ゴーストライダーの映画はつまらなくて駄作?面白いという感想と口コミや評判まとめ

映画

2007年公開の映画「ゴーストライダー」。ドクロの顔をしたダークヒーローが戦う姿を描いたホラーアクション映画です。

アメリカでコミック作品を映画化するとどんな感じになるのか興味があったので見ましたが、かなり楽しむことができました。

ただどんな映画でもおもしろいという声があれば、「つまらない」という感想もあります。

ここでは低評価の口コミにも注目して映画「ゴーストライダー」の口コミ・評価を検証します。

「ゴーストライダー」の総合評価は?

まず大手サイトで映画「ゴーストライダー」の総合評価を調べました。

Amazonのカスタマーレビューでは5点満点中3.6。DMMでは5点満点中3.25。

すごく高いというわけではありませんが、まずまずの評価がされていますね。

ただ気になったのは「かっこよくて見ごたえがある」「子供たちと一緒に楽しめた」など高評価がある一方で、「設定がめちゃくちゃ」「演技もアクションもがっかり」「ヒーローなのにかっこ悪い」など低評価の口コミも少なくないことです。

そこでさらに「ゴーストライダー」口コミを低評価、高評価に分けて詳しく見ていきます。

「ゴーストライダー」はつまらないなど低評価の口コミ

設定・展開が意味不明

B級とか作とかの域ではない

とにかく始まって5分で無理だと思ったらそのまま1時間は同じように無理が続くので見るのはやめたほうがいい

1点だけ感心したのはこれほどひどい映画なのにニコラスケイジが全力で演技している

台本見たうえでよく引き受けただけでなく全力で芝居しているのにはびっくりした

引用元:https://www.amazon.co.jp/

あまりにも弱い!! ブラックハートと3人のしもべたちは四天王的なポジションのはずなのに 雑魚キャラですよと言わんばかりにあっさりとゴーストライダーに屠られていきます。 そのせいか、すっかすかなアメコミ映画だなーという感想が残ってしまいました。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

さて、ヒーローの話ですが、これは正義の味方というよりかはダークヒーロー。悪魔のヒーローであり敵にも味方にもなりえると思います。今回のこれ、あまりにもゴーストライダーが強すぎて敵がちゃちに見えます。全員強いはずなのにゴーストライダーの手にかかればちょちょいのちょいです。軽いおつまみ感覚でサクサクと四天王的なヴィランを倒してゆきます。トリを務める大ボスも案の定目を見られたら終了。もっとアクションが見たかったんですが…ライダーと言う割にはそこまでバイクアクションがあったわけでもなく…

引用元:https://www.amazon.co.jp/

ご紹介しきれませんが、つまらないなど低評価の口コミには

  • メフィストと契約するところの設定がおかしい
  • 悪魔(敵)が弱すぎ
  • バイクアクションが生きていない
  • ニコラス・ケイジじゃなくてもよかった

などの声が目につきました。

個人的にはこの映画がつまらないという感想があるのは、その設定に理由があると感じています。

映画序盤で主人公JBとメフィストが契約し、JBは魂を売り渡します。そしてほぼ強制的に悪魔と戦わざるを得なくなります。

しかし心までは売り渡していないので、完全に悪になるわけではありません。

元恋人を守ろうとするし、映画の最後には契約したメフィストに対して「この力でおまえを倒す」「おまえを倒すまで復讐の鬼となり、火には火を持って戦う」とまで言っていますから。

JB(ゴーストライダー)をダークヒーローとしてすんなり受け入れてしまえば楽しく見られるでしょう。

しかし設定に疑問を感じると「つまらない」という感想になってしまうかもしれません。原作がコミックなので、そこまで設定にこだわる必要なく、楽しんで映画を鑑賞すればいいのかもしれませんが。

ただ「つまらない」という感想がある一方で、高評価の口コミは多くあります。

「ゴーストライダー」の高評価の口コミ

最高にかっこいいです(ニコラスほとんど出ていないけど…) シュワさんのエンド・オブ・デイズのような 90年代映画のヒーローのイメージですね(ニコラスほとんど出てないけど…) 最初の変身のシーンで(‘;ω;`)か…髪がぁ!って声が聞こえた気がしました… ず~っと見たかった作品ですが、 難しい事考えずに楽しめる良作だと思いました。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

この映画の楽しみはゴーストライダーのかっこよさ。これに尽きます。
姿、バイク、セリフ、戦闘シーン、精神、全てがカッコいいです!
とりあえずこのキャラの見た目がカッコいいと思って何気なく見始めてみると気づいたら映画終わってます笑

引用元:https://www.amazon.co.jp/

ニコケイがどーも頼りがいのないルックスにもめげず、瞬時に炎でメラメラの地獄の鬼に変身!!
ほんで、メラメラバイクで爆走!!
かっちょいー!!
敵さんとか一応出てきますが、メラメラの骨オトコさんはあんまし興味ないんです。
バトルとか仕方なくこなしてるだけで、目的は爆走ですね。
間違いないです。

監督も爆走シーンの演出に命かけてました。

やっぱゴーストライダーだし、走ってナンボですよね。いい映画。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

「ゴーストライダー」の高評価の声には

  • ヒーローがかっこいい!
  • バイクのシーンがおもしろかった!
  • 単純に娯楽映画として楽しい!

などが目立ちました。

特に細かい設定にこだわらず、アクションホラームービーを純粋に受け入れられる方は高い評価をしているようです。

ゴーストライダーの感想

ここからは「ゴーストライダー」を見た私個人の感想です。

大物俳優ニコラス・ケイジ主演と言っても、いかにもB級感漂う映画だったのでまったく期待せず視聴。

その割にはまあまあ楽しめた映画でした。

ニコラス・ケイジがバイクでぶっ飛ばすシーンは様になっていたし、敵(悪魔)との対決シーンの映像もまずまず。
ゴーストライダーの目を見つめると、これまで犯した罪がすべて自分に降りかかる 「贖罪の目」という必殺技もおもしろかったです。

ただ一方で荒さも目につきました。

半ば強制的に悪魔に魂を売り渡されて戦う力を手に入れたり、その結果悪魔との戦いを強制されたりと設定はめちゃくちゃ。

燃える骸骨というキャラももう少し何とかできなかったのかな、と感じました。
せめて魂を悪魔に売り渡した主人公の心に葛藤を細かに描けば、もう少し面白くなったのではと感じています。

ただ原作はコミックなので、そこまで期待する方がムリなのかもしれません。

熱い正義の心を持ったダークヒーローはそれなりにかっこよく、DVDで見るには十分に楽しめる映画でした。

まとめ

ニコラス・ケイジ主演「ゴーストライダー」の口コミ、評価についてまとめました。

一部に「つまらない」という感想がありますが、総合的にはまずまずの評価です。あまり期待しないで見ると結構楽しめます。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ゴーストライダー2の青い炎にはどんな意味がある?前作との矛盾点、感想も合わせて
第1作目のヒットを受けて2012年に公開された「ゴーストライダー2」。 前作に続いてニコラス・ケイジが主人公ジョニー・ブレイズを演じています。1作目と同じく派手なCGとアクションで、エンターテイメント性あふれる映画になっています。 とこ...
ローグアサシンのトム(ローグ)の目的は何?ラストの会話の解説も合わせて
2007年公開のアメリカのアクション映画「ローグアサシン」を見ました。 ところどころツッコミどころが満載で、吹き出しながら最後まで見ました。 とはいってもラストのどんでん返しになるほど!と感じられたので、まずまず楽しめた映画でした。 ...
タイトルとURLをコピーしました