キングダム(映画)はつまらないしひどい?怖い・グロいという声についても

2019年公開の映画「キングダム」。

コミックス第50巻達成を記念して実写映画化された作品で、50億円を超える興行収入を記録した人気作品になりました!

口コミはかなり好評で、人気のほどがうかがえます。

一方で「つまらない」「ひどい」「面白くない」など否定的な感想や、「グロい」「怖い」などの口コミがあるのも事実です。

そこでここでは映画「キングダム」はつまらないのか、映画を観た方の口コミから考察していきます。

映画「キングダム」はつまらないしひどい?微妙・駄作との口コミ

役者の演技がひどい

意外と目についたのが「役者の演技がひどい」「役者が下手」という口コミ。

特に主役の山崎賢人の演技に対しては低い評価がいくつ見られました。

主人公の信は「大将軍になる」という大きな夢を持っていますが、それを演じる山崎賢人はテンションを上げ大声を張り上げるばかり。

映画の信は「ただのうるさいバカ。ヤンキー」というきびしい批評もありました。

橋本環奈にも下手という感想はありましたが、アイドル枠での出演と考えて許している方も多いかもしれません(笑)。

中国らしさがない

中国らしさがなくつまらない、という声もありました。

かなりのお金をかけ中国ロケしているにも関わらず、信や河了貂らの言葉遣いやノリが現代の日本にタイムスリップしたような印象を与えるため、中国らしさが消えているのかもしれません。

この点は私も同じ印象をもっており、橋本環奈の「ダサい!」というセリフにはすっかり興ざめしてしまいました。

登場人物の設定が悪い

いかんせん、登場人物がチャラ過ぎる。セリフも身のこなしもヤンキーかチンピラのそれである。原作の漫画がそういうことなのだろうが、奴隷出身の主人公はしょうが無いとしても、身分が高い者たちでさえ、知性と教養がみじんも感じられない

引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/365755/review/11014/?c=26&sort=lrf

彼らは奴隷である。奴隷が王座へ登ろうとするなら、どうすればいいか。──というところから始まる。山盛りの薪を背負って、棒を振り回していれば覇者になれるんだろうか。

引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/365755/review/11009/?c=28&sort=lrf

中国の戦国時代の国と国との争い、国内の覇権争いだと思うのですが、日本のどこかの田舎での高校生のヤンキー同士のケンカに見えるのは私だけでしょうか?幼稚、稚拙過ぎます。ストーリーと台詞が軽く薄すぎて、全く入れませんでした。

引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/365755/review/10979/?c=32&sort=lrf

これらの口コミに共通するのは登場人物の設定が悪い、ということです。

奴隷の身分である主人公の設定も高貴な人物の設定も現実離れしており、映画の内容をつまらなくしている、と感じる方がいるようです。

この点については私も同じ意見で、命をかけて中国統一を目指す人物たちなら言動にもっと緊迫感があって然るべきだった、と考えています。

映画化すべきでなかった

そもそも映画化すべきでなかった、という声もありました。

壮大なスケールや迫力、伝わってくる緊迫感など、マンガやアニメではできても、実写で表現できないものはあります。

すでにマンガやアニメでうまくいっているのだから、ムリに映画にしてつまらないものにする必要はなかったと感じる方がいるようです。

格闘シーンに重きが置かれ心理描写が少ない

映画では戦いのシーンに重きが置かれ、登場人物の心理描写や相手との駆け引きなど、考えさせられる部分が少ないという感想がありました。

例えば嬴政が楊端和を味方に引き入れるシーンは、信が勢いのみで納得させた感があり、もう少していねいに描いてほしかったということがありました。

このような感想を持つのは原作ファンに限られるようですが。

映画「キングダム」はグロい・気持ち悪いという口コミ

グロいという口コミ

「おもしろい」「おもしろくない」という感想に関係なく、映画「キングダム」を見て「グロい!」と感じた方はいます。

特にグロいと感じるのは映画終盤の王宮を奪還する闘いのシーンです。

ここでは大勢の役者が血を流しながら殺し合うシーンがリアルに描かれているので、原作を知らない人はもちろん、マンガやアニメを見ている方でも「グロい!」と感じた人がいるようです。

ただマンガのように兵士の首が飛ぶシーンはないので、グロいのが苦手な小学生でも見られたという口コミもありました。

気持ち悪いという口コミ

気持ち悪い」という口コミは王騎役の大沢たかおさんの演技に集中していました。

王騎は原作でも意味不明で気持ち悪いキャラクターです。

大沢さんはそんな王騎を気持ち悪い面も合わせて、見事に演じていました。

ですから大沢さんに対する「気持ち悪い」という口コミは、演技を高く評価しているものを捉えることができます。

映画「キングダム」は面白いという感想

「つまらない」「面白くない」など否定的な意見がある「キングダム」ですが、「面白い」という感想も数多く寄せられています。

  • アクションがすごい!左慈役の坂口拓さんの演技が特によかった
  • マンガ5巻までの内容を2時間の映画によくまとめてある
  • 役者が適材適所
  • 成蟜の悪役ぶりが見事
  • ほぼ原作に忠実に再現されていたのがよかった
  • スケールの大きさを感じられた
  • 長澤まさみと橋本環奈がよかった
  • 原作マンガを読みたくなった

また「マンガやアニメを知らなくても楽しめた」という声もありました。

2019年に一番人気のあった作品だけあり、高く評価する口コミはたくさんありました。

マンガやアニメを実写にすると失敗して酷評されることもしばしばですが、これらの口コミを見る限り、映画「キングダム」は成功したと言えるでしょう。

まとめ

この記事では映画「キングダム」が「つまらない」「ひどい」と感じたのは

  • 役者の演技がひどいから
  •  中国らしさがないから
  •  登場人物の設定が悪いから
  •  映画化すべきでなかった
  •  格闘シーンに重きが置かれ心理描写が少ないから

「グロい」と感じるのは

  • 王宮を奪還する場面で、人が血を流し戦うシーンでがあるから

「気持ち悪い」という声は

  • 大沢たかおの王騎の演技に集中しているが、演技を高く評価している証拠

最後までご覧いただきありがとうございました!

関連記事
タイトルとURLをコピーしました