ドラマ、映画、読書、雑学、養蜂、日本文化など徒然なるままに綴っています。

佐野厄除け大師初詣2020の駐車場は?混雑緩和の参拝時間とアクセスについても

2019/11/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -

佐野厄除け大師初詣2020年の情報についてお伝えします。

私は栃木県在住で、佐野厄除け大師には何度も初詣に行ったことがあります。

正式には惣宗寺(そうしゅうじ)という名称のこのお寺は関東の三大師と呼ばれ、毎年正月には多くの参拝客が訪れます。

例年の参拝者人数は正月三が日で約55万人、全国でも20位以内に入る参拝者数を誇ります。

そのため参拝の時間帯を間違うと、車が停められなかったり混雑に巻き込まれたりすることになります。

そこでここでは佐野厄除け大師初詣2020の駐車場や混雑状況、混雑を避ける参拝時間についてご紹介します。

参拝時間や参拝料金についてもご紹介します。

 

佐野厄除け大師初詣2020の参拝時間

佐野厄除け大師の初詣の参拝時間は以下のとおりです。

  • 12月31日(火)~1月1日(水):8時30分~19時
  • 1月2日(木)3日(金):6時~18時
  • 1月4日(土)以降:8時~17時

大晦日の夜から元旦19時までは、いつでも参拝することができます。

佐野厄除け大師初詣2020の参拝料金

佐野厄除け大師は参拝するだけなら料金は必要ありません。

初詣期間中も同様で、参拝料は必要ありません。

ただし厄除祈願や方位除け祈願は料金が必要です。

ご祈祷料については佐野厄除け大師に直接お問い合わせください。

>>>佐野厄除け大師公式サイト

佐野厄除け大師初詣2020の駐車場

佐野厄除け大師周辺には無料、有料合わせて約1,000台の駐車場があります。

map2019

さらに大きい地図を見たい方はこちらをクリックしてください。

多くは無料駐車場ですが、有料駐車場も一部あります。

一般的に無料駐車場から一杯になっていき、次に有料駐車場が埋まっていきます。

私は以前初詣に行った際に有料駐車場を利用しましたが、600円程度で利用することができました。

初詣をしてそのあと近所で食事や買い物をするなら、600円程度で停められると考えれば間違いありません。

 

初詣期間中は駐車場はかなり混雑します。

渋滞や混雑を避けるために、あえて佐野厄除け大師から遠い駐車場に停めるという方法もあります。

地図にある26、27の無料駐車場は遠くにあるため、近くの駐車場にくらべると混雑が緩かなので、そこを狙うのもいいでしょう。

また有料ですが、駅に近い市営駐車場に停めるのも狙い目です。

佐野厄除け大師初詣2020の混雑状況と混雑緩和の参拝時間

佐野厄除け大師が混雑する時間帯

佐野厄除け大師は正月三が日だけで500,000人以上が訪れる栃木県内1位の初詣スポット。

混雑は覚悟して参拝しましょう。

そのうち特に混雑する時間帯は

  • 除夜の鐘間近の大晦日の23時30分ごろから元旦の1時過ぎまで
  • 1月1日~3日の10時~15時

また2020年は1月4日と5日が土日に当たります。

4、5日の10時~15時も混雑すると予想されます。

 

参考までに前回私がお参りしたのは1月2日の13時頃でした。

車はそれほど苦労することなく駐車することができましたが、境内はかなり混んでいました。

境内に入り、賽銭箱に向かうまで少しずつしか進まずかなり時間がかかった記憶があります。

破魔矢やお守りを買うところも混んできた記憶があります。

佐野厄除け大師は関東の三大師と言われ、CMを流すなどそれなりの知名度があります。

ただ境内はこじんまりしており、そこに多くの人が参拝に来るので混雑して当たり前なのです。

混雑は覚悟の上で参拝しましょう。

佐野厄除け大師初詣の混雑回避の時間帯

  • 元旦は早朝3時~8時と15時以降
  • 2日3日は早朝6時~8時と15時以降
  • 4日5日は早朝8時~9時と15時以降

 

この時間帯に参拝すれば、近隣の駐車場も境内もかなり混雑を避けることができます。

佐野厄除け大師へのアクセス

公共交通機関でのアクセス

JR佐野駅より徒歩14分

東武鉄道佐野線佐野市駅より徒歩11分

佐野厄除け大師に初詣する際は、できるだけ公共交通機関を使うことをおすすめします。

車でのアクセス

佐野藤岡インターチェンジより約12分

佐野スマートインターチェンジより14分

まとめ

栃木県のNo.1初詣スポット・佐野厄除け大師の初詣2019についてご紹介しました。

あなたも佐野厄除け大師をお参りして、新年のいいスタートを切ってみませんか?

きっといい年になるはずですよ?

最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 情報チャンネル , 2019 All Rights Reserved.