。

会場の混雑が緩和する時間帯について

私は日光そばまつりに3度出店したことがあります。

その経験から言うと午後2時を過ぎると会場内の混雑は緩和します。

2時30分を過ぎるとほぼすべてのお店で待ち時間なくそばを食べることができます。

ただしその時間帯には店じまいするお店もあるので、希望のお店で食べられないことがあるかもしれません。

少しでも混雑を避けたい方は遅い時間帯に来場することをおすすめします。

まとめ

  • 日光そばまつりには会場付近に無料駐車場が用意されている
  • 無料駐車場の台数は限られているので、公共交通機関での来場が便利
  • 東武日光駅、JR日光駅、東武下今市駅、JR今市駅より随時シャトルバスが運行
  • 会場は午後2時過ぎになると混雑が緩和される

日光そばまつりはそば処だけではなく、そば道具店や地元の物産店などが出店します。

日光や鬼怒川温泉あたりではまだ紅葉も見頃です。

紅葉とそば祭りを合わせて、秋の1日を日光で過ごしてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 情報チャンネル , 2019 All Rights Reserved.