「ソマリと森の神様」 ハイトラがウゾイと旅する理由 ?正体や過去についても

アニメ・マンガ

ソマリと森の神様」は読んでいると自然と心があたたまる、とても不思議なファンタジーです。

とってもかわいい人間の少女ソマリと心を持たないゴーレムが人間を探して旅をします。

旅の途中で出会う異形や人間たちとのふれあいも見どころの一つです。

さてサカヅキ村という宿場町についたソマリとゴーレムが食堂で夕食をとっているとウゾイとハイトラに出会います。

ここではハイトラがウゾイと旅をする理由、またその正体や過去についてまとめました。

なおこの記事にはネタバレが含まれます。

マンガを読まずにアニメを見始めた方はご注意ください。

 

「ソマリと森の神様」ハイトラとは?

ハイトラの正体

ハイトラはウゾイとともに旅をするファルコホル族の男(オス)です。

顔は完全に鳥の形をしています。

親子ではありませんが、ウゾイの保護者でもあります。

しかし実はハイトラはファルコホル族ではありません。

ハイトラは人間です。

最初にソマリたちに会ったときにファルコホルだと嘘をついたのです。

「ソマリと森の神様」ウゾイとは?

ソマリたちが食堂であったウゾイはハラピュイア族という種族の女の子(メス)です。

顔や体の所々に羽毛があり、肌は褐色、やや青みがかった髪の毛。

手や顔は人間に近いですが、背中には羽根があります。

普段は目立ちませんが広げると羽根はかなり大きく、片方の羽の大きさは自分の背丈を優に超えます。

マンガでは飛ぶシーンは見られませんでしたが、飛べるのではないでしょうか。

食堂では残り1つになったトウキビアイスをめぐり、どちらが食べるかでソマリと争います。

甘いものが大好きなことがわかります。

ウゾイは鳥と人間の特徴を合わせ持った種族のようですね。

ウゾイとハイトラが旅をする理由

ウゾイとハイトラが旅をする理由、それはハイトラの病気を治すためです。

鳥の仮面(マスク)を取り素顔になると、ハイトラの顔右半分は鳥の毛におおわれた状態になっています。

右目はつぶれ、内臓は少しずつ侵されています。

ときどき吐血もしており、体調はかなり悪いことがわかります。

ウゾイとハイトラは謎の病気の治療法を求めて山や森、渓谷や砂漠などさまざまな場所を旅してきました。

しかし有効な情報を得ることができませんでした。

そんなとき、とある辺境の地に住む占い師に出会います。

その占い師はハイトラに「血が穢れている。その血の穢れを清めぬ限り、安寧の地は訪れない」と言います。

ハイトラは占い師に自分の症状や状況を話したわけではありませんでしたが、その占い師はそのように占ったのです。

ウゾイはソマリを誘拐する?

占い師の言葉をウゾイは覚えていました。

ウゾイは食堂でソマリに会ったとき、すぐにニオイからソマリが人間であることに気が付きます。

ウゾイは人間であるソマリをさらい、その血をハイトラに与えることで血の穢れをキレイにすることができると考えます。

そこでソマリとゴーレムにいっしょに砂漠を越えないかと提案します。

ソマリたちといっしょに行動することになったウゾイは、ソマリをさらうタイミングを探っていました。

そして水を汲みに行く時を狙ってウゾイはソマリを襲います。

しかし自らの良心に負けたウゾイはソマリを襲うことをやめます。

これによりソマリは事なきを得て、2人は和解したのでした。

ハイトラの過去にあった出来事

ハイトラの病気には彼の過去にあった出来事が深く関係しています。

以前ハイトラは畑を耕し家畜を育て、妻と娘と平和に暮らしていました。

しかし世界は異形が支配し、人間が絶滅の危機にある状態です。

彼の村は異形に襲われ、人間は奴隷として取引されることになります。

何とか脱走したハイトラとその家族ですが、食べ物がありません。

間もなく限界が来るという時にハイトラはハラピュイア族を見つけ殺します。

自分たちが生きていくためには自分たちが異形になる必要があると考えたからです。

ところがハラピュイアの肉を食べたハイトラの妻と娘は苦しみながら死んでしまいます。

ハイトラの命だけは助かりますが、病気になってしまいます。

そんなハイトラのもとに死んだハラピュイアの娘ウゾイがやってきます。

ハイトラはウゾイの母を殺してしまったのです。

それを知ったハイトラは一生をかけてウゾイに償うことを誓います。

ウゾイはハイトラが自分の母親を殺したことをこの旅の途中で知りショックを受けますが、ハイトラに自分と生きることが罰だと言い、その後もハイトラと旅を続ける決心をします。

まとめ

  • ウゾイはハラピュイア族という種族の女の子(メス)
  • ファルコホル族と名乗ったハイトラの正体は人間
  • ウゾイの母親を食べて血が穢れたハイトラのために、ウゾイはソマリをさらおうとする
  • ウゾイは良心に負けてソマリをさらうことを断念する
  • 事実を知ったウゾイだが、今後もハイトラといっしょにいることを決める

「ソマリと森の神様」はソマリとゴーレムがいろいろな出会いと別れを重ねていくところも大きな見どころです。

人と異形が仲よくやれない殺伐とした世界の話ですが、その中で心温まる話が展開します。

2020年1月からのアニメ放送も楽しみです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事
タイトルとURLをコピーしました