ドラマ、映画、読書、雑学、養蜂、日本文化など徒然なるままに綴っています。

ルパン三世vs名探偵コナン映画の事件の真相がわからない!ルパンの目的と合わせて解説

2019/11/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2013年公開の「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」。

ルパンとコナンから豪華なキャストが勢揃いし、そのうえゲストとしてキングカズまで来たのですから、まさにお祭り感覚!

子どもから大人までみんなが楽しめる映画になっていました。

ただYahoo!知恵袋やTwitterを見ると

  • どういう事件なのか、今ひとつわからなかった
  • ルパンは何のために動いていたのか?

など、以下のような質問が少なくありません。

半分ぐらいしか今作の内容を理解できませんでした・・・

ルパンの目的は

鉱石を取り返す?
次元は緑色の鉱石を取り返した、
なんのため?

引用元:Yahoo!知恵袋

私は前作のTV版を見ずに劇場版を観ましたが、劇場版では登場人物の思惑が複雑に絡み合うので、事件の全体像がわかりにくいと感じました。

ルパンの狙いや目的、どう動いていたのかについてもわかりにくかったです。

そこでここでは「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」の事件の全体像をわかりやすく解説します。

その中でルパンの目的も明らかにしていきます。

 

ルパン三世vs名探偵コナン(映画)事件の真相がわからない!ルパンの目的と合わせて

ルパン、アラン・スミシー、ルチアーノ三者の思惑を整理

この映画の事件にはルパン、アラン・スミシー、ルチアーノという三者が登場します。

それぞれの思惑を整理します。

  • アラン・スミシー:植民地にされた自国を救うためにヴェルパニア鉱石を手に入れたい。ジランバ共和国の工作員。
  • ルチアーノ:所有しているヴェスパニア鉱石を売って金にしたい。イタリアンマフィア。
  • ルパン三世:アラン・スミシーに近づき、アランが誰からヴェスパニア鉱石を手に入れるか突き止め、それを取り戻したい。

ルパン(次元、五エ門を含む)はヴェスパニア王国から依頼を受けてヴェスパニア鉱石を取り戻そうとしていました。

あらゆる電子機器を無効にしてしまうヴェスパニア鉱石が他国に渡ると、世界の軍事バランスが大きく変わってしまうからです。

アラン・スミシーとルチアーノはヴェスパニア鉱石を裏で取引しようとしていましたが、ルパンはその取引をぶち壊してヴェスパニア鉱石を奪おうとしていたのです。

つまりルパンの目的は何者か(ルチアーノ)に盗まれたヴェスパニア鉱石を取り戻すことでした。

取引前にルパンがやったこと

アラン・スミシーとルチアーノの裏取引の前にルパンがやったことを解説します。

ルパンは自分が日本に行く口実を作るために、ワカゴモエイシン(石川五エ門)とケイン・ゲジダス(次元大介)を使います。

まずルパンは、ヴェスパニア鉱石を自ら掘って作ったチェリーサファイアをワカゴモエイシンに渡し、それを銀行の貸し金庫に預けさせます。

この時点でアラン・スミシーとルチアーノが取引することにルパンたちは感づいています。

次にアラン・スミシーのもとに裏取引の仲介人と称したケイン・ゲジダス(次元大介)を送り込み、アランにヴェスパニア鉱石を手に入れるにはチェリーサファイアとの交換が条件であることを伝えます。

また銀行の貸し金庫にあるチェリーサファイアを盗めるのはルパンしかいないとも。

この話を信じたアラン・スミシーは峰不二子を人質にし、ルパンにチェリーサファイアを盗ませようとします。

かくしてルパンは日本に入国し、銀行からチェリーサファイアを盗み、アラン・スミシーはルパンからそれを手に入れます。

なお裏取引のもう一方の相手ルチアーノは、現金で取引が行われるものと思っています。

そしてエミリオのライブ当日、旧羽田整備地区で取引が行われるのでした。

取引当日の動き

取引当日、アラン・スミシーはチェリーサファイア、ルチアーノはヴェスパニア鉱石を用意していました。

しかしルチアーノはヴェスパニア鉱石を売ることで金がもらえると聞いていたので、すぐに取引を中止します。

ここでルパンが登場し、ヴェスパニア鉱石を奪います。

  • ルパンは闇取引をぶち壊し、ヴェスパニア鉱石を奪う
  • チェリーサファイア(=ヴェスパニア鉱石)を持ったアラン・スミシーが飛行機で逃亡したら、ヴェスパニア王国の依頼を受けた自衛隊機にその飛行機を撃ち落とさせる
  • ルチアーノは密輸の疑いで警視庁に逮捕させる

裏取引の時、ルパンはこんなイメージを持っていたのではないかと推測します。

もし取引をぶち壊した後銃撃戦になったら、アランやルチアーノが死んでもいいと思っていたかもしれません。

しかしここにコナンがFBIを連れて乗り込んできたので、ルパンの思惑とは違ってしまいました。

そしてアラン・スミシー、ルチアーノ、ルパン、コナンを乗せた飛行機が飛び立つシーンに移ります。

その後ルチアーノとアラン・スミシーは死に、ヴェスパニア鉱石は飛行機とともに海に墜落したので、ヴェスパニア鉱石が他の国に渡ることはありませんでした。

でもヴェスパニア鉱石を取り戻す、というルパンの目的は達成できなかったことになります。

キングは何者だったのか?

Yahoo!知恵袋に「キングという殺し屋はなんだったか?」「この話にどう絡んでいたのか?」という質問が複数ありました。

キングはルチアーノに雇われた用心棒で、ルパンとは旧知の仲です。

ここでは殺し屋と言うより、取引を円滑にするための役割を期待されていたのでしょう。

この話にどう絡んでいたかという点ですが、まったく絡んでいません(笑。

サッカーの三浦カズを声優として使うために作られたキャラで、登場させることだけが目的でした。

話にはまったく必要ない人物で、話の筋をつかめない方には混乱させるだけでした。

しかもキングとルパンの会話がわかりにくかったですからね。

お祭り的な要素がある映画なので、ファンサービスのために登場させたと理解しておけばいいでしょう。

まとめ

  • ルパンの目的は何者かに盗まれたヴェスパニア鉱石を奪い返すこと

結局ルパンはこの目的のために動いていたのですが、話はわかりにくかったですね。

ルパン・コナン両者の魅力は出ていた映画だとは思いますが、もう少しスッキリした展開のほうがよかったと思っています。

できれば劇場版2作目を期待したいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

関連記事

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 情報チャンネル , 2019 All Rights Reserved.