青のオーケストラ秋音律子がかわいい!青野にキスするのはいつかについても

青のオーケストラ

「青のオーケストラ(青オケ)」に登場する秋音律子(あきねりつこ)。

本作品のヒロインです。

主人公青野一(あおいはじめ)がヴァイオリンを再開するきっかけを作ったのが秋音ですね。

秋音と青野の恋愛の行方も作品のみどころです。

今回は秋音律子のかわいい魅力をまとめました。

青野にキスするのはいつかについても紹介します。

 

「青のオーケストラ」秋音律子のプロフィール

秋音律子のプロフィール

  • 名前:秋音律子(あきねりつこ)
  • 所属:松戸市立山乃中3年→千葉県立海幕高校1年
  • 部活動:オーケストラ部
  • ポジション:2ndヴァイオリン
  • 家族:父(海外に単身赴任中)、義母(新聞社勤務)

主人公・青野一と同じ中学に通っている秋音律子。

体育の授業でケガをした青野が保健室のベッドで休んでいると、何者かがヴァイオリンを演奏しています。

誰が演奏しているだ?と気になり、起き上がった青野の目の前にいたのが秋音でした。

秋音律子が保健室登校をしている理由

秋音律子は自分が所属するクラスの教室には行かずに、保健室登校をしていました。

理由はクラスの女子生徒に手をあげて、ケガをさせてしまったことで、関係が悪くなったため。

秋音には小桜ハルという親友がいましたが、小桜は気が弱く、大人しいタイプであるため、クラスの一部の女子にいじめを受けていました。

いじめを苦にした小桜は転校しますが、これにガマンができなかった秋音は、小桜をいじめていた女子に手を上げてしまったのです。

その後、クラスにいることが苦痛になった秋音は保健室登校をするように。

明るい秋音ですが、実はこんな暗い過去を持っていたのです。

秋音のことが嫌いな人とは?

Googleで検索すると「青のオーケストラ 秋音 嫌い」というキーワードが見つかります。

明るく前向きで、女性としてもかわいい秋音のことが嫌いとはどういうことでしょう?

実は秋音のことが嫌いなのは、前で説明したハルをいじめていたクラスの女子。

いじめられていたハルが転校してしまったことに腹を立てた秋音は、中心になっていじめていた女子に暴力をふるい、ケガをさせます。

 

この事件以降、靴や体操服を隠されたりなど、秋音は女子たちからいじめを受けるようになり、やがて保健室登校をするように。

保健室登校は中学卒業まで続きますが、秋音は自分の目標に向けて努力を続け、念願の海幕高校に入学し、オーケストラ部に入部。

いじめに屈せず、目標をかなえた秋音はむしろ勝ち組と言えるでしょうね!

 

「青オケ」秋音律子がかわいい!魅力まとめ

見た目がかわいい

秋音律子は外見がかわいいですよね。

漫画のヒロインとしては完璧な容姿です。

個人的にはツインテールが似合っていると感じています。

初登場時では中3でしたが、高校生になり学年が上がっていくにつれて、ますますきれいにかわいくなっていくのではないでしょうか。

明るい性格も秋音の持ち味

明るくて性格も秋音の持ち味。

中学時代の青野は陰キャでしたが、秋音と接するようになってから、ずいぶん印象が変わっていきます。

青野が陰キャではなくなったのは、秋音の明るい性格に引っ張られたからだと考えられます。

 

ヴァイオリンがうまく弾けずに落ち込んだり、同じオーケストラ部の立石真理との関係に悩むこともありますが、明るい性格で問題を乗り越えていきます。

明るくて前向きの性格の秋音はかわいいです!

ヴァイオリンへの思いが強い秋音は尊い

青野と出会ったばかりの秋音はヴァイオリン初心者で、演奏は下手でした。

しかし秋音のヴァイオリンへの想いは強いものがありました。

武田先生から勧められたことで始めたヴァイオリンでしたが、秋音は次第にヴァイオリンの魅力に取りつかれていったようです。

 

そんな秋音のヴァイオリンの先生が青野。

青野の指導もあり、秋音はめきめきとヴァイオリンの腕を上げていきます。

高校入学後は、青野も驚くほど秋音のヴァイオリンは上達。

これも秋音のヴァイオリンへの情熱があったからと考えられます。

ヴァイオリンへの思いが強い秋音は尊いと言えるでしょう!

ご飯をおいしそうに食べる秋音がかわいい

単行本1巻4話、秋音は青野の家に行きヴァイオリンの練習。

練習後、秋音は青野の母が作ったご飯(ハンバーグ?)を食べます。

青野ママのごはん、いつもおいしくて大好き!」と言っていることから、秋音は何度も青野の母のご飯を食べている様子。

おいしそうにご飯を食べる秋音がかわいい!

そんな秋音を見て、青野の母もうれしそうでした(笑。

秋音律子が青野一にキスするのはいつ?

作中で秋音は青野にキスします。

キスするまでの経緯と、キスは何巻何話かについて解説します。

秋音は次第に青野に惹かれていく

青野からヴァイオリンを教わったり、反対に青野に勉強を教えているうちに、秋音律子は青野に好印象を持つようになります。

ただ中学校を卒業するまでは、秋音は青野のことを異性としては見ていなかったはず。

高校に入学し、オーケストラ部に入ったてから、秋音は青野を意識するようになったと考えられます。

青野もヴァイオリンをがんばっている秋音を見てほめることもありましたが、秋音にとって青野が自分のことを見てくれることはうれしかったはず。

 

そんな中で迎えた高1の体育祭(8巻49話)、友達から「青野くんのこと気になってるんだ!?」と言われた秋音は少し動揺(笑。

自分では自覚はなかったようですが、秋音は青野のことがかなり好きになっていたようです。

秋音が青野にキスするのは10巻60話

秋音が青野にキスするのは10巻60話。

秋音の母の誕生日、青野は秋音の家を訪問し、ヴァイオリンを披露します。

青野のことが気に入った秋音の母は、「こんな良い子が律子の彼氏なら大歓迎よ!」と、すっかり青野のことを気に入った様子。

その後、赤音と青野がヴァイオリンの演奏を披露すると、赤音の母は感動の涙を流します。

 

帰り際、赤音の義母は「青野君が律子の彼氏なら大歓迎だよ?」と同じことを青野に言います。

秋音は聞こえなかったフリをしていましたが、しっかりと聞こえていました。

このとき、秋音は青野への気持ちをはっきりと自覚したのだと思われます。

「じゃあ、また明日」という青野の頬にそっとキスするのでした。

 

まとめ

秋音律子のかわいい魅力は

  • 見た目がかわいい
  • 明るい性格も秋音の持ち味
  • ヴァイオリンへの思いが強い秋音は尊い
  • ご飯をおいしそうに食べる秋音がかわいい

秋音が青野にキスするのは

  • 10巻60話
  • 青野が好きなことを自覚した秋音は、母親の誕生日の演奏会の後、青野の頬にキスする

最後までご覧いただきありがとうございました!

 
タイトルとURLをコピーしました