「グレイプニル」修一が怪物・化け物に変身することになった理由は?能力についても

アニメ・マンガ

武田すんさんの人気マンガ「グレイプニル」。

バトルアクション&ラブコメ&青春SFですが、ダークでシリアス、そしてお色気の要素もほどほどに入ったマンガです。

この作品は物語の前半からいくつもの謎や疑問が残ります。

最大の謎は主人公の加賀谷修一がなぜ犬のぬいぐるみの怪物(化け物?)になってしまったか、です。

ここでは「グレイプニル」で修一が怪物に変身するようになってしまった理由を解説します。

また修一が犬のぬいぐるみの化け物に変身したときの能力についても解説します。

なおこの記事はマンガ8巻までの内容をもとにしています。

またネタバレを含むのでご注意ください。

「グレイプニル」加賀谷修一が犬のぬいぐるみの怪物・化け物になった理由

クレアの姉・エレナに薬を飲まされたため

結論を書くと修一が犬のぬいぐるみの怪物に変身するようになったのは、クレア(青木紅愛)の姉のエレナ(青木江麗奈)に薬を飲まされたからです。

エレナは自分が拾ったコインと引き換えに、街外れの国道沿いにある潰れたラブホテルにいる宇宙人からある薬をもらいます。

その薬には本人の願望で肉体が進化させる作用があります。

薬を飲んだ人間はみな自分が望む形に変身できるようになります。

エレナはコインを拾い宇宙人に届けますが、修一を変身させるための薬を手に入れます。

修一はエレナにその薬を飲まされてしまいました。

その結果、犬のぬいぐるみの怪物に変身するようになってしまったのです。

ただし後で解説しますが修一にはエレナの記憶がありません。

エレナに記憶を消されているからです。

コインを集める宇宙人とは?

「グレイプニル」には宇宙人が登場します。

もともと彼らには決まった姿はなく、その惑星で最も繁栄した種の姿を借りることができるので人間と同じ姿をしています。

彼らが住んでいた惑星が生命が住めないほど汚染されてしまい、そこを浄化する期間だけ彼らは宇宙を旅する予定でした。

ところが浄化が終わり自分の星に帰る矢先、宇宙船が地球に墜落します。

彼以外の仲間はすべてコインに形を変えていましたが、宇宙船の墜落と同時にコインが地上にばらまかれてしまいます。

そこで彼(宇宙人)は特殊な能力と引き換えに、人間たちにコイン(仲間)を集めてもらうことにしました。

宇宙人に1枚コインを届けると望みの形に変身できる力を手に入れられる薬をもらえます。

さらに100枚コインを集めて宇宙人に届けると、さらに特別な力を手に入れられることになっています。

そのため人間たちは仲間を作るなどしてコインを集めようとしているのです。

なんとも信じられない話ですが、「グレイプニル」ではこの宇宙人が大きな役割を果たしています。

修一とエレナの関係

修一とエレナは以前山田塾という塾に通っていました。

同じ時期に山田塾に通っていた修一、エレナ、直人、愛子、海斗、ほのかは仲がよく、勉強もせずよくいっしょに遊んでいました。

そのころエレナと修一は付き合っていた、または互いに好意を寄せていたようです。

修一は塾での知り合いだったエレナから薬を飲まされて、化け物に変身する体になってしまいました。

修一はエレナに薬を飲まされた記憶がない

修一はエレナに薬を飲まされた記憶がありません。

そもそも修一はエレナのことを覚えていないのです。

修一は記憶をまったくなくしたのではありません。

修一自身も気が付かないうちに、不自然な形でエレナについての記憶が部分的に消されてしまっているのです。

修一の記憶が消されたことは修一の仲間になった吉岡千尋が、変身した修一の体に入り、修一の記憶を共有したときにわかったことです。

修一本人は記憶を消されたことすら理解していません。

修一の記憶を消したのはエレナだと考えられます。

なぜエレナが修一の記憶を消したのか、その理由は7巻までではわかっていません。

今後明らかになると思われます。

修一が犬のぬいぐるみの化け物になった時の能力

修一は自分の意志で犬のぬいぐるみの化け物に変身することができます。

変身すると身体能力が格段に上がり、普通の人間では敵わないほどの力を発揮するようになります。

また犬なみに嗅覚が効くようになり、遠くにいる敵を察知したり、誰かが身につけていたものからその人間の情報を得ることができるようになります。

 

さらにだれか別の人間をを自分の体の中に取り込むことでその能力がアップします。

背中のファスナーを開けると中にはなにもないので、そこに人が入ることができます。

クレアがそこに入ると2人の心と体がひとつになり、より強い力を発揮するようになります。

ただ戦うときはどちらかが主導権を取ったり、二人で呼吸を合わせたりなど、協力する必要があります。

クレアがぬいぐるみの中に入るときは蒸れるからという理由でスクール水着で入ったり、別の女性が入ったときは全裸で入ったり。

ほどよくエロシーンを入れながら話は進んでいきます(笑)。

誰かと力を合わせることで限界を超え、思いも寄らない力を発揮できる能力こそが修一が持つ特別な力といえます。

ちなみに普段の修一は普通の人間とまったくかわるところはありません。

変身できるようになってからは視力がよくなったり、女子からかっこよくなったと言われたり、とむしろいいこともあります。

むしろ長生きできるのでは、と宇宙人も言っています。

ただ変身したところを見られたり、正体を知られたりした場合、他の化け物から命を狙われるリスクはあります。

なぜ犬のぬいぐるみの怪物なのか?

コインと引き換えにもらえる薬には、自分が望む形に体が進化するという効果(?)がある、と宇宙人は説明します。

しかし修一は犬のぬいぐるみになりたいという願望はない、といいます。

ではなぜ修一は犬のぬいぐるみに変身できるようになったのでしょうか?

7巻までではその理由について、はっきりしたことがわかっていません。

ただ一つ気になることがあります。

1巻の最後、宇宙人の元をコインを持った女子高生が訪れます。

おそらくエレナだと思われます。

彼女は犬のぬいぐるみのキーホルダーをバッグに着けていました。

またそれに似たぬいぐるみが修一たちが通っていた山田塾にあったことが明らかになっています(マンガ7巻)。

しかしそれ以上のことはわかりません。

明らかになり次第追記します。

まとめ

  • 修一が犬のぬいぐるみの化け物に変身するようになったのはエレナに薬を飲まされたため
  • コインを宇宙人のところに持っていくと、特別な能力がもらえる
  • エレナは宇宙人から薬をもらい修一に飲ませた
  • 修一はエレナにより記憶を断片的に消されている
  • 修一は他の人と一体になり協力することで、より強い力を発揮することができる
  • なぜ変身後の形が犬のぬいぐるみなのか、理由はわからない

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました