大神神社初詣2020年の混雑状況や駐車場は?参拝時間やアクセス・ご利益についても

イベント

この記事では奈良県桜井市にある大神神社の初詣についてまとめています。

由緒ある神社仏閣がいくつもある奈良県の中でも、大神神社は初詣スポットとして特に人気があります。

例年初詣期間中には500,000人もの参拝客が訪れるといいますからすごいですね!

私も大神神社が好きで、元旦に初詣に行ったこともあります!

でも人気の神社だけに、初詣期間中の境内や駐車場の混雑具合が気になりますよね。

そこでここでは2020年に大輪神社に初詣に行く方のために、初詣期間中の混雑状況や駐車場、参拝時間やアクセス、ご利益についてまとめました。

私が元旦に初詣に行った時の写真もあわせてご紹介します。

 

大神神社初詣2020年の参拝時間

大神神社は参拝時間に決まりはありません。

いつでも好きな時間にお参りをすることができます。

初詣期間中も同様で、いつでも参拝することができます。

ただしご祈祷は9時~17時と時間が決まっています。

初詣期間中のご祈祷は混雑が予想されるため、受付時間は変動することがあるようです。

ご祈祷については大神神社に直接お問い合わせください。

公式サイト:三輪明神 大神神社

いつでもお参りができる大神神社ですが、時間帯によっては境内は混雑します。

次に初詣期間中の混雑状況について解説します。

大神神社初詣2020年の混雑状況を写真付きで解説

大神神社初詣期間中の混雑する時間帯

大神神社が初詣期間中の混雑する時間帯は

  • 12月31日:23:30~1月1日1:00
  • 1月1~3日:10:00~15:00

です。

2020年は1月4日と5日が土日に当たるので、4日、5日も日中は混雑が予想されます。

ただしまったく身動きがとれないほど混んでいるとか、お賽銭箱にたどり着くまで1時間も待たされるといった混雑はありません。

次に私が大神神社に初詣に行ったときの境内の様子をご紹介します。

大神神社元旦の混雑具合を写真付きで解説

下の写真は私が元旦の12時過ぎに大神神社に初詣に行った時の様子です。

JR三輪駅から5,6分。拝殿に向かって参道を行きます。

参道の両脇には屋台がたくさん並び人も多いですが、常に流れています。

鳥居をくぐりさらに進んだ時の様子が下の写真です。

人は流れているので、イライラすることなく拝殿近くまで進むことができます。

左手には手水舎がありますが、ここでもそれほど待つことはありませんでした。

そして拝殿に到着しました。

拝殿の前はさすがに混んでいます。

ここでは賽銭箱にたどり着くまで多少待つことになります。

正確には覚えていませんが10分くらいは待ったでしょうか。

後ろの方からお賽銭を投げる方がいるので、ここでは注意が必要です。

下は別角度から撮影した拝殿前の様子です。

境内がとても広い大神神社の中で、待つ場所は唯一ここだけと言っていいかもしれません。

拝殿の隣にある祈祷殿はこんな様子です。

ここは人が少ないです。

さらに久すり道を狭井神社(さいじんじゃ)の方へ進みますが、もうそれほど混んではいません。

狭井神社の鳥居までたどり着きました。

先程の拝殿から7,8分歩いたでしょうか。

人は多いですが、それなりに流れています。

下の写真が狭井神社の境内の様子です。

混んではいますが、ここでもあまり待つことなくお参りをすることができました。

ここまで見てわかるように、大神神社は初詣期間中は参拝客はとても多いです。

でも待たされるのは拝殿前だけです(10分くらい?)

その他の場所では人の流れがあるので、ストレスなくお参りすることができます。

以上の理由から大神神社はかなりおすすめの初詣スポットと言えます。

大神神社初詣2020年の駐車場について

大神神社に一番近い駐車場は二の鳥居駐車場ですが、初詣期間中は閉鎖されています。

そのため初詣期間中は以下の3箇所の駐車場をつかうことになります。

  • 一の鳥居駐車場(150台)

  • 大鳥居北駐車場(100台)

  • 大鳥居南車場(50台)

ただ3箇所合わせても300台しか停めることができず、車で行ったら待つのは必至です。

待つ覚悟で車で行くか、早朝または夕方以降の空いている時間帯に行くようにしましょう。

大神神社初詣2020年のアクセス

車でのアクセス

  • 天理インタチェンジより所要時間約23分

公共交通機関でのアクセス

  • 三輪駅より徒歩約5分

私は三輪駅からこのルートで大神神社まで歩きました。

駅から近いのも大神神社の魅力です。

神社まで行く途中には三輪そうめんが食べられる飲食店やお土産も多く、初詣の雰囲気を演出してくれます。

駐車場が少ないことを考えると、公共交通機関を使ってお参りすることををおすすめします。

大神神社のご利益

本殿がなく、拝殿の奥にそびえる三輪山をご神体とする大神神社は、古い神道の形式の基づく由緒ある神社です。

歴史ある奈良県の中でも三輪山は特にパワースポットとして知られています。

そんな大神神社には金運アップ、健康運アップ、仕事運アップ、商売繁盛などさまざまなご利益があると言われています。

その中でも女性に人気なのが縁結び!

二の鳥居を抜けて祓戸神社(はらえどじんじゃ)の先まで進むと、参道の左手にあるのが「夫婦岩」があります。

二つの岩が夫婦のように寄り添う用に見えることから、ここをお参りすると縁結びや夫婦円満のご利益が期待できます。

夫婦岩の説明はこちらをご覧ください。

ちなみに大神神社には夫婦岩えんむすび守というお守りがあるそうなので、縁結びを期待する方は神社に問い合わせてみてください。

まとめ

  • 大神神社はいつでも(週日)参拝ができる
  • 混雑する時間帯は12月31日23:30~元旦1:00、1月1日~3日10:00~15:00
  • 駐車場は3ヶ所あるが台数は少ない
  • 公共交通機関によるお参りがおすすめ
  • さまざまなご利益があるが、特に縁結びが期待できる

毎年500,000人もの初詣客がある大神神社ですが、混雑具合を考えるとかなりおすすめの初詣スポットです。

近くには三輪そうめんが食べられるお店も多く、グルメも楽しむことができます。

2020年は大神神社に初詣をして、いい1年のスタートを切りましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました