ドラマ、映画、アニメ、読書、雑学など徒然なるままに綴っています。

三度目の殺人の結末の器が意味不明でわからない!犯人は誰かについても考察

 
この記事を書いている人 - WRITER -

是枝裕和監督の「三度目の殺人」について考察します。

この映画にはわからないことがたくさんあり、鑑賞後のダメージが大きいです。

スッキリせず、モヤモヤ感が残ります。

わからないことはいくつもありますが、ここでは結末で重盛(福山雅治)が言った「あなたはただの器?」を取り上げます。

「器」にはどんな意味があるのか考察します。

また犯人が誰なのかについても考察します。

 

三度目の殺人の結末の器の意味が不明でわからない!意味を考察

 

映画の結末で死刑判決を受けた三隅(役所広司)に重盛(福山雅治)が接見します。

そこで重盛は「あなたはただの器」と言います。

ここだけ見ると「器」の意味はわかりません。

しかしこの「器」には伏線がありました。

結末の「器」の伏線はどこに?

「三度目の殺人」の結末の重盛の「器」というセリフの伏線は北海道の刑事のセリフにあります。

重盛と後輩弁護士の川島(満島真之介)が、三隅が30年前に殺人事件を起こした北海道の留萌に調査に行きます。

地元の炭鉱が閉山し、生活に困窮した地元の人達にヤクザが高利で金を貸したため、金を借りた人たちは苦しんでいました。

三隅は金を貸したヤクザを殺したのです。

留萌に行った重盛たちは当時三隅を逮捕した渡辺元刑事に会い、事件当時の話を聞きます。

元刑事は三隅について

「(三隅)高司自身の恨みとか、憎しみとかはなかったです。それが何だけ不気味というか。なんだか空っぽの器のような

担当弁護士は殺害の動機は怨恨ということで裁判を戦いますが、本当の動機はわかりません。

三隅は捕まったとき駅のホームで空っぽのようにボーッとしていたと言います。

元刑事はその様子や取り調べでコロコロ供述が変わる三隅を見て「空っぽの器」と表現したようです。

「三度目の殺人」の器の意味を考察

ここから「器」の意味について考察していきます。

さっそく私の結論を書きます。

この映画で言う「器」とは、中身のない空っぽの器のような三隅のことを表現しています。

そして三隅は自分に親しい人の感情を受け取り、その空っぽの器がいっぱいする性質ががあることを意味した言葉だと考えました。

私は拘置所にいる三隅を見て、とても人殺しをするようには思えませんでした。

とても淡々としており、感情を表に出すことがないからです。

改めて映画を見直すと、器というの表現がピッタリにように感じます。

ではなぜ重盛が映画の結末で「あなたは器」といったのか、解説していきます。

重盛はそれまでの三隅とのやり取りから、三隅は自分に親しい人の苦しさ、悔しさ、悲しさ、怒りなど負の感情を空っぽの自分の中に取り込むことで殺人を犯した、と考えたと思われます。

繰り返しますが三隅は空っぽの器です。

空っぽの器の中に自分の大切な人の負の感情を取り込んで貯めていきます。

そして器がその感情でいっぱいになると三隅は犯行に及ぶ、と考えたのだと思います。

三隅は自らの意志や感情ではなく、自らの器に他人の感情を入れることで行動しているのです。

空っぽの器がいっぱいになると犯行に及ぶ

三隅は30年前に北海道の留萌で、借金に苦しむ人の負の感情を受け取りヤクザを殺します。

犯行が終わりそれまでたまっていた感情を吐き出すと、三隅はまた空っぽの器に戻ります。

事件の翌日に刑事が駅で見つけたときには、すでに空っぽの器になっていました。

そして今回は咲江(広瀬すず)の悲しさや怒りという負の感情を受け取り、器がいっぱいになったところで山中を殺害したのです。

咲江は三隅に始めて会ったとき、父親から性的虐待を受けていたことを話します。

三隅にはすでに会っていない実の娘がおり、咲江と親しくなっていくうちに咲江を実の娘のように思うようになりました。

咲江が自ら「父親を殺してほしい」と三隅に伝えたのかどうかはわかりません。

しかし咲江から負の感情を受け取ったことで犯行を起こしたと思われます。

そして犯行後はまた元の器に戻りました。

犯行後何度も供述を変える様子や拘置所での様子を見ても、三隅が空っぽの器になったことがわかります。

拘置所で重盛を取り込んでいく三隅

「三度目の殺人」の中で、三隅が自分の器に取り込んだのは咲江の感情だけではありません。

担当弁護士である重森も取り込んでいました。

重森が接見に来た際、三隅がガラスに手を当て重森にも手を当てるように言うシーンがあります。

こうすることで三隅は人が考えていることがわかるのだと言います。

そして「おいくつになったんですか?娘さん」と重森に尋ねます。

重森に娘がいることを言い当てたのです。

まるで超能力かテレパシーのように思えますが、三隅が重森の感情を取り込んだシーンのように見えました。

また死刑判決が出た後の接見の場面で、2人の顔が重なって映し出されます。

あれは三隅が重森を完全に取り込んだことを意味しているように感じました。

そしてラストのセリフ「あなたはただの器?」につながっていきます。

「三度目の殺人」の犯人は誰なのか考察

私の結論を書くと「三度目の殺人」の犯人は三隅です。

共犯はおらず単独犯です。

咲江の感情を受け取り犯行に及んだ三隅

三隅にはタクシーに乗ったときの状況や奪った財布など、山中殺しを裏付ける証拠があります。

犯行直後から自白をしており、誰が見ても三隅の犯行であることは明らかです。

問題は動機ですが、「器」の意味から考えるとわかりやすいです。

三隅は器のような人間で、他人の感情を自分の器に受け取る性質があります。

30年前はまわりの苦しむ人達の感情を受け取り、借金取りのヤクザを殺しました。

今回の殺人も同じように親しくなった咲江の負の感情を受け取り、咲江に代わって山中を殺害したと考えられます。

咲江の犯行は考えられるか?

共犯がいるとすれば咲江ですが、咲江は犯行に関わっているとは考えにくいです。

映画の中で三隅と咲江が返り血を浴びながら山中を殴打し、遺体を焼くシーンがあることで咲江も犯人だと疑ってしまいます。

咲江は父親から制定虐待を受けていたので、父親を殺す動機があるのは確かです。

しかし重森の事務所に行った時や裁判が終わった後の咲江の表情からは、彼女がウソをついているとは思えません。

また三隅と咲江が犯行に及ぶシーンですが、父親を殺したいという咲江の感情を表したシーンだと私には感じられました。

重森が三隅に接見した際「あなたは咲江さんを救うために彼女の父親を殺した。彼女の殺意をあなたが忖度した」と言っています。

この重森のセリフこそが事件の真実である、と私は考えています。

まとめ

「三度目の殺人」の「器」の意味は

  • 三隅が他人の感情を取り込んでいく性質を表現している
  • 咲江の父親を殺したいという気持ちを取り込んだことで殺人を犯した

私は映画を2回、3回とみることでこのような結論を出しました。

小説を読んだりもう一度映画を見ることで、また新しい発見ができるかもしれません。

そういう楽しみ方ができるのもこの映画の持ち味なのかなと感じています。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事:「三度目の殺人」の時系列まとめ!三隅が咲江と出会い死刑判決が出るまで

関連記事:三度目の殺人の生命は理不尽に選別されているの意味は?

関連記事:「三度目の殺人」咲江の足の怪我は嘘なのか?靴の汚れから犯人を考察!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 情報チャンネル , 2019 All Rights Reserved.