「神之塔」夜の正体は?強さや能力・ラヘルとの関係についても

アニメ・マンガ

神之塔」はこれまで28カ国語に翻訳され、日本でも2018年からLINEマンガで人気を博しているファンタジー作品です。

2020年春には日米韓でアニメ開始ということで注目が高まっています。

ここでは「神之塔」の主人公・二十五日の夜を取り上げます。

登場人物、設定など複雑で、謎も多く、ストーリーを理解するのも大変なこの作品ですが、主人公の夜についてもわからないことが多いです。

ここでは

  • 夜の正体
  • 第1部(79話まで)でも夜の強さや能力
  • 夜とラヘルとの関係

について解説・考察していきます。

なおこの記事にはネタバレがあるのでご注意ください。

「神之塔」二十五日に夜の正体は?どんな人物かについても

結論から書くと「二十五日の夜」の正体についてはっきりしたことはわかりません。

ここでは明らかになっている範囲で夜について書いていきます。

二十五日の夜は非選別者

二十五日の夜は非選別者です。

塔に入ってくる人物は

  • 選別者:塔に選ばれて入ってくる人間
  • 非選別者:塔に選ばれず、自ら塔の扉を開けて入ってくる人間

に分類されます。

塔に入っているほとんどが選別者で、夜のような非選別者はごく稀です。

夜が非選別者であることは第2話でユリが「下層階に非選別者だって!それも自ら扉を開けてね!」というセリフや、エヴァンの「すばしっこそうですけど体も小さいし混血ってわけでもなさそうですし・・・何よりいままでの選別者から感じたあの奇妙な力を一切感じません」というセリフからわかります。

また58話でも夜自身が「僕は非選別者ですから」と言っていることからわかります。

これ以外にも夜が非選別者であることを示唆している描写があるので、夜は非選別者と言って間違いないでしょう。

なお非選別者は塔のルールに外れた存在で災いをもたらすことから、塔の住民からは忌み嫌われています。

生い立ちは不明

二十五日の夜にどんな生い立ちがあるのかは不明です。

二十五日に生まれたので二十五日の夜と名乗っていることだけははっきりしています。。

しかし両親はだれなのか、どこで生まれたのか、幼少期どんな生活を送っていたのかなどについてはわかりません。

真っ暗な場所で生活していた様子も描かれていますが、その場所がどこなのかについてもわかりません。

夜の生い立ちや出生についてはわからないことばかりです。

一見普通だが特別な能力を持っている

夜の見た目は普通です(笑。

シーンによっては「かわいい!」「かっこいい!」などと感じる方もいるかも知れませんが、少なくとも外見は普通の男子です。

エヴァンが最初に夜を見たときの印象も「見た目ちょー普通」でしたし(2話)、クンも「特別なとこなんて一つもなさそうなやつなのに」という第一印象を持っていました(6話)。

 

そんな夜ですが特別な能力を持っています。

能力についてはあとで詳しく解説しますが、1階で20階以上レベルの試験をクリアしていますし、その後もしばしば闘いの場で特別な能力を見せています。

非選別者は並外れた力を持っているため、塔に混乱や変化をもたらしてきましたが、夜も非選別者であるため選別者とは違った並外れた能力をもっていると考えられます。

なお夜のポジションは波使いです。

誰からも好かれる性格

夜は誰からも好かれる性格です。

最初は「こいつは使える」と考えて近づいてきたクンですが、夜と過ごすうちに次第に夜を応援するようになりますし、ラーク(ワニ)も夜のことを「俺の獲物」と言いつつ夜を応援するようになります。

またホーは夜の能力と同時に、夜が皆から好かれていたことにも嫉妬していたようです。

さらに夜は女性陣からも人気があり、特にエンドロシからは好意を寄せられているようです。

のちにFUGに利用される

ここからはかなりのネタバレになります。

夜は第1部の最後にラヘルに裏切られると、FUGと呼ばれる塔の犯罪組織に利用され孤独で辛い生活を送ることになります。

しかしその後FUGから抜け出すことに成功し、再び塔を登るようになります。

ただこの話がアニメで描かれるとしてもずっと先のことなので、最初は知る必要はないでしょう。

「神之塔」夜の強さや能力を解説

ここでは「神之塔」第1部(79話まで)の二十五日の夜の強さや能力を解説します。

戦う勇気がスゴい

夜は戦う勇気がスゴいです!

