「86-エイティシックス-」レーナのかわいい魅力まとめ!恋の行方も解説

86(エイティシックス)

2021年3月時点でシリーズ累計発行部数は100万部突破した人気ライトノベル「86-エイティシックス」。

今回は本作品のヒロインであるヴラディレーナ・ミリーゼ、通称レーナに注目します!

2021年4月のアニメ放送開始後、大人気になることが予想されるレーナ。

どんな魅力を持つキャラクターなのか、ご紹介します。

主人公シンとの恋の行方についてもまとめました!

なおこの記事にはネタバレがあります。

 

「86」レーナ(ヴラディレーナ・ミリーゼ)がかわいい!魅力まとめ

レーナのプロフィール

  • 本名:ヴラディレーナ・ミリーゼ
  • 誕生日:7月12日
  • 小説1巻開始時の年齢:16歳
  • 出身地:サンマグノリア共和国第1区

本作品のヒロインであるレーナはサンマグノリア共和国の軍人。

ただし単なる一軍人ではなく、わずか16歳で少佐に上り詰めたエリートです。

作品開始直後は「ハンドラー・ワン」というコードネームで、部隊の指揮管制を行なうハンドラー(指揮管制官)をしています。

その後、レギオンの侵攻がもっとも激しい第一戦区で戦う「スピアヘッド」戦隊のハンドラーに任命され、知覚同調を通してシンと知り合います。

ミリーゼ家はかつての貴族なので家柄、身分、血統は申し分なし。

父親(故人)の影響で、有色種(エイティシックス)に対する偏見を持っておらず、仕事に対して前向きかつ誠実に取り組むタイプの女性です。

とにかく美少女!

作品のヒロインだけあり、レーナはとびっきり美少女!

現在はアニメ放送前なので画像や映像は限られていますが、それでもコミカライズ版や小説の挿絵でのレーナはかなりの美少女に描かれています。

少し紫がかったロングヘアもキレイですし、ルックスも超美形で、スタイルもよさそう!

見た目だけでなく、中身もかわいいんですよね、レーナは。

素直過ぎるところだったり、恋愛に不器用だったり。

シンに意地悪な対応をされると意趣返ししたり、カイエに「貴方は処女だな」と言われて動揺したり。

外見も内面も、ヒロインとして申し分ないものを備えています。

アニメ1期が放送されたら、人気が爆発することは間違いなし!?

ハンドラーとして優秀

レーナはハンドラー(指揮管制官)としてかなり優秀。

回りの軍人からは「お人形好きのお姫様」などと揶揄(やゆ)されていますが、それも仕事に前向きで優秀だから。

スピアヘッドのハンドラーになってからも、隊員たちと知覚同調を通して積極的にコミュニケーションしたり、規則違反を犯して隊員に軍事機密の地図を渡したりなど、積極的なところを見せていきます。

そもそも、最も戦闘が激しい第一戦区で戦うスピアヘッドのハンドラーになったのですから、優秀でないはずはありません。

スピアヘッドの担当を離れてからも、レーナが担当する部隊は他隊に比べて多くの人数を生き残らせることができたので、レーナの隊は「女王の家臣団」と呼ばれるようになります。

ドジで間抜けなヒロインもかわいいですが、ヒロインだったら優秀な方がいいですよね!?

仕事ができるところもレーナの魅力ではないでしょうか。

料理ができないのはご愛嬌?

元貴族という格式高い家柄の出身であるレーナはかなりのお嬢様。

作品序盤の母親との食事のシーンからも、レーナがお嬢様育ちであることがわかります。

そのためか、自分でも「わたしはお料理もできませんから」と言うほど、レーナは料理のことがわかりません。

どのくらいわからないかというと、「卵って・・・どうやって割るんですか?」とシンに尋ねるくらい(笑。

これにはシンも数秒ほど沈黙してしまいました。

「こうなったらお料理上手になって見返してやるんだから!」と心に誓っていましたが、レーナがシンに手料理を振る舞うときが来るのでしょうか!?

でも料理ができないところもご愛嬌で、レーナの魅力かもしれませんね。

ガーターベルトがセクシー

軍服を着用するとき、レーナはガーターベルトを使用しています。

ガーターベルトをしたレーナはセクシー!

実はライトノベルの本文中にレーナのガーターベルトについての描写は一切なく、挿絵やその他のイメージ画像にあるだけです。

ただ小説1巻の巻末に

  • ガーターベルトはロマンですよ?
  • 可愛いですよねガーターベルト。エロいし。エロ可愛い
  • 彼女の絶低領域を色っぽく彩るガーターベルトをご堪能ください

など、作者の安里アサトさんのコメントがあります。

ちなみに作者は女性です。

アニメではガーターベルトを着用し、動くレーナが見られます。

話題になること間違いなし!?

「86-エイティシックス-」レーナとシンの恋愛の行方を解説

ここではレーナとシンの恋愛の行方を簡単に解説します

知覚同調を通して出会う

ある日レーナは軍の上司に呼ばれ、スピアヘッド戦隊のハンドラーになるよう要請されます。

レーナはこの任務を受け、シンが率いるスピアヘッドの指揮をとることに。

他のハンドラーと違い、積極的に知覚同調するレーナは、次第にシンとの距離を縮めていきます。

そしてレーナは顔も合わせていないシンへの想いを募らせていきます。

初対面

その後シンたちはレギオン支配域最奥への長期偵察任務へ。

レーナはその間、ハンドラーとして86たちを使い潰すかのように指揮を執り、「鮮血女王 (ブラッディレジーナ)」の異名を取るようになります。

そして共和国崩壊後、連邦への旧共和国軍将校の派遣に自ら立候補し、シンがいるギアーデ連邦へ。

ここで初めてレーナはシンと対面します。

異性として意識

初めて会った時から、レーナはシンを異性として意識。

というより、これまでずっと思いを寄せていた男性にようやく会えた、という喜びが大きかったのかもしれません。

小説4巻第一章「コール・オン・デューティ」では、この時のレーナの心境が

思いがけず対面の叶った今のこの状況は、いささか刺激が強すぎるのだ。

男の子ってこんなに体温が高いんだ、と知って、なぜがものすごくドキドキした。

引用元:「86-エイティシックス-」EP4第一章「コール・オン・デューティ」

などの表現で描写されています。

しかもこのあと、レーナはシンから「これからはおれも、ライデンたちもいます」「一緒に戦うのでしょう?」などの言葉をかけられ、シンの胸で泣いてしまいます。

2人がくっつくのは、時間の問題と思われていました。

ようやく結ばれる

お互いを異性とするレーナとシンですが、2人とも恋愛に対して不器用なためか、なかなかくっつきません。

周囲の人間たちは「お前ら、いい加減くっつけよ」とヤキモキした様子(笑。

でも小説7巻の最後、ヴァルト盟約同盟での休暇の最後の夜のパーティーで、シンが告白して、2人は恋人同士になります。

ここまで長かったですが、その分レーナのかわいいところがたくさん見られました。

特に小説7巻はラブコメ要素満載です。

ただしアニメで描かれるのは2期以降になるかも!?

それまで待てない方は小説版で楽しんでくださいね。

まとめ

「86-エイティシックス-」のヒロインのレーナの魅力やシンとの恋の行方についてまとめました。

  • レーナはサンマグノリア共和国で16歳で少佐に上り詰めたエリート軍人
  • とにかく美少女
  • ハンドラーとして優秀
  • 料理ができないのはご愛嬌?
  • ガーターベルトがセクシー
  • シンとは知覚同調を通じて出会い、異性として意識するようになり、時間はかかったがようやく恋人になる

小説の読者の間でも「レーナかわいい!」という声はとても多いです。

2021年4月のアニメ開始後はレーナの人気は爆発すると確信しています。

レーナの今後に注目していきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました