名探偵ピカチュウはトラウマになるほど怖い?気持ち悪いのはリアルすぎるから?

2019年公開の劇場版映画「名探偵ピカチュウ」は賛否両論がある作品でした。

「かわいい」を期待して映画館に足を運んだのに「怖い!」「気持ち悪い!」と感じて帰った方が多かったようです。

「トラウマになる」という声もあるとかないとか?

かなりリアルな実写版であることが「怖い」「気持ち悪い」と言われてしまう理由のようです。

そこでここでは「名探偵ピカチュウ」はそれほど怖くて気持ち悪いのか、ネットの声を元に考えていきます。

「名探偵ピカチュウ」はトラウマになるほど怖い?気持ち悪いかについても

実写版「名探偵ピカチュウ」の映像はとてもリアルで、現実?と錯覚するほどのレベルにありました。

進化したCG技術のおかげでリアルな映像が実現したわけですが、リアルすぎて「怖い!」「気持ち悪い!」の声が続出しました!

ここでは口コミをご紹介しながら「怖い」「気持ち悪い」と感じる理由を考えていきます。

ポケモンに「毛が生えている」から怖い!

まず目についたのはピカチュウに毛が生えていること。

アニメやゲームのピカチュウはツルツルなのに、実写版では動物のような毛が生えているため、抵抗を感じた方が多かったようです。

中には下のツイートのように「ふさふさピカチュウかわいい!」という声もあります。

でも長年アニメで見慣れている方は、ふさふさの毛が生えたピカチュウは「気持ち悪い」と感じたかもしれません。

特に多くの方がゾッとしたのは、ピカチュウが一度死んだときに水でびしょ濡れになったシーンではないでしょうか。

雨に濡れたワンちゃんみたいにしわしわになったことにかなり違和感があり、「気持ち悪い」と感じた方がいたようです。

ベロリンガ・バリヤード・エイパムが怖くてトラウマになる!

ベロリンガ、エイパム、バリヤードなど、登場するポケモンたちが怖い!という口コミも多数ありました。

まずはベロリンガが怖いという口コミ。

主人公ティムが電車に乗ったシーンで登場するベロリンガですが、大きいベロが出た瞬間、私もゾッとしてしまいました(笑。

ティムの顔を舐めたときの舌の動きや唾液の描写が写実的(?)で気持ち悪かったです!

 

次にバリヤードが怖いという口コミ。

実写版のバリヤードは顔の表情がやけにリアル。

ただリアルでかわいければ問題ないのですが、かわいらしい要素はまったくなく、「怖すぎてトラウマになりそう」という声が多かったです。

 

最後にエイパムが怖い、キモい、トラウマになるという口コミをご紹介します。

映画の前半、エイパムは紫のガスをかけられると突如凶暴化になり、ティムたちを襲います。

しかも1匹ではなく大量出現して襲ってきたので恐ろしいほどでした。

就学前の子どもが見たら夢に出てくるほど怖いに違いありません!

なぜ「名探偵ピカチュウ」には怖い・気持ち悪いの声が多いか考察

ここまでご紹介したように実写版「名探偵ポケモン」には「怖い」「気持ち悪い」「トラウマになる」という声が少なくありません。

これには2つの理由があると個人的に考えています。

  1. CGの高い技術をもとにリアルさを追求したから
  2. 大人が楽しめる内容にしたから

「気持ち悪い」とか「怖い」という声があるのは、映像がリアルだからですが、リアルな映像を可能にしたのはハリウッドの高いCG技術です。

高いCG技術でよりリアルな映像を作り、観客を楽しませようとしたことで「気持ち悪い」「トラウマになる」という声が上がったのでしょう。

また「名探偵ピカチュウ」は子どもよりも大人が楽しめるように作ってあることも「怖い」「気持ち悪い」という感想につながっています。

大人向けなら多少怖いものにしても大丈夫だろう、という判断でリアルな映像にしているのだと感じます。

ただ大人が楽しみつつ、子どもにもわかりやすいストーリーにすることでバランスを取っていた印象があります。

「名探偵ピカチュウ」にはかわいい!との声も

「名探偵ピカチュウ」はかわいいという口コミ

「怖い」「気持ち悪い」など否定的なコメントが見られる「名探偵ピカチュウ」ですが、逆に「かわいい」という声もあります。

ここでは「名探偵ピカチュウ」がかわいいと感じた方の声をご紹介します。

コダックがかわいいと感じた方も多いです。

「気持ち悪い」「怖い」と感じる方がいる一方で、「かわいい」という声もかなり多く見つかりました。

「名探偵ピカチュウ」はどの辺がかわいい?

海外の口コミもご紹介します。

「名探偵ピカチュウ」がかわいいと感じる大きな理由は、リアルな画像を可能にした高いCG技術にあります。

高い技術が「気持ち悪い」の声にもつながるのですが、同時に「かわいい」という声にもなっているのです。

別の理由としてポケモンたちがライムシティに実際に存在しているように感じたということがあげられます。

小さい頃夢中で遊んだポケモンたちがスクリーンのいたる登場するのはまるで夢の世界のよう。

彼らは本当に生きているみたいに表情が豊かで動きもかわいく、愛嬌もある。

画面の隅の方にいるポケモンを探すのも楽しいですよね。

このように感じた方は「名探偵ピカチュウ」を見て「かわいい」と感じたのではないでしょうか。

まとめ

この記事では「名探偵ピカチュウ」は怖い、気持ち悪いと感じる理由を取り上げました。

  • 「気持ち悪い」を感じる理由の一つはピカチュウに毛が生えているから
  • 登場するポケモンのリアルさも「気持ち悪い」「怖い」と感じる理由
  • 大人向けに設定したことも怖いという口コミにつながっている

一方で映画を観て「かわいい」と感じる方もいました。

  • 高い映像技術がポケモンたちをかわいくしている
  • まるで現実世界にポケモンたちがいるように感じることも「かわいい」と感じる理由

否定的な意見と同時に高く評価する声もあり、賛否が分かれましたね。

個人的にはこのくらいリアルで、気持ち悪かったり怖いところがあってよかったと思っています。

怖くてトラウマになったと感じた方には申し訳ないですが(笑。

最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました