ドクターストーンのスイカが大人になるのは何話?7年後どうなるのか解説

Dr.STONE(ドクターストーン)

マンガ「ドクターストーン」に登場するスイカ。

石神村のマスコット的存在です。

そんなスイカは、全人類が2度目の人類石化光線によって石化したことをきっかけに大人に成長します。

この記事では7年の月日をかけ、スイカがどう成長したのか?

どうやって石化を解いたのかを解説していきます。

 

「ドクターストーン」スイカが大人になるのは何巻何話?

結論から言うとスイカが大人になるのは「原作22巻196話/ひとりぼっちのサイエンティスト」からになります。

スイカが大人になるのは22巻196話

「22巻192話/また逢う日まで」で全人類が再び石化光線によって石化してしまします。

そして1人生き残ったスイカは復活液を知識ゼロの状態から作りあげます。

「196話とりぼっちのサイエンティスト」でついに千空を復活し少女から大人になったスイカと対面します。

 

なおスイカのかわいい魅力については、以下の記事で詳しく解説しています。

子どもだったスイカが大人になるまでの経緯を解説

全人類が石化し救えるのはスイカのみ。

石化を解除するための復活液はすべて使い切りスイカだけで1から復活液をつくるしか仲間たちを助ける手段はありませんでした。

自分ではみんなの役に立っていないと言っていた少女が7年の月日をかけて知識0から仲間のために奮闘する感動ストーリーです。

アラシャでの最終決戦で多数の犠牲者が出る

アラシャ編でのアメリカとの全面戦争で千空たちの武器は刀や槍など近接武器が多くアメリカ勢の持っている重火器には歯が立ちませんでした。

通信機の破壊するために挑んだコハク、司、氷月は肉弾戦では上位の実力があるが銃が相手ではその強さも通用することなく目的の通信機は破壊するも銃で撃たれ負けてしまいます。

 

その勢いでアメリカ勢はDrゼノのいる千空たちの元に現れ大樹、龍水も銃で撃たれてしまいます。

コーンシティでメデューサが発動し全人類が石化

時を同じくしてコーンシティで石化装置「メデューサ」の修理に当たっていたジュエル。

ジュエルによって完璧な状態のメデューサを完成させアメリカ軍の妨害によって陽、モズなどが負傷してしまいますが、ジュエルの機転によって全人類石化光線を発動させます。

復活液を浴びたスイカが復活

全人類が石化し辺りには木々が生い茂り何十年もの時が経ちます。

千空が用意した人力の復活装置によって、スイカ1人だけが石化から解除されます。

1人復活したスイカが自力で復活液を作る

1人ぼっちになってしまったスイカは食料もなく頼る人もいない状況で泣いてしまいます。

しかし千空も最初は1人誰も起きないかもしれない状態から復活液をつくったことを思い出し誰かが復活液を持っていないか探しに行きます。

石化したみんなを見つけだしますが復活液はなく、持っていたのは復活液のレシピ。

 

3通りの方法がありレシピ①②は技術があればすぐに作成することができスイカも挑戦しますがうまくいきません。そして時間はかかるが確実にできるレシピ③に挑みます

その方法はうんちと植物の灰を1年かけて混ぜてできる硝酸も作る方法でした。

千空らが復活したのは石化から7年後

そんな中、7年の月日をかけてスイカはついに復活液を作ることに成功。

そして初めに復活させたのは千空でした。今のスイカでは1つの復活液を作るのに何年もかかってしまいます。

 

そんな中、千空は1日で復活液を作成してしまいます。

そして16人分の復活液をつくりついにスイカたちはアメリカ勢に勝利したのです。

7年後のスイカは大人の女性に

スイカの見た目はコハクと同じ年くらいになり見た目はコハクと同じように歌姫リリアンワインバーグに似た容姿です。

髪の毛も少し伸び、身長もコハクたちと変わらないくらいになっています。

7年後のスイカは推定17歳

スイカの初登場時は9歳で千空たちとアラシャで石化するまでに1年間一緒に過ごしていました。

そして石化から解除するのに7年かけています。

なので現在のスイカの年齢は17~18歳だと推測されます。

実際には千空たちと会ってからアラシャ編までどれくらいの時間を過ごしているかは明記されていないので推測になります。

立派な科学屋になっていた

スイカは7年の時を経て立派な科学屋になりました。

科学に興味が出たスイカはその後さまざまなことに興味を示します。

物語後半ではクロムと協力してさまざな科学を学んでいきます。

まとめ

  • 全人類は再び石化
  • スイカは1人ぼっちで1から復活液を作成
  • 7年の時を経て幼女から美少女へと成長
  • 千空たちはアメリカとの戦いに勝利

幼かったスイカが科学知識のない所から1つのメモを頼りに硝酸をつくります。

はじめは1人ぼっちになり寂しくて泣いてしまいますが千空たちとの再会を夢見て孤軍奮闘します。

文明が滅んだ世界、1人で生きていくのも過酷な状況の中で9歳の女の子が1人で硝酸をつくることがどれだけ大変なのか想像を絶するほど困難なことなのではないのでしょうか?

スイカのひたむきにみんなの役に立とうとする姿に感動しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました