「ブルーピリオド」アニメ1期は原作マンガの何巻まで(どこまで)?続きについても

ブルーピリオド

「月刊アフタヌーン」にて連載中のマンガ「ブルーピリオド」。

2021年秋アニメとして放送され、12月18日に最終回を迎えました。

人気マンガのアニメ化だけあり、見ごたえがありましたね!

さて、ここで気になるのは「ブルーピリオド」アニメ1期は原作マンガの何巻まで描かれたかです。

続きをマンガで読みたいですからね。

そこでこの記事では、「ブルーピリオド」アニメ1期が原作マンガのどこまで放送されたか、解説します。

最後に「ブルーピリオド」の原作マンガを50%OFFで読めるサービスもご紹介します。

 

「ブルーピリオド」アニメ1期は原作マンガの何巻まで(どこまで)?

結論を書くと、「ブルーピリオド」アニメ1期は原作マンガ6巻25話(25筆)までが放送されました!

主人公の矢口八虎が東京藝大に合格するまでですね。

 

作品序盤では主人公・矢口八虎(やぐちやとら)が高校2年の時に芸術に目覚め、東京芸術大受験を決意。

美術部の先生の指導を受けたり、予備校に通うなどして美術を学び、受験を迎えます。

そしてセンター試験、一次試験、二次試験を経て、八虎は現役で東京藝大に合格。

最後は1年先輩の森さんが美術室にやって来て、八虎の絵を見て「素敵ですね、この絵」と感想を漏らし、エンディングを迎えました。

このシーンは25話の最後に相当します。

「ブルーピリオド」アニメ1期の続きは原作マンガ7巻26話から

アニメ1期が6巻25話までの内容が放送されたので、アニメの続きは7巻26話から読めばいいことになります。

26話からはいよいよ大学生活。

作品を酷評されるなど、矢口八虎は大学で苦しむことになります。

それでもさらなる高みを目指す八虎は、芸術と向き合っていきます。

アニメ1期以降も「ブルーピリオド」は読み応えがあります。

ぜひ原作マンガで芸術の世界を楽しんでみてくださいね!

ebookjapanなら「ブルーピリオド」を50%OFFで読める

「ブルーピリオド」は以下の電子書籍を配信しているサービスを使うことで、通常より安く読むことができます。

  オススメ度 特徴 1巻の価格
ebookjapan 6回の買い物に使える50%OFFクーポンがもらえる。ライトノベルも充実 660円
まんが王国 無料登録すると50%OFFクーポンがもらえる。登録後もオトクなクーポンが多数あり。1冊の単価が安い 600円
コミックシーモア 無料登録すると50%OFFクーポンがもらえる。登録後もオトクなクーポンが多数あり。月額コースなどのコースも充実 660円
U-NEXT 無料トライアルに登録すると600ポイント&210,000本の動画が見放題 660円
コミック.jp 無料登録するともらえる1,200ポイントを使い、1冊無料で読める 660円
いずれのサービスもプランや無料トライアルを解約しても、IDやパスワードを入力しログインすれば、購入したマンガを読むことができます。

ご自分にあったサービスを選べばOKですが、使いやすくてオトク感があるebookjapanをオススメします。

初回登録でもらえる50%OFFクーポンを使えば「ブルーピリオド」をかなり安く読むことができますよ!

 

>>>ebookjapanで「ブルーピリオド」を50%OFFで読む

ebookjapanの登録・解約方法
ebookjapanは登録料、月額料金などは一切かかりません。

>>>ebookjapanの登録方法はこちら

ebookjapanにスマホで簡単に登録する方法!画像付きでわかりやすく解説

>>>ebookjapanの解約方法はこちら

ebookjapanの解約方法!画像付きでわかりやすく解説

本ページの情報は2021年12月時点のものです。

最新の配信状況は各サービス公式サイトにてご確認ください。

まとめ

  • 「ブルーピリオド」アニメ1期は6巻25話までの内容が放送された
  • アニメ1期の続きは原作マンガ7巻26話から

また「ブルーピリオド」の原作マンガを安く読む方法もご紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

>>>ebookjapanで「ブルーピリオド」を50%OFFで読む

「ブルーピリオド」関連記事
タイトルとURLをコピーしました