美女と野獣(アニメ)ガストンはクズ?嫌いと言われる性格や能力まとめ

アニメ・マンガ

この記事ではディズニーアニメ「美女と野獣」に登場するガストンに注目します。

ガストンは作品冒頭から登場すると、見事な銃の腕前で鴨を撃ち落としたり、村の三人娘からうっとりされたり、と人気がありそうなところをみせます。

でもすぐに中身がひどく、性格が悪いということがわかってしまいます。

そのため「嫌い」「ムカつく」「クズ」と感じる方が多くいます。

ここではガストンが「クズ」「嫌い」「ムカつく」と言われる性格や特徴についてまとめました。

またガストンの能力や強さについてもご紹介します。

「美女と野獣」ガストンがクズで嫌い言われる性格や特徴まとめ

自信過剰でうぬぼれ屋

ガストンは自信過剰でうぬぼれ屋の性格です。

自分がだれよりも優秀で、力があり、女性にもモテると信じ込んでいるところがあります。

自信があることは悪くはありませんが、それがあまりに過剰なので、見ている人を不快にさせてしまっているのです。

ガストンのうぬぼれぶりがよくわかるシーンが映画前半にあります。

ガストンはベルの家に行き、強引にプロポーズしようとしますが、ガストンが嫌いなベルにけんもほろろに断られます。

するとガストンは酒場で「あの子は男を見る目がない」「このオレを断って人前で恥をかかせた」と激怒します。

この発言からわかるように、自信過剰のガストンはベルが自分のプロポーズを断るはずがないと信じ込んでいるのです。

もともとうぬぼれが強い上に、ガストンの取り巻きがご機嫌をとっていたり、三人娘に人気があったりしていますから、こんなことになってしまったんでしょう。

これでは「嫌い」「クズ」と言われても仕方がありませんね。

人の気持ちを考えない(考えられない)

ガストンは人の気持を考えられない性格をしています。

だから人が嫌がることを平気でやります。

映画の冒頭、ガストンはベルが楽しみに読んでいる本を取り上げると「よく読めるな、挿絵もないのに」と言って、水たまりに投げてしまいます。

おかげで本はびしょびしょに。

ベルは控えめに「あなたってまるで原始人」と言っていまいたが、原始人以下ですよね。

またベルの家にプロポーズに行った時も、テーブルにある本の上に足を置いていました。

好きな女性の大切にしているものを足蹴にするなんでサイテーです。

これらのことからガストンは人の気持を考えない、もしくは考えられない性格であることがわかります。

短気ですぐに暴力をふるう

ガストンは自分の思い通りにならないことがあると、すぐにカッとなり暴力をふるいます。

映画の中では唯一の友達(取り巻き)であるル・フウ にしばしば暴力をふるう場面が見られますし、ベルにプロポーズを断られたあとは、酒場で村の人相手に好き放題に暴れていました。

それでもガストンのまわりにはいつも人がいるから不思議です。

恐怖で人を支配しているのでしょうか?

こんな男ならベルが結婚したくないのは当然ですよね。

ずる賢い

ガストンはずる賢いところがあります。

ベルと結婚するには父親のモーリスが邪魔だと判断したガストンは、医者のムッシュー・ダルクを味方につけ、モーリスを精神病患者として入院させようとします。

また映画の終盤では、「野獣は夜おそってくる。子どもたちがさらわれる」などと村の人たちを焚きつけ、ベルの心を奪った野獣を退治させようとします。

しかも言っていることはまるでウソですから、たちが悪いです。

暴力的なだけじゃなくて、ガストンは妙に悪知恵が働くんですよね。

これでは「嫌い」とか「クズ」と言われるのも当然と言えます。

ガストンの能力・強さまとめ

ここまでガストンの「クズ」「嫌い」「性格が嫌い」というところを書いてきましたが、ガストンには他のキャラクターにはない能力や強さを兼ね備えています。

ここからはちょっと視点を変えてガストンの能力や強さをご紹介します。

強い

ガストンは強いです。

上半身は筋肉隆々かつ逆三角形で、女性3人を軽々と持ち上げてしまうほとです。

子分のル・フウなどはその力でいつでも投げ飛ばされてしまいます。

子どもの頃は1日4ダース(48個)、大人になったら1日5ダース(60個)の卵を食べているのは伊達ではありません(笑。

使い方さえ間違わなければ、その強さは大きな武器になります。

狩りが上手

ガストンは狩りを趣味としていますが、その腕前は確かなもの。

映画序盤では空を群れなして飛んでいた鴨(?)を一発で仕留めてしまいました。

狩猟には銃を操る技術だけでなく、体力や集中力、動体視力など総合的な技術が必要です。

取り巻きのル・フウが「世界一のハンターだよ」とおだてていたのもまったく嘘ではないようです。

行動力がある

強引で人の気持ちを考えない面があるガストンですが、行動力だけは人並み外れたものがあります。

特にベルに対する姿勢や態度はだれも真似できないほど積極的で意欲的。

本人が空気を読めない(読まない?)こともありますが、ベルからあからさまに嫌われているのに、何度もアタックするなんて他の人にはできません。

自分が望むものを手に入れるためなら何でもやってしまうガストンは、行動力の塊の人間と言えそうです。

そんなガストンが憎めない

ディズニーアニメ史上まれに見るクズキャラのガストン。

嫌う人も多いですが、「憎めない」という声があるのも事実です。

これらは実写版ではなくアニメ版のガストンに対するツイートです。

こんなに「憎めない」という声があるのは意外でした。

クズすぎるのでかえって憎めない?という意味なのでしょうか(笑。

そう考えると制作陣のキャラ設定はうまくいったということかもしれませんね。

まとめ

この記事では「美女と野獣」のガストンの「クズ」「嫌い」と言われる理由についてまとめました。

ガストンが「クズ」「嫌い」と言われるのは以下の理由から。

  • 自信過剰でうぬぼれ屋だから
  • 人の気持ちを考えない(考えられない)から
  • 短気ですぐに暴力をふるうから
  • ずる賢いから
  • ただし「強い」「狩りが上手い」「行動力がある」など能力もある
  • ガストンは嫌なやつだけど、憎めないと感じる人もいる

最後までご覧いただきありがとうございました!

関連記事
タイトルとURLをコピーしました