塔の1階、夜は管理人のヘドンから神海魚のそばにあるボールを割る試験を課せられます。

黒の三月という武器は持っていましたが、どう猛な神海魚と戦うなんてとても無理な話です。

しかし夜は逃げることなく自ら神海魚に飲み込まれ、中から神海魚を攻撃します。

非選別者として選別者とは違う能力があるとはいえ、簡単にできることではありません。

争い好むタイプではありませんが、いざ戦うとなると夜はスゴい勇気を発揮します。

神之水の影響を受けにくい

夜は神之水の影響を受けにくい能力(体質)を持っています。

これは第9話で試験官のレロ・ローが神之水の膜を選別者たちに浴びせたとき、夜だけが吹き飛ばされなかったときに明らかになりました。

神之水は塔の中で呼吸をしたり水分補給したりするのに必要ですが、中には密度の高い神之水が体質に合わない者がいます。

それらの者は試験で落とされるのですが、夜はローから不意打ちで神之水の膜を浴びせられても跳ばされませんでした。

このことから夜は神之水の影響を受けにくく、塔での生活に合っていることがわかります。

自分が受けた技をすぐに真似できる

48話、夜はクォントに神之水を使ったある技を受けますが、たった1度その技を受けただけですぐにマネをしてホーからラヘルを救い出します。

ランカーであるクォントが習得するのに十数年かかった技を一度受けただけでマネできたのですから、夜は恐るべき才能を持っていると考えられます。

また35話で夜は、神之水の使い方について「あなたの才能は塔を登る者なら誰しもが羨む」とユガから高い評価をされています。

ユガが2年かかってマスターして天才と呼ばれたのに対して、夜はたった2週間でそれをマスターしたからです。

これらのことからも夜がすばらしい才能を持っていることがわかります。

「神之塔」夜とラヘルの関係:ネタバレあり

夜にとってラヘルがすべて

暗い洞窟のようなところで他の誰とも接することなく生きてきた夜にとって、崩れた天井から落ちてきたラヘルはすべてでした。

洞窟の天井から見えるわずかな光の向こう側から夜に会いに来たのはラヘルだけです。

もしラヘルが来なければ夜は洞窟の中でたった一人のままで、誰とも会話をすることもありませんでした。

だから夜にとってラヘルはすべてで、ラヘルがどこに行こうとも夜はついて行こうと決めました。

夜はラヘルに裏切られる

夜はラヘルと塔を登っていきますが、2階での最終試験の最中にラヘルに裏切られ、あやうく殺されかけます。

夜はそれまでラヘルを疑うことはなく、裏切られた後は「この感情が何なのかわからない」「どうしてラヘルが僕を裏切ったのか?」と話していました。

なお1部(78話まで)ではラヘルがなぜ夜を裏切ったのかについては書かれていません。

その後2人は別々に塔を登っていくことになります。

まとめ

ここでは「神之塔」の主人公・二十五日の夜についてまとめました。

  • 夜は非選別者
  • 生い立ちは不明
  • 一見普通だが特別な力を持っている
  • 誰からも好かれる性格
  • 戦う勇気がすごい
  • 神之水の影響を受けにくい
  • むずかしい技でもすぐに真似をすることができる
  • 夜にとってはラヘルがすべて
  • 夜はラヘルに裏切られる

「神之塔」はすでに400話以上ある長編で、設定もむずかしいので理解するのが大変です。

でもわかってくるとかなりハマると評判です。

アニメも楽しみですね。

最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました