ドラマ、映画、アニメ、読書、雑学など徒然なるままに綴っています。

「虚構推理」桜川六花の正体は?鋼人七瀬との関係や再登場についても

2019/12/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「虚構推理」は怪異の知恵の神となった岩永琴子、そして怪異の肉を食べたことで2つの能力を手に入れた桜川九郎が鋼人七瀬事件に挑むミステリーです。

すでに小説、マンガが刊行されており、2020年1月からはアニメ放送が開始されます。

ここでは「虚構推理」に登場する桜川六花(さくらがわりっか)についてまとめました。

この物語の登場するキャラはすべて謎が多いのですが、六花も謎に包まれたキャラです。

六花の正体、鋼人七瀬との関係や、鋼人七瀬事件後の再登場についてまとめました。

小説やマンガを読んでいない方はネタバレになるので注意してください。

 

「虚構推理」桜川六花のプロフィール

桜川六花は桜川九郎のいとこです。

九郎の3歳年上です。

細身で肌が白い美人タイプで、九郎の初恋の相手です。

九郎の学生時代の彼女・サキが六花に最初にあった時には、六花はすでに3年以上病院に検査入院をしていました。

九郎はしばしばその病院を訪れ、六花を見舞っていました。

サキが六花に抱いた第一印象は「本人に悪気はなくても、周囲を密やかに堕としてしまうような」存在で、関わってはいけないというものでした。

サキの第一印象はある意味当たっていました。

六花は普通の人とはまったく違う体質を持った女性だからです。

「虚構推理」桜川六花の正体

桜川六花はあるとき人魚とくだん(件)という妖怪の肉を食べさせられます。

そして「不老不死」と「未来視」という2つの能力を持つことになります。

これはいとこの桜川九郎とまったく同じです。

ただ本人はこの能力を失くし、普通の人間として生きたいと願っていました。

すでに九郎はこの能力や体質を諦め、受け入れいるのとは対照的です。

六花は長期間入院して検査を受け、この体質を変える方法を見つけようとしていました。

しかし検査を受けてもはっきりしたことはわからず、結局は病院を厄介払いされてしまいます。

退院後一時琴子の家に住んでいましたが、その後行方不明になり、九郎や琴子も六花の居所はつかめませんでした。

桜川六花と鋼人七瀬の関係は?

ここから「虚構推理」のメイン・鋼人七瀬事件の核心部分に触れるのでご注意ください。

六花と鋼人七瀬の関係

桜川六花は鋼人七瀬事件に大きく関わっています。

鋼人七瀬まとめサイトを作ったのが六花だからです。

鋼人七瀬は琴子いわく「想像力の怪物」です。

「想像力の怪物」とは、例えば口裂け女のように作り話が人づてに広まり、それに名前が与えられることで実体を得てしまう虚構の存在です。

本作品の鋼人七瀬も口裂け女のように虚構の存在です。

しかし口裂け女が人々の口コミから生まれたのに対して、鋼人七瀬は六花が作った鋼人七瀬まとめサイトから生まれました。

鋼人七瀬まとめサイトにある鋼人七瀬のイラストを見た人たちが、そのイラストや七瀬に付随するストーリーを元にイメージすることから生まれた虚構です。

鋼人七瀬という怪物がいたからまとめサイトができたのでなく、まとめサイトができたから鋼人七瀬という想像の怪物が生まれたというわけです。

六花は鋼人七瀬という想像の怪物を作るために、鋼人七瀬まとめサイトを作りました。

つまり六花が鋼人七瀬事件の黒幕です。

六花が鋼人七瀬まとめサイトを作った理由・目的

六花が鋼人七瀬まとめサイトを作り、鋼人七瀬を生み出した理由や目的について解説します。

作品中に六花がその理由や目的について語るシーンはありません。

ただ鋼人七瀬事件が解決した後、九郎が六花について元カノのサキに以下にように語っています。

六花は自らが持つ不老不死と未来視の能力を積極的に使い、普通の人間に戻ろうとしている。

現代医学では普通の人間には戻れないことはわかった。

だから自分の体を普通に戻せる「想像力の怪物」を作り出そうとしている。

六花は普通であろうとして、普通でないことをしようとしている。

 

六花は普通の体になるために手段を選ばず、神様のような存在を作ろうとしているのかもしれません。

望まずに得てしまった2つの能力をどうしたらなくすことができるのか?

そのために人殺しまでしてしまった鋼人七瀬を生み出してしまったのですから、恐ろしいですね。

鋼人七瀬事件は解決しましたが、六花が次にどう動くのか、予断を許しません。

「虚構推理」桜川六花の再登場はある?

2020年1月放送開始のアニメでは、鋼人七瀬事件が解決するまでを描くことが予想されます。

鋼人七瀬事件の内容はマンガでは6巻までに当たります。

現在マンガは11巻まで発行されており、7巻以降は読み切りになっています。

では7巻以降で桜川六花は再登場するのでしょうか?

実は六花は10巻で再び「虚構推理」に登場します。

鋼人七瀬事件で琴子に破れて姿を消した後、とあるアパートで一人暮らす六花の様子が描かれています。

これ以上は書きませんが、6巻までにはなかった六花の様子が描かれています。

その様子を知りたい方は第10巻を読んでみてくださいね!

まとめ

  • 桜川六花は九郎の3歳年上のいとこ
  • 九郎と同じく人魚とくだんの肉を食べたため「不老不死」と「未来視」の能力を手に入れた
  • 普通の体に戻るため病院で入院検査を受けていたが、現代医学では戻れないことがわかった
  • 普通の体質に戻せる「想像力の怪物」を生み出すために、鋼人七瀬まとめサイトを作った
  • マンガでは第10巻に再登場する

九郎も琴子も謎を抱えた人物ですが、六花はそれ以上にわからないことが多いキャラです。

普通の人間に戻るために、また事件を起こすかもしれません。

そうなったらファンにはたまりませんね。

また琴子との対決が見られますからね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事
 
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 情報チャンネル , 2019 All Rights Reserved.