親愛なる僕へ殺意をこめてLL事件の真犯人は誰?LLの正体についても

親愛なる僕へ殺意をこめて

「親愛なる僕へ殺意を込めて」で、本編開始15年前に起きたLL事件。

浦島エイジの父・八野衣真(やのいまこと)が、5人もの女子大生を惨殺したとされる事件です。

ですが、息子のエイジ(B一)は真犯人は別にいると確信。

必ず見つけ出し、復讐しようと行動していました。

 

実はLL事件には真犯人がおり、八野衣真は罪を擦り付けられただけ・・・つまり冤罪(えんざい)だったのです。

そこでこの記事では、LL事件の真犯人を原作マンガをもとに解説

LLの正体についてもまとめました。

なおこの記事にはネタバレがあります。

 

「親愛なる僕へ殺意を込めて」LL事件の真犯人・LLの正体は誰?

LL事件の真犯人:浦島亀一

結論を書くと、LL事件の真犯人は浦島亀一(うらしまきいち)です。

浦島亀一は、エイジを養子として引き取って育てた人物。

それほど登場回数の多いキャラクターではありませんが、とても温厚で、そんな凶悪犯罪を起こすような人物をは思えません。

 

エイジにとっても、理解のある養父のような印象がありました。

ですが、そんな浦島亀一が5人もの(実際には6人)若い女性を手にかけたんですね。

LLの正体は八野衣真ではなかった

LL事件の犯人、つまりLLの正体は浦島亀一。

エイジの父・八野衣真はLLではなかったのです。

 

浦島亀一はボランティアで始めた保護司をしていたとき、少年犯罪を犯した八野衣真を出会い、世話を島氏。

その後、自分が犯した罪を八野衣真になすりつけたのです。

しかし八野衣真は浦島亀一を疑うことなく、犯罪者に仕立てられてしまいます。

八野衣真が焼死したのはなぜ?

警察に追い詰められた八野衣真は、潜伏先で焼身自殺したとされています。

でも、八野衣真の死因は自殺ではありませんでした。

八野衣真を殺したのは警察の猿渡敬三(さるわたりけいぞう)。

管理官として、畑中葉子殺害事件を捜査していた警視ですね。

 

猿渡は部下の桃井の弱みを握った何者かが、桃井を脅迫していることを知ります。

猿渡は桃井を脅しているのは八野衣真だと考え、八野衣真の潜伏先へ。

そして八野衣を殺し、建物に火を放ち、八野衣が焼身自殺を図ったように装ったのです。

北海道旅行中だった浦島亀一が白菱凛を殺せた理由

LL事件の5人目の被害者は白菱凛。

大学教授を務める白菱正人の娘であり、雪村京花の実の姉です。

白菱凛は15年前の3月19日に失踪し、3月29日に拷問の末に殺害されたとされています。

しかし浦島亀一にはアリバイがありました。

この時期、家族と北海道へ旅行中だったから。

 

実は凛は3月24日、浦島亀一の手引きで北海道にいました。

複雑な家庭環境から白菱凛を更生させるために、八野衣真は保護司の浦島亀一に凛の世話を依頼。

これを受けて、浦島亀一は新しい土地での住まいや仕事をエサに、凛を北海道に呼びよせます。

そして拷問のうえに殺害し、遺体をレンタカーで運び、殺人の罪は八野衣真にかぶせたのです。

浦島亀一はなぜLL事件を起こしたのか

浦島亀一の動機:生きていることを実感するため

漫画10巻86話、浦島亀一はエイジに以下のように話します。

誰かを拷問している時 私は「痛み」を感じることが出来た

生きている実感を 自分が存在しているというリアリティを

死にゆく者の瞳の中に見出すことが出来たんだ

「親愛なる僕へ殺意を込めて」10巻86話

原因は不明ですが、浦島亀一は痛覚麻痺になっていました。

体に痛みを感じることがないのです。

 

しかし拷問したり、人が死にゆくさまを見ている時だけは、痛みを感じることができたとか!?

生きていることを実感するために、浦島亀一は連続殺人事件を起こしたとのことですが、享楽のためとも言っていいのではないでしょうか。

浦島亀一はなぜ八野衣真に罪をなすりつけたのか?

浦島亀一は、保護司として世話をした八野衣真に罪をなすりつけます。

その理由を”虚無を世界中にばらまく”ため、と説明していました。

”殺し”という遊びに飽きてしまった浦島亀一は、空虚を感じるように。

空虚さを満たすために、新しい遊びを考えた浦島亀一は、罪を誰かになすりつけ、その様子を見ることで楽しもうと考えます。

 

そして、保護司として世話をした八野衣真に犯罪者に仕立てることにしたのです。

少年事件で殺人を犯した八野衣真は、罪を着せるのに格好の対象だったはず。

こうして八野衣真は連続殺人の容疑をかけられ、警察に追われることになるのです。

浦島亀一はエイジに殺されるのか?

エイジ(B一)の目的はLL事件の真犯人を探し出し、復讐すること。

作品終盤、エイジは浦島亀一が真犯人であることを突き止めます。

 

しかしエイジは浦島亀一を殺しませんでした。

浦島亀一が持つ悪意のバトンを繋ぎたくなかったからです。

もしエイジが養父を殺せば、悪意が悪意を呼び、さらにその連鎖は続いていく。

こう考えたエイジは、悪意の連鎖を断ち切るために浦島亀一を殺すことはありませんでした。

ebookjapanなら「親愛なる僕へ殺意を込めて」を50%OFFで読める!

以下の記事では「親愛なる僕へ殺意を込めて」の単行本を安く読めるサービスをご紹介しています。

最もオススメなのはebookjapan。

無料登録するだけで、6回の買い物使える50%OFFクーポンをもらうことが可能。

このクーポンを使うことで「親愛なる僕へ殺意を込めて」を安く読むことができますよ!

まとめ

この記事では「親愛なる僕へ殺意を込めて」のLL事件の真犯人やLLの正体を解説しました。

  • LL事件の犯人は、エイジの養父である浦島亀一であり、LLの正体は浦島亀一
  • 浦島亀一はエイジの実父である八野衣真に罪をかぶせた
  • 痛覚麻痺になった浦島亀一は、生きている実感を得るために連続殺人を犯した
  • 悪の連鎖を断ち切るために、エイジは浦島亀一を殺さなかった

「親愛なる僕へ殺意を込めて」は読むたびに印象が変わり、そのたびに違った感想を持つことが出来ます。

ぜひ一度、マンガを手に取ってみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました