「裏世界ピクニック」小桜の正体・職業を解説!さつきとの関係や買い取る理由についても

裏世界ピクニック

「裏世界ピクニック」で、くねくねが落とした鏡石を買い取ってもらうために、鳥子が空魚を石神井公園近郊のある家に連れていきます。

その家にいたのは、かわいい子どものような姿をした小桜(こざくら)という女性でした。

年齢不詳、職業不詳の小桜ですが、裏世界に関する知識は豊富で、鳥子が持参した鏡石を100万円で買い取ります。

ところで小桜とは一体何者なのでしょう?

ここでは小桜の正体や職業、年齢などを解説します。

また小桜と「さつき」の関係や、小桜が裏世界の物品を買い取る理由もまとめました。

なおこの記事にはネタバレがあります。

 

「裏世界ピクニック」小桜の正体や職業・年齢を解説

鳥子や空魚より幼く、小さくてかわいい印象の小桜。

小桜の職業や年齢、身長などを説明します。

小桜の職業を解説

まず名前ですが、小桜(こざくら)ということしかわかっていません。

そして職業は認知科学者であることがわかっています。

ただし自称。

そのためどんな経歴を持っているのか、どんなことを研究しているのかなど、具体的なことはわかっていません。

難解な論文を一般の人にわかりやすく解説するための本の原稿を依頼されたりすることはあるようです。

また会話から頭の回転が速く、裏世界についての知識が豊富であることはわかります。

小桜の年齢や身長

小桜の年齢についてもはっきりしたことはわかっていません。

年齢に関する情報としてわかっていることは、小桜は仁科鳥子の家庭教師をしていた「さつき」と大学の同級生だったということ。

ですので小桜は少なくとも大学生以上。

大学院生か、または卒業して認知科学者として仕事をしていると考えられます。

となると年齢は23歳以上になるのではないでしょうか。

また身長についても正確なことはわかりません。

ただ下のTweetの絵を見ると、小桜の身長は鳥子の胸の高さほどしかありません。

日本人の平均身長は約158cm。

鳥子はカナダ人の母親を持っているので、平均的な日本人女子より背が高い可能性があるので、165cmと仮定してみましょう。

小桜の身長は135~140cmほどではないでしょうか。

まるで小学生ですね。

「裏世界ピクニック」小桜とさつきの関係を解説

閏間冴月(うるまさつき)とは?

閏間冴月とは、仁科鳥子が探している「さつき」という女性のこと。

海外生活が長かった鳥子は日本の高校にあまり通っておらず、高認を取り大学に進学します。

そのときに家庭教師として鳥子に勉強を教えていたのが閏間冴月でした。

冴月は鳥子に裏世界のことなど、勉強以外についても教え、やがて鳥子を裏世界につれて行くようになります。

しかし3ヶ月前、冴月は裏世界に行ったまま行方不明に。

そのため鳥子は敬愛する冴月を探すために裏世界へ一人で行くようになります。

冴月はDS研の客員研究員

引用元:「裏世界ピクニック」コミック版3巻

そんな閏間冴月は一般財団法人DS研究奨励協会、略してDS研の客員研究員でした。

1990年代前半に設立されたDS研は、科学における未知の分野を研究する組織で、裏世界の研究もしていました。

ただ裏世界由来の物品が人間の体に悪影響を及ぼすことがわかったため、現在では裏世界の探索を打ち切り、裏世界の怪異により異常をきたした犠牲者を保護して、治療方法を探ることを目的としています。

閏間冴月は数年前、自分は裏世界を安全に行き来できるとDS研に接触し、裏世界の物品を持ち込みます。

するとDS研は冴月に客員研究員の席を用意。

冴月は裏世界の研究結果を、自分だけが理解できる文字でノートに記録していました。

閏間冴月と小桜の関係を考察

冴月はその後、大学の同級生の小桜をDS研に勧誘。

小桜はDS研に席を置くようになります。

小桜は冴月とどのくらいの付き合いをしていたかはわかりません。

ただ小説版1巻ファイル4「時空 時間 おっさん」で、

あたしは、冴月は裏世界で死んだとずっと思っていたんだ

でもまだ生きているなら、逢いに行きたい

だから、一人で帰るわけにはいかないんだよ、空魚ちゃん

と言っていることから、小桜は冴月とそれなりに深い付き合いをしていたと考えられます。

小桜が鳥子から物品を買い取る理由

小桜が鳥子から裏世界の物品を買い取る理由

鳥子は鏡石など、裏世界から持って帰った物品を小桜のところを持っていき、お金をもらっています。

やがて鳥子は、一緒に裏世界に行くようになった空魚とお金を分けるようになります。

なぜ小桜は鳥子から物品を買い取るのか?

DS研の研究に役立てるためのようです。

もちろん、鳥子らに支払われるお金もDS研から出ています。

小桜は石神井公園近郊の一軒家に住んでいるので、お金持ちのように見えますが、鳥子たちのポンと100万円も出せるほどのお金はないはず。

ただ、小桜もDS研から何らかの謝礼をもらっている可能性はありますね。

裏世界由来の物品は、現実世界の科学では説明ができないものがあるなど、かなり貴重だということがわかっていますから。

まとめ

「裏世界ピクニック」の小桜についてまとめました。

  • 小桜の職業は認知科学者
  • 年齢は23歳以上で、身長は135~140cmと考えられる
  • 小桜は、鳥子の家庭教師をしていた閏間冴月とは大学の同級生
  • 冴月に誘われ、小桜もDS研に加入した
  • 小桜は行方不明になった冴月に逢いたいと言っているため、それなりに深い付き合いをしていたと考えられる
  • 小桜が裏世界由来の物品を買い取るのは、DS研の研究に役立てるため

原作小説の読者の中に小桜のファンは多いです。

アニメでも人気が出そうですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました