ドラマ、映画、読書、雑学、養蜂、日本文化など徒然なるままに綴っています。

映画ボーダーは面白くないつまらない駄作?デニーロとアルパチーノの共演の価値についても

2019/09/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ロバート・デニーロとアル・パチーノ主演の「ボーダー」(2008年)を見ました。

2人の共演は1995年公開の「ヒート」以来なので話題になりました。

でもアメリカ国内でも日本でも、それほど高い評価はされませんでした。

ロバート・デニーロとアル・パチーノが共演しているだけ、と酷評する映画ファンもいるほどです。

「ボーダー」はそれほどつまらない映画なのか?面白くないのか?

デニーロとアル・パチーノの競演に価値はないのか?考えてみます。

 

映画「ボーダー」のあらすじ

ターク(ロバート・デニーロ)とルースター(アル・パチーノ)はニューヨーク市警の刑事で長年コンビを組んでおり、お互いのことをよく知り尽くしている。

ある日、ある男が恋人の娘を殺す時間が起きる。男は逮捕、起訴されるが陪審員裁判で無罪判決を受ける。

この判決に不満を持ったタークとルースターは、証拠を偽造して男をはめてしまう。

これをきっかけに正義を失ったルースターは、タガが外れたように自らの手で凶悪犯を処分するようになる。

同僚刑事たちは、凶悪犯を殺したのは警察官だと気づきはじめ、タークを疑うようになる。

しかしロシア人の殺し屋・マグロットをルースターが拳銃で撃った際、マグロットが死ななかったことで真相が明らかになっていく・・・

映画ボーダーは面白くないつまらい駄作か?

さっそくこの疑問に対する私の答えです。

駄作とまでは言いませんが平凡な作品で終わったな、という印象です。

2時間の映画で見るのではなく、2時間ドラマだったら及第点といったところでしょうか。

ストーリーはそれほど悪くありません。

映画の最初にターク(ロバート・デニーロ)が供述するような場面が流れ、その後もタークの行いが悪いことから、凶悪犯を陰で殺っていたのはタークではないか、と錯覚します。

でも本当はやっていたのはタークではなくルースターというオチなので、どんでん返しは一応ある脚本なわけです。

ストーリー自体は特に目新しさがあるわけではありませんが、それほど悪くなない。

半分くらいのところで真犯人がわかってしまい、面白くないという目の肥えた映画ファンもいるでしょう。

それでも多くの人はラストまでそれなりに楽しめる内容にはなっていました。

でもなぜデニーロとアル・パチーノを使っているのでつまらない、とか平凡とか言われるのか?

私なりに考えてみます。

映画「ボーダー」でのロバート・デニーロとアル・パチーノの共演の価値について

ロバート・デニーロとアル・パチーノの競演ってめちゃくちゃ豪華です。

2人のファンにはたまらない映画のはずです。2人の競演だけでこの映画の価値があるという人もいるでしょう。

ただ個人的にはデニーロとアル・パチーノが映画の中で十分生かされていたとは感じません。

その原因は設定にムリがあったことだと感じます。

捜査の最前線にいる現役バリバリの刑事を演じるには、2人とも年齢を重ねすぎています。

撮影当時すでに60代半ばを過ぎていて、本当だったら隠居して年金をもらっている立場ですから。

同僚刑事とくらべてもずっと年齢が上で、浮いているように感じました。

せめてあと10歳、できれば20歳若かったらムリのない設定で2人の魅力が十分に出たのではと思ってしまいます。

むしろこの設定の映画なら、もっと若い2人を刑事役に起用したほうがよかったです。

「ボーダー」にデニーロとアル・パチーノの競演の価値があるか?と言われればない、と言わざるを得ません。

ただし唯一の救いはラストシーン。

ルースター(ロバート・デニーロ)が撃たれたターク(アル・パチーノ)を見つめる表情は印象的。

設定さえよければ2大俳優が生きたのに!と思うだけに残念な作品でした。

まとめ

  • 「ボーダー」は酷評されているほどではないが、平凡な作品
  • 脚本はよかったが、途中で犯人がわかる点がマイナスに感じる人も
  • ロバート・デニーロとアル・パチーノのよさが生かされていない

映画「ボーダー」についての考察でした。

「ヒート」の影を追ってしまうと裏切られるかもしれません。

でもデニーロとアル・パチーノのファンなら満足できるかも?

最後まで読んでいただきありがとうございました!

>>>関連記事:映画フェイクシティの感想と批評!キアヌ・リーブスの演技力や評価レビューについても

>>>関連記事:ハードソルジャー炎の奪還の感想とネタバレ!ベッキーの小指や結末・ラストがどうなったか

>>>関連記事:ローグアサシンでトム(ローグ)の目的は何?映画の感想も合わせて

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 情報チャンネル , 2019 All Rights Reserved.