ドラマ、映画、読書、雑学、養蜂、日本文化など徒然なるままに綴っています。

アナ雪2ネタバレあらすじ!アレンデールの陰謀をわかりやすく解説

2019/11/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -

アナと雪の女王2」を公開初日に観てきました!

  • エルサになぜ魔法の能力が与えられたのか?
  • エルサとアナの両親は船でどこに向かったのか?

この2つの謎がどのように明らかになるのか、楽しみに映画を観ました。

ネタバレありであらすじをかんたんにご紹介します。

「アナと雪の女王」の物語はアレンデール王国の陰謀からすべてが始まっていました!

映画をまだ観ていない方はご注意ください。

 

「アナと雪の女王2」あらすじ・ネタバレ!

父アグナルの昔話と母イドゥナの子守唄

エルサとアナは小さい頃、父アグナルからこんな昔ばなしを聞かされていました。

アレンデールの北の魔法の森にノースルドラという民族が住んでおり、そこは地・水・風・火の精霊たちに守られていました。

アレンデールが建国されると、アグナルの父・ルナード国王(エルサとアナの祖父)はノースルドラの暮らしを豊かにするため、魔法の森にダムを作ります。

ところがダムが完成した式典でノースルドラはアレンデールの人たちに襲いかかり争いが起き、精霊たちが怒ります。

その後森は霧に包まれだれも出入りできなくなりました。

アグナルはダム完成式典でのノースラドラとの争いで傷つきますが、何者に助けられ無事でした。

しかしアグナルの父であるルナード国王はその争いで死んでしまい、代わりにアグナルがアレンデール国王になります。

このあと母のイドゥナはエルサとアナに子守唄を歌います。

アートハランという秘密の川があり、過去のすべての答えはそこにある、という内容の歌です。

母の子守歌を聞きながらエルサとアナは眠りつきます。

エルサにだけ聞こえる謎の声

前作から3年後エルサ24歳、アナは21歳になり、アレンデールで幸せに暮らしていました。

そんなエルサは、いつからか何者か(女性)の声が聞こえるようになります。

ある日エルサ、アナ、クリストフ、オラフがジェスチャーゲームをしていると、エルサは再びあの声を聞きます。

エルサの様子がおかしいと気づいたアナは、小さい時母親が聞かせてくれた子守唄を歌いエルサを寝かしつけます。

大異変に襲われるアレンデール

その夜またあの声が聞こえたエルサは外に飛び出し、フィヨルドに向けて魔法をかけます。

すると大爆発が起き、4つの模様が描かれた結晶が現れます。

この直後アレンデールに大異変が起こります。

激しい風が吹き、水は止まり、火は消え、大地は揺れ、人々は高台に避難しました。

そこにトロールのパビーがやってきて、エルサが魔法の森の4つの精霊を目覚めさせたことや、彼らが怒っていること。

そしてこのままではアレンデールが危ないことを伝えます。

危機を感じたエルサとアナは、クリストフ、オラフ、スヴェンとともに魔法の森を目指し、事態を解決しようとします。

風の精霊に巻き込まれるエルサたち

北に向かう途中オラフは「水はすべてを記憶する」という話をします(これがのちの伏線になっています)。

北には霧に覆われた場所がありました。

最初は霧に侵入を阻まれますが、エルサの魔脳の力で霧の中に入ることができました。

霧の中は魔法の森で、すべては霧に閉ざされていました。

そこでエルサたちは風に精霊が起こした竜巻に巻き込まれます。

エルサが魔法を使うと過去が形として現れ、昔アグナル(エルサたちの父)がノースルドラの少女に助けられたことを知ります。

その直後ノースルドラの人たちとアレンデールの兵士が現れます。

そこにはノースルドラの中心人物イエレナ、そしてかつてアグナル国王に仕えていたマティアス中尉の姿もありました。

炎に包まれる魔法の森・そして新たな事実が

イエレナとマティアスが、精霊を怒らせたのはどちらに責任があるのか口論をしていると、火の精霊が現れ森に火をつけます。

みんなが逃げる中、エルサは火の中に飛び込み、魔法で炎を消そうとします。

実は火の精霊ブルーニ(トカゲ)はおびえていたため火を着けたようで、エルサがなだめるとおとなしくなり、騒ぎが収まります。

ここでエルサがアナに母親が使っていたスカーフを掛けてあげると、ノースルドラの人たちは「そのスカーフはノースルドラに伝わるものだ」と気が付きます。

ダムの式典の争いで傷ついたアグナルを助けたのは、ノースルドラのイドゥナということがわかりました。

その夜エルサたちはノースルドラの人たちやアレンデール兵士たちと夕食をともにします。

ここでエルサはノールルドラのハニーマレンに、4つの精霊をつなぐ第五の精霊がいることを聞きます。

両親が乗った船を発見

この直後大地の精霊・アースジャイアントが現れ、地面が揺れます。

これ以上ここにいると森の人たちに迷惑がかかると考えたエルサは、さらに北を目指して出発します。

進んでいくとそこにはエルサとアナの両親が乗った船の残骸がありました。

船に残された地図を見ると、船はダークシーを抜けアートハランを目指していたようです。

エルサが「水はすべてを記憶する」というオラフの言葉を元に魔法を使うと、両親はエルサの魔法の秘密を探りにアートハランを目指していたことがわかります。

自分のために両親が亡くなったと絶望感に打ちひしがれるエルサ。

アナはエルサといっしょに行くといいますが、エルサはアナとオラフを氷の船に乗せ、川に流し一人でアートハランを目指すことにします。

エルサに立ちはだかる水の精霊ノック・そしてアートハランへ

エルサはダークシーの海岸にたどり着き、強い決意で海を超えアートハランを目指そうとします。

魔法を使い海水を凍らせ前に進もうとしますが、波に飲み込まれます。

海の中では馬の形をした水の精霊ノックに何度も行く手を阻まれます(そのシーンは上の動画の最初にあります)。

しかしノックの協力を得ることに成功したエルサは、ノックの背にまたがりダークシーを超え、アートハランに到着しました。

エルサにだけ聞こえた声の主とは?

過去のすべての秘密があるアートハランに着いたエルサは、声に導かれるように中に入っていきます。

エルサにだけ聞こえる声、それは母イドゥナの声でした。

「水はすべてを記憶する」という言葉の通り、イドゥナの記憶がアートハランに残っていたのです。

イドゥナはエルサに、エルサがなぜ魔法の力を与えられたのかを知らせ、アレンデールと魔法の森を救ってほしいと考えていたようです。

エルサはここで魔法の森に住むノースルドラとアレンデールの過去について、本当のことを知ることになります。

すべてはアレンデールの陰謀から始まった

アレンデールに伝わっているのは、エルサとアナの祖父・ルナード国王はノースルドラの生活を豊かにするために、彼らへの贈り物としてダムを作ったという話でした。

しかし真実は違っていました。

ルナード国王は魔法の森にダムを作り森の力を弱らせることで、ノースルドラを自分たちに従わせようとしていました。

ダム完成の式典で攻撃を仕掛けたのはアレンデール王国の方で、その結果エルサの祖父は死に、アグナルは傷つき、ノースルドラのイドゥナに助けられたのです。

その後怒った精霊たちの力により魔法の森は霧に包まれ、だれも入れないようになってしまいました。

すべてはアレンデールの陰謀の結果だったのです。

このことを知ったエルサはアートハランの奥深くで氷に覆われ、身動きが取れなくなってしまいます。

真実を知るアナとオラフ

そのころ氷の船に乗ったアナとオラフは洞窟に迷い込んでいました。

洞窟の中にいるアナの前に、エルサからの知らせが氷の彫刻という形で届きます。

アナたちはエルサがアートハランに無事についたこと、そして過去に何があったかを知ります。

そして次に何をするべきかも理解します。

ダムを壊すことです。

ダムをこのままにしておけば森もアレンデールも救うことはできません。

しかしダムを壊せば大量の水がフィヨルドに押し寄せ、王国は壊滅してしまう。

アナは悩みますが、ついに決断します。

アナが下した決断とは?

ダムを壊さない限りすべては解決しないと考えたアナは、大地の精霊・アースジャイアントたちにダムを破壊させようとします。

アナはアースジャイアントたちに呼びかけダムへ誘導しますが、アースジャイアントに踏み潰されそうになります。

そこにクリストフとスヴェンが現れ、アナを救助。

アースジャイアントたちをダムへと先導します。

アースジャイアントたちは大きな岩を持つと、ダムに向かって投げます。

ダムは壊れ、その結果大量の水がフィヨルドに流れ出し、アレンデールの街と城に押し寄せます。

押し寄せる大量の水にアレンデール王国は?

アレンデールが水に飲み込まれる!と思った時、ノックにまたがったエルサが現れます。

エルサは向かってくる水の前に立ちふさがり、魔法を使い氷の壁を作り、直前で水をせき止めます。

そして精霊たちの怒りがおさまったのか、アレンデールの街には火が灯り、風がやみ、水は流れ、大地が鎮まります。

また魔法の森の霧も晴れ、人々は34年ぶりに青い空を見ることができました。

こうしてアレンデールと魔法の森は難を逃れたのでした。

再会するエルサとアナ

アレンデールが元の平和な姿を取り戻し、エルサとアナが再開します。

アナはここで、エルサこそが四大精霊に続く第五の精霊だったことを知ります。

エルサが魔法の能力を持って生まれてきたのは、第五の精霊としての役割があったからです。

人間と精霊たちを結ぶ役割です。

エルサは女王の座をアナに譲り、自分はノースルドラとともに暮らすことを決心します。

結末:アナがアレンデール女王に

エルサに代わりアナがアレンデール女王になります。

クリストフとの結婚も決まります。

アナは北に住むエルサに手紙を送り、今度のジェスチャーゲームに来てね、と誘います。

二人は離ればなれですが、いつでも会うことができます。

こうしてアナ雪2の物語は幕を閉じます。

「アナ雪2」アレンデールの陰謀をわかりやすく解説

ここからは私がこの映画で特に気になった点・アレンデール王国の陰謀についてまとめています。

ルナード国王の陰謀

「アナ雪」の物語はアレンデール王国の陰謀からすべてが始まったと言っても過言ではありません。

陰謀の中心人物はエレサとアナの祖父・ルナード国王です。

ルナード国王の時代、アレンデール王国とノースルドラは友好関係にありました。

ルナード国王はアレンデールとノースルドラの友好の証として、森にダムを建設します。

ダムを作れば交通の便がよくなり、水の管理もできるので、両国が発展するという触れ込みをしたと思われます。

しかしこれこそがルナード国王の陰謀でした。

ダムは自然を破壊する

ダムは治水に役立ちますが、それと同時に自然破壊、森林破壊に繋がります。

ルナード国王はダムを作ることで森の自然を破壊し、自然とともに生きるノースルドラの人たちを弱らせようとしたのです。

ノースルドラが弱くなればアレンデールに助けを求めるようになり、アレンデールは森やノースルドラを支配できるからです。

やがてダムは完成し、完成式典を迎えます。

いい雰囲気で進んでいた式典でしたが、突然争いごとが起こります。

先に仕掛けたのはアレンデールでした。

そしてルナード国王がノースルドラの長を殺害したのです。

これを見た精霊たちは怒り、森を霧で覆ってしまいます。

森にはだれも入れなくなり、ノースルドラの人たちは晴れた空を見られなくなってしまいました。

エルサとアナの父親・アグナルは、最初はルナード国王の策略を知らなかったようです。

争いの中でアグナルは傷つきますが、それを助けたのはノースルドラ族の娘イドゥナでした。

やがて二人は結婚するのですが、アレンデールとノースルドラは敵同士。

どのような経緯があって一緒になったのかはわかりませんが、反対を押し切っての結婚だったのではないでしょうか。

アレンデール王国を襲った災害の理由は?

映画の序盤、エルサがフィヨルドに向かって歌を歌うと、アレンデール王国を災害が襲います。

人々が高台に逃げるとそこにやってきたトロールの長・パビーが、アレンデールが過去に起こした間違いに精霊が起こっているのでこの減少が起きたといいます。

過去の間違いとはダムを作ったことですね。

34年前に森にダムを作ったことで、起こった精霊たちがアレンデールに災害をもたらしました。

アレンデールにとっては自業自得、因果応報です。

エルサやアナ、国民たちには責任はありませんが、国王がやったことですからね。

最後に過去の間違いがダムだと気がついたアナのおかげでアレンデールに平和が戻ります。

過去の過ちに気が付き、ダムを破壊する決断をしたアナは立派でした。

過去の過ちを繰り返さない

「アナ雪」の物語はアレンデールの陰謀から始まっていたことがわかります。

アナとエルサがそれに気が付き、行動したからアレンデールもノースルドラも平和を取り戻しました。

大切なことは過去の過ちを繰り返さないこと。もし過ちがあったらそれを正すこと。

「アナ雪2」は、決して押し付けがましくなくこのことについて教えてくれていたように感じます。

「アナ雪2」の感想と評価

「アナ雪2」楽しめました!

ディズニー・アニメの続編は面白くない!なんてよく言われます。

>>>関連記事:ディズニーアニメは続編ばかり?駄作が多いと言われる理由についても

でも「アナ雪2」についてはそんなことをまったく感じさせませんでした。

松たか子さんと神田沙也加さんが演じるエルサとアナが画面に写った瞬間、すぐに「アナ雪」の世界に入り込んで、100分ちょっとずっと浸ることができました。

前作からのつながりもよく、2つの謎を明かすストーリーがうまく描かれていました。

エルサのみんなを守ろうとする気持ち、アナの姉への愛情、クリストフのちょっと間抜けな立ち回り方、オラフのギャグなど色んな要素が組み込まれていて、終始スクリーンに釘付けになりました。

ディズニー映画だけに歌も完璧!

イドゥナ役の吉田羊さん、エンディング曲担当の中元みずきさんの歌もすばらしかったです!

劇場は小さなお子さんからリタイアしたと思われる方まで幅広い年齢層の方が鑑賞していました。

どの年代にも楽しめる映画になっていると感じました。

 

難点を挙げるとなぜアートハランが過去のすべてがわかる場所だったのか、納得いく説明がなかったことです。

そこは突っ込むところではないのかもしれませんが、謎に関わる大きな点なので「水がすべてを記憶する」以外の理由がないのは物足りなかったです。

とはいえ「アナ雪2」は映画館で見るに値する映画だと感じました。

しらばく「アナ雪2」の話題で持ちきりでしょうね!

まとめ

「アナと雪の女王2」のあらすじをネタバレありでご紹介しました。

前作とのつながりも自然にできており、ストーリーがうまくまとまった続編に仕上がっていました。

アナの姉を思う気持ちもよく出ていたし、魔法を使ってみんなを守るエルサもステキでした。

大ヒット間違いなしの予感がしました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事

「アナ雪2」子どもは何歳から楽しめる?前作より大人向けで内容は理解できない?

「アナ雪2」母イドゥナは何者?アグナルとの出会いや精霊との関係についても

「アナ雪2」は微妙でつまらない?面白くない理由はディズニー続編だから?

「アナ雪2」オラフの「水には記憶がある」セリフの理由がわかるシーンは?

「アナ雪2」エルサに聞こえる謎の声の正体は?第五の精霊についても

アナと雪の女王2の結末は納得できない!エルサが魔法の森に残った理由も考察

アナと雪の女王2は前作を見てない人も楽しめる?

「アナ雪2」水の精霊ノックとは?グッズ販売店や4種類の氷の結晶の意味についても

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 情報チャンネル , 2019 All Rights Reserved.