「神之塔」ラヘルの正体は?目的や裏切り・悪女や嫌いなど口コミについても

アニメ・マンガ

この記事では「神之塔」に登場するラヘルに注目します!

ラヘルは二十五日の夜と同じくこの作品のメインキャラクターです。

とはいっても夜のような人気はなく嫌われキャラですが(笑。

この記事ではラヘルの正体や目的についてまとめました。

また裏切りや「悪女」「嫌い」と言われる口コミについても解説します。

なおこの記事にはネタバレがあるのでご注意ください。

「神之塔」ラヘルの正体は?どんな人物かについても

「神之塔」は謎が多い作品ですが、ラヘルの正体もはっきりとわかっていません。

ここではわかっている範囲でラヘルの正体やどんな人物かについて解説します。

生い立ち・出生は不明

ラヘルの生い立ち、出生についてはわかっていません。

主人公の夜と同じく、塔に来る前は暗い世界で生活していたと考えられます。

ただラヘルは洞窟の天井の隙間から夜がいた暗い場所に降りてきたことを考えると、夜より広い世界を知っていたことは間違いありません。

ラヘルの両親、出生、生い立ちは今後明らかになっていくと思われます。

ラヘルは夜にとってのすべて

「神之塔」の主人公・二十五日の夜はずっと暗い洞窟のようなところで生活にしていましたが、そこに突然現れたのがラヘルでした。

夜にとってラヘルはすべてといっていい存在です。

第3話にこんな表現があります。

暗い闇の中で彼女は僕の星だった。

彼女は僕に言葉を教えてくれて外の世界について話してくれて

人間の温かさを与えてくれて生きる理由となってくれた

夜にとってラヘルが特別な存在であったことがわかります。

だからこそ空はラヘルを追って塔を登ることを決めたのです。

能力や強さは普通?

作品でのラヘルの様子を見る限り、特別な能力や強さを感じることはありません。

ラヘルのポジションは灯台守りですが、いたって普通ですし、むしろ能力は周りの人たちより劣る印象があります。

しかしラヘルは周りのキャラクターよりはるかに頭が切れます。

どう動けば周りの人間が自分の味方になってくれるか、よく知っています。

言葉もうまく、嘘も平気で、自分より強い人間を次第に味方につけて自分の目的を果たそうとします。

戦う能力自体は低くても、目的を達成するための能力は低くはないキャラクターと言えます。

利用できるものは何でも利用!人が犠牲になることはいとわない

前で解説したことと重複しますが、ラヘルは自分が利用できるものは何でも利用します。

また仲間を裏切ることも平気でやります。

このラヘルの性格・特質は2階での試験(1部)で明らかになります。

「ミシェル・ライト」と名乗って夜に自分の正体を隠したり、自分のことを信頼していた夜を蹴落として次の階に登ろうとしたり。

また足をケガして歩けないと偽り、周りの人間に手伝わせて次の階に進もうとしたり。

この偽りは後にクンに見破られますが、ラヘルは利用するものは何でも利用しますし、自分が目的を成し遂げるためなら他人が犠牲になっても構わないと考えています。

これも能力といえるかもしれませんが、なんとも恐ろしい人物です。

選別者か非選別者か?

ラヘルは非選別者であると考えられます。

2階で行われたクラウンゲームで、ラヘルはエンドロシとデカイ奴(名前は不明)とチームを組みましたが、試験官のクォントが「このメンバーには非選別者とザハードの姫がいる」と言っていました。

ラヘル=非選別者、エンドロシ=ザハードの姫、デカイ奴=選別者、となるのでラヘルは非選別者と考えることができます。

また27話にある「ひと目見てこいつとは戦わないほうがいいと感じたのでチームを組んだ」「私たちとは違う世界から来た人」というエンドロシのセリフからも、ラヘルがイレギュラーな存在であることがわかります。

これらのことからラヘルは選別者ではなく、非選別者と考えて間違いないでしょう。

ラヘルが塔を登る目的

ラヘルは塔を登る理由について

昼には青い空、夜には星の光が見られるって・・・

だから私はのぼるの

もうこんな暗い世界・・・うんざりなの

神之塔第1話

と語っています。

またカレンに「ここまでして星が見たい理由はなんだ?」と聞かれたときには

夜が怖いから

神之塔77話

と答えています。

言葉通りに解釈すればラヘルが塔を登る目的は単純でわかりやすいです。

でももっと深い目的や理由があるのでは、と考えてしまいます。

今後話が進む中でその目的は明らかになるはずなので、わかり次第追記します。

ラヘルの裏切りと「悪女」「嫌い」の口コミ

ラヘルの裏切り

前に書いたように、ラヘルは自分の目的を達成するためなら平気で嘘をつきますし、他人を裏切ります。

ラヘルの最も大きな裏切り行為は、2階での最後の試験「潜魚狩り」で夜を裏切ったことです(74話)。

この試験でラヘルと夜は神之水の玉に包まれ水の中に放たれますが、最後にラヘルは夜を突き飛ばして、神之水の玉の外に出してしまいます。

ラヘルは洞窟にいるときから「人を裏切ってはいけない」と夜に教えていましたし、夜はラヘルだけを信じてきました。

ラヘルはそんな夜を裏切ることをしたのです。

ラヘルに対して「悪女」「嫌い」の口コミ

夜を裏切ったラヘルに対しては「悪女」「嫌い」という口コミが多数あります。

ラヘル最低。嫌い。ブサヘル。

ここからラヘルの悪女っぷりが始まった

このようにラヘルの裏切りに対しては否定的な声が多数あります。

ただその一方で、ラヘルについてわからないことがあるから「憎みきれない」という声もあります。

とはいえラヘルについては否定的な声がほとんどですね(笑。

夜やクンとは大違いです。

信用してくれていた夜を裏切るのですから当然ですが、こういう悪役キャラがいるから物語は面白くなるんですよね。

今後のラヘルに注目しましょう!

まとめ

ここでは「神之塔」のラヘルに注目しました。

  • ラヘルの生い立ちや出生はわからない
  • 夜にとってラヘルはすべてだった
  • 能力や強さはそれほどでもないが、周りの人間を味方につけるのが得意
  • ラヘルは利用できるものは何でも利用し、人が犠牲になることもいとわない
  • ラヘルは非選別者
  • 塔を登る目的は「星を見たい」ためと言っているが、別の目的も考えられる
  • ラヘルは「潜魚」の試験で夜を裏切った

設定や登場人物に謎が多い「神の塔」ですが、ラヘルについてもわからないことが多いです。

ただそれが魅力になっていることも確かです。

2020年4月開始のアニメも楽しみですね

最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました