後宮の烏/寿雪(じゅせつ)は最後に死亡する?解放されたその後についても

後宮の烏

「後宮の烏(こうきゅうのからす)」の主人公・柳寿雪(りゅうじゅせつ)。

後宮の奥深くの夜明宮に暮らす寿雪は、烏妃(うひ)と呼ばれる特別な妃です。

夜伽をすることもなく、皇帝の子を産むこともありません。

体の中には女神である烏漣娘娘(うれんにゃんにゃん)が宿っており、新月の晩には想像を絶する苦しみを味わいます。

そんな寿雪は物語の最後で死亡するのでしょうか?

今回は作品における寿雪の生死を解説します。

 

「後宮の烏」寿雪(じゅせつ)は最後に死亡するのか

寿雪は最後に死亡するのか?

結論を書くと、寿雪は物語の最後で死亡しません。

ストーリーの中で何人かのキャラクターが死亡しますが、「後宮の烏」の最後は大団円。

寿雪にとっても高峻にとっても、また花娘(かじょう)や晩霞、九九(ジウジウ)らにとってもハッピーエンド。

ファンの誰もが望む結末を迎えます(笑。

後宮から解放される

烏妃である寿雪は後宮から出ることができません。

初代の烏妃・香薔(こうしょう)が自分の指で結界を作り、烏妃が宮城(きゅうじょう)の外に出られないようにしたからです。

無理に結界を破り外に出ようとすると、烏妃は死んでしまいます。

そのため寿雪が自由になるためには、香薔の結界を破る必要がありました。

さらに界島(じぇとう)近海に沈むという烏漣娘娘の半身を見つけ、寿雪の体から烏漣娘娘を解放する必要がありました。

 

しかし2つの難題を解決したことで、寿雪は晴れて自由の身に。

死亡することなく、結末を迎えます。

解放されたその後については、あとで詳しく解説します。

寿雪の命が危険にさらされた2つのエピソードまとめ

死亡することなくエンディングを迎える寿雪。

ですが命が危険にさらされたことがありました。

ここでは寿雪の命が危険にさらされた2つのエピソードをご紹介します。

欒王朝の血を引いているために命を狙われた

高峻の祖父である炎帝は前王朝を倒し、新しい王朝を作った後、欒一族の皇帝や皇族を殺害。

妓女だった寿雪の母・鶲玉(こうぎょく)も、ある日やってきた南衙の兵に殺されます。

なぜなら鶲玉は欒一族の血を引いた人物だったから。

このとき4歳だった寿雪は、母親が逃してくれたために命は助かります。

その後、烏妃に選ばれた寿雪は後宮へ。

宮城(きゅうじょう)に住むことになった寿雪でしたが、身の安全が保証されたわけではありませんでした。

欒氏の捕殺令が撤廃されていなかったからです。

 

しかし高峻が捕殺令を廃止(小説1巻「玻璃に祈る」)。

こうして寿雪が欒王朝の遺児だから、という理由で殺されることはなくなります。

香薔の結界を破ったが意識を失う

小説6巻「破界」で、寿雪たちは香薔の結界を破ることに成功。

しかし香薔の禁術により蘇った歴代の烏妃たちの亡骸が動き出し、寿雪を襲います。

襲われた寿雪は気を失い、意識は回廊星河を漂います。

寿雪の意識を呼び戻すためには血縁者の力が必要ですが、寿雪には身寄りがありません。

このままでは寿雪は気を失ったまま。

 

ですがここで衛青が名乗り出て、寿雪の意識を呼び戻します。

実は衛青と寿雪は異母兄妹だったのです。

こうして寿雪は意識を取り戻し、後宮の外に出ることに成功します。

寿雪が後宮から解放されたその後を解説

寿雪が烏妃から解放されるために、以下の2つが必要でした。

  1. 香薔の結界を破ること
  2. 界島近海にある烏漣娘娘の半身を見つけること

烏漣娘娘の半身を見つけたことで寿雪は解放される

香薔の結界を破ることに成功した寿雪たちは界島へ。

界島では白雷が黒刀となった烏漣娘娘の半身を発見していました。

そして寿雪が黒刀を手にすると、刀は黒い羽根になり、烏漣娘娘が完全に復活。

そして鼇(ごう)の神を倒します。

こうして寿雪は後宮からも烏漣娘娘からも解放され、自由の身になります。

寿雪は後宮を離れ海商に

晴れて自由の身になった寿雪は宮中を離れ、花娘(かじょう)の父・雲知徳のもとで海商(ハイシャン)のことを学ぶことに。

1年後、寿雪は霄(しょう)の国に向かう船の上にいました。

寿雪のそばには九九(じうじう)、温蛍、淡海の姿も。

九九たちは後宮を離れ、寿雪とともに行動をしているようです。

帝位を退いた高峻と碁を打つ

物語の終盤、晩霞が産んだ男子が花娘(かじょう)に養子に出され、皇太子となります。

皇太子が成長すると、高峻は高齢を理由に退位。

城外にある離宮で余生を過ごしますが、ときおり離宮を訪れる老女の姿があったとか。

銀にも白にも見える髪を持つ女性は、高峻を碁を打っていたとのことでした。

まとめ

「後宮の烏」の寿雪が最後に死亡するのか、その後はどうなるのかについて解説しました。

  • 命が危険にさらされることはあったものの、物語の中で寿雪が死ぬことはない
  • 香薔の結界を破り、烏漣娘娘の半身を見つけたことで、寿雪は解放される
  • 解放された寿雪は海商(ハイシャン)になった
  • 退位して、余生を過ごす高峻を訪れ、碁を打っていた

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました