マイホームヒーロー石井信は死亡する?正体や目的についても解説

マイホームヒーロー

「マイホームヒーロー」6巻49話、鳥栖零花にモテ期が到来します。

4人の若い男性が同時に零花に接触してきたのです。

今回注目する石井信(いしいしん)も零花の前に現れた男性の一人。

ノリが軽く饒舌(じょうぜつ)で、イケメンの大学生です。

そんな信とは何者なのでしょう?

今回は石井信の正体と目的。

また信が死亡するかについて解説します。

 

「マイホームヒーロー」石井信の正体と目的を解説

6巻49話、友達からの紹介で零花の前に姿を表した石井信。

敬央大学の学生だと言います。

50話では、信は零花と一緒にライブに行きます。

そんな信とは一体何者なのでしょう?

石井信の正体

結論を書くと、石井信の正体は窪が所属する半グレ組織の見習いメンバーです。

本名は小泉。

役者を目指す信は芸能事務所のオーディションを受けますが、落ち続けていました。

そんな信を引き上げたのが半グレ組織の竹田。

竹田は信の演技力を評価して、組織にスカウトしたのだと思われます。

信はヒモとして飼われていた女と別れ、組織に加入し、零花の元に送り込まれます。

学生証を盗み石井信に成りすましていた

初対面で敬央大学生と零花に名乗った信ですが、敬央大学の学生ではありませんでした。

組織は本物の石井信から学生証を購入して、学生証の写真を偽造。

信に敬央大学生を名乗らせたのです。

女に食わせてもらいながら、芸能事務所のオーディションに落ち続けていたのですから、信(本名・小泉)は学生ではなくフリーター、あるいは無職なのかもしれません。

石井信の目的

石井信の目的は鳥栖零花に近づき、情報を引き出すこと。

そして半グレ組織から報酬を得ようとしていました。。

「マイホームヒーロー」第1部、和服の鳥栖という呉服屋から金を奪うために、半グレ組織は麻取延人を零花の彼女にして、呉服屋についての情報を引き出そうとします。

 

第2部になると、和服の鳥栖と零花の状況は変化します。

鳥栖家(歌仙の実家)は零花を5億円以上の遺産相続人に指名したからです。

半グレ組織は信を送り込み、零花に接触させ、零花から金についての情報を引き出し、いずれは金を奪おうとしていました。

信はいわばスパイのような存在ですね。

金井により石井信の正体が暴かれる

石井信が半グレ組織のメンバーであることが明らかになったのは7巻58話。

金井憲広が電話をかけてきた間島恭一に「信が半グレだ」と伝えます。

金井とは恭一のかつての友人。

麻取延人殺しの罪を着せられて捕まったものの、組織から逃げ出した恭一は、金井の家に身を寄せます

恭一から話を聞いた金井は、鳥栖零花を救えるのは自分だと考えて上京し、零花と同じボクシングジムに通い始めます。

すると金井は零花のことが好きになってしまいます。

しかし金井は半グレ組織に拉致され、暴行を受けることに。

暴行の最中に恭一から金井の携帯に電話があり、金井は恭一に信の正体を伝えたのです。

恭一は信の殺害を哲雄に命じる

半グレ組織は金井を殺害すると、死体を金井のアパートの風呂場に運び、事故死に見せかけます。

その後、金井の遺体を確認した哲雄の携帯に恭一から入電。

金井の死を知った恭一は、俺は組織をつぶすから、お前は娘を守るために信を殺せ、と命令するのでした。

 

「マイホームヒーロー」石井信は死亡するのか

石井信が死亡するかについて解説します。

石井信は死亡する?

結論を書くと、単行本18巻終了時点で石井信の生死は不明です。

死亡した描写がないので、石井信は生きていると考えられますが、はっきりしたことはわかりません。

ですが、信には1度死亡危機があるので解説します。

金井の通夜参列を口実に零花を連れ出す

金井憲広が組織に殺されると、金井の通夜に参列するという口実で、信は零花を連れ出すことに成功。

信と零花は新幹線で、金井の実家がある新潟に向かいます。

もちろん通夜が執り行われるというのはウソで、信は零花を口説き落とし、組織から報酬をもらうつもりでいました。

一方の零花は、哲雄から信は偽物であることを知らされます。

零花は騙されたフリをして、信と一緒に新潟行きの新幹線に乗車。

また信と零花を追って、哲雄と小沢謙信も1本後の新幹線で新潟に向かいます。

高崎で途中下車し観光へ

哲雄が追ってくることを知った信は、観光を理由に高崎駅で下車。

哲雄たちも高崎で新幹線を降りて、零花たちの後を追います。

森の中で信は零花を拘束

お互いに駆け引きをしながら観光地を巡る信と零花。

信が半グレ集団とつながっている証拠をつかむために、信のスマートフォンを盗み、森の中に逃げ込みます。

しかし零花は信に捕まり、森の中で拘束されることに。

その後、信はレンタカーを借り、零花を乗せて運ぶことにします。

信は鳥栖洋二に捕まってしまう

しかし信は鳥栖洋二に捕まってしまいます。

鳥栖洋二とは、鳥栖歌仙の従兄弟であり、カルト教団の教祖・鳥栖郷一郎の甥。

ヤクザでもある洋二は、カルト教団の村を外敵から守る役割をしています。

 

カルト教団にとって、鳥栖零花は未来のオガミメであり、信者たちの信仰の対象になる人物。

そんな零花を半グレ集団の自由にさせるわけにはいきません。

そのため洋二は零花を守るために、信の身柄を押さえ、車でどこかに運び去ります(8巻69話)。

ヤクザに連れ去られたのですから、信にとっては死亡危機でした。

信は教団に洗脳されていた

鳥栖洋二に連れ去られた石井信は13巻109話で再登場し、生存が確認されます。

このとき鳥栖家から金を奪うために、半グレ組織がカルト教団の村を訪問。

組織の窪は、教祖の鳥栖郷一郎と話をします。

すると「お久しぶりです。皆様方」と半グレのメンバーにあいさつしたのが信でした。

教団に洗脳されていた信は、教団が運営する村のすばらしさを半グレに話しますが、反対にぶん殴られてしまいます。

その後の信の消息は不明。

死ぬ描写はないので、生きていると思われますが果たして・・・。

 

まとめ

石井信の正体や目的、死亡するかについて解説しました。

  • 石井信は半グレ集団の見習いメンバー
  • 演技力を見込まれ、竹田にスカウトされる
  • 目的は鳥栖零花に近づき、情報を得ること
  • 信は鳥栖洋二に捕まり、死亡する危機があったが、その後生存が確認されている

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました