ドラマ、映画、アニメ、読書、雑学など徒然なるままに綴っています。

「アナ雪」エルサとアナの両親はどこへ行った?船が目指した場所や死んでしまったのかについても

2019/12/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
追記
この記事は「アナと雪の女王2」公開前に書いたものです。

「エルサとアナの両親が船に乗ってどこに行ったか?」については「アナと雪の女王2」を鑑賞後、以下の記事を書き、そちらで解説しています。

アナ雪2ネタバレあらすじ!すべてはアレンデールの陰謀から始まった

ご参照ください。

 

アナと雪の女王2」の公開日11月22日が迫ってきました!

「アナ雪2」ではエルサだけが聞こえる謎の歌声に導かれて、エルサやアナたちが冒険の旅に出ます。

その旅の中でなぜエルサが魔法の能力を与えられたかが明らかになります。

また前作でエルサとアナの両親が船に乗ってどこに行ったかについても明らかになります。

ここではエルサとアナの両親、つまりアレンデール王国の国王・アグナルと王妃・イドゥナが船でどこに行こうとしていたか?

また死んでしまったのかについて、現在わかる範囲で明らかにします。

 

「アナ雪」エルサとアナの両親はどこへ行った?

予告動画の少年と少女がエルサとアナの両親の若い頃?

「アナと雪の女王2」(原題:Frozen)の予告動画はすでに出そろっていますが、その中に登場する少年と少女がエルサとアナの両親の若い頃ではないか、と言われています。

Twitterでは以下のように推測している方がいました。

私もこの推測は当たっていると思います(笑。

「アナ雪2」ではエルサとアナの両親の若い頃、さらにはエルサとアナの祖父・ルナード王についても触れると言われています。

ではエルサとアナの両親は、前作で船に乗ってどこに行ったのでしょうか?

ラプンツェルの結婚式に行った?

このTweetは「アナと雪の女王」がアメリカで公開された翌年、2014年ものです。

画像は「アナと雪の女王」の一場面、アナがエルサの戴冠式の日に歌を歌いながら城から出てきた際のものです。

映っているのが「ラプンツェルのウェディング」というディズニーの短編アニメに登場するラプンツェルとフリンと言われています。

そのため当時アメリカではエルサとアナの両親は船に乗りラプンツェルの結婚式に行ったのではないか、と言われていたそうです。

「ラプンツェルのウェディング」は2012年に公開されました。

ヒロイン・ラプンツェルと王国で一番の泥棒で美少年のフリンが結婚する話ですが、ディズニーアニメつながりということで、エレサとアナの両親は外交のためにこの結婚式に出席したのではないか、と言われていました。

エルサとアナの両親が結婚式に行ったというのは可能性のひとつとして考えられます。

ただこれといった根拠がないので、説としてはやや弱いように感じます。

「アナ雪2」エルサとアナの両親はどこへ行った?船が目指した場所や死んでしまったかについても

「アナと雪の女王2」の内容は、すでに発売されている洋書の絵本「The Enchanted Forest」に一部書かれているそうです。

The Enchanted Forestは映画の中で魔法の森と訳されています。

絵本には結末を除く「アナと雪の女王2」の中心部分についてが描かれているそうです。

その絵本の中にエルサとアナの両親の乗った船、難破船の場所が明らかにされています。

完全にネタバレするわけにはいかないので、難破船が見つかった場所やあらすじに一部についてネタバレします。

エルサとアナの両親の難破船の場所はどこ?

ここでようやく結論ですが、エルサとアナの両親が乗っていた船が見つかったのは、魔法の森をさらに北に行った場所でした。

魔法の森はアレンデール王国の北にあり、風、火、水、土の精霊たちが守る場所です。

難破船が見つかった場所はアレンデール王国よりかなり北にあることが推測できます。

エルサ、アナ、オラフは難破船の中で地図を見つけ、船はダークシーを超えた先のアトハランという場所を目指していたことを知ります。

アトハランとは秘密の川のことで、ここに「アナ雪」の物語の核心に触れる秘密が隠されているようです。

エルサとアナの両親は死んでしまったのか?

アニメ「アナ雪」の序盤で、エルサとアナの両親は海難事故にあい、死んでしまいお葬式が行われました。

でも死んだかどうかは、はっきりわかっていませんでした。

あの状況では生きているのはむずかしく、死んだと判断するのが妥当かもしれません。

いずれにしても「アナ雪2」で両親の目指した場所や生死が明らかになるでしょう。

エルサとアナはなぜ魔法の森やアトハランに行ったのか?

エルサとアナは小さい時、父アグナルからこんな昔話を聞いていました。

アレンデールの北の魔法の森にノースルドラという民族が住んでおり、そこは地・水・風・火の精霊たちに守られていました。

アレンデールが建国されると、アグナルの父(アレンデール国王であり、エレサとアナの祖父)は北と南の領域の行き来をしやすくするためダムを作ります。

ところがダムが完成するとノースルドラは南に攻めてきて争いが起き、精霊たちが怒ります。

その後森は霧に包まれだれも出入りできなくなりました。

そして16年後、エルサ24歳、アナ21歳から「アナ雪2」の話は始まります。

何者かの歌声が聞こえるようになっていたエルサ。ある夜エルサは声を追いかけてフィヨルドに出ます。

声に答えるように歌を歌いながら魔法を使うと爆発が起きてしまいます。

そしてアレンデールは火は消え水も枯れ、風も地面も異変を起こし、人々は崖に避難します。

どうやらエレサが魔法を使ったことで、精霊たちを目覚めさせてしまったようです。

このままではアレンデールの未来はない、ということでエレサ、アナ、クリストフ、オラフは馬車で魔法の森に向かい、アレンデールを救う方法を探すのでした。

「アナ雪2」はこうして旅が始まるのですが、さらに旅が進んでいく中でエレサたちは両親が乗っていた船を見つけるのです。

ただ映画公開前にこれ以上ネタバレするのはまずいので、この辺にしておきますね!

エルサが聞こえるようになった歌声はだれのものなのか?

ここからは私個人の推測です。

エルサは何者かの声が聞こえるようになっていました。エルサにしか聞こえない謎の歌声です。

ではそれは誰の声なのか?考えられるとすれば精霊です。

アレンデールの北にある魔法の森の風、火、水、土の精霊たちの声です。

エルサは他の人にはない魔法の能力を持っています。

エルサの魔法の力を必要とした精霊たちが、何らかの理由でエルサを呼んでいるのではないでしょうか。

理由としては、魔法の森やアレンデールに何らかの危機が迫ったためということが考えられます。

エルサとアナの両親はなぜアトハランに向かったのか?

「The Enchanted Forest」という洋書の絵本の中で、エルサとアナの両親の船はアトハランに向かっていたとあります。

なぜアトハランに向かったのか?

アトハランがどんな場所なのかわからないので、これも推測するしかありません。

エルサの母は子どもたちが小さい頃、過去のすべての答えがあるアトハランという秘密の川について歌われた子守唄を聞かせていたことが「The Enchanted Forest」に書かれているそうです。

前作の序盤でエルサは出発しようとする両親に「どうしても行くの?」と尋ね、父は「すぐに戻るから」と答えています。

この様子から判断すると、とても結婚式に行くようには見えません。

結婚式に参加する両親に「どうしても行くの?」なんて言いませんからね。

私はエルサの両親は、エルサの魔法を抑える方法を探しに行ったのではと考えています。

エルサは小さい頃自分の魔法でアナを傷つけてしまい、それ以来自分の能力を怖がっていたからです。

エルサが魔法のコントロールができず人前で使えば人々はエルサを恐れるようになります。

将来王女になるエルサがこれではいけない、と考えた両親はエルサの魔法を抑える方法を探るためにアトハランに行った事が考えられます。

以上が私の考察です。

まとめ

  • エレサとアナの両親の船はアトハランを目指していた

公開が楽しみですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 情報チャンネル , 2019 All Rights Reserved.