「シャーマンキング」麻倉葉の強さは?必殺技やオーバーソウル・最終形態についても

アニメ・マンガ

「シャーマンキング」は主人公・麻倉葉が全知全能の力を持つシャーマンキングになるべく、ライバルたちと戦う姿を描いたマンガです。

さまざまな登場人物との出会いや修行の中で、葉はたくさんの技を身に着けていきます。

そこでここでは麻倉葉が身につけて、戦いの中で使用した必殺技やオーバーソウルをまとめました!

この記事を読むことで、麻倉葉の強さや必殺技を理解することができますよ!

 

「シャーマンキング」麻倉葉の強さを解説

麻倉葉はそこまで強い主人公ではない

「シャーマンキング」の主人公・麻倉葉は、それほど上位の強さを持つキャラクターではありません。

シャーマンたちは巫力と呼ばれる力を使い相手と戦います。

巫力が大きいシャーマンほど強い技を使えるので有利ですが、主要登場人物の巫力を比較すると以下の通り。

キャラクター名 巫力
ハオ 1,250,000
チョコラブ・マクダネル 197,500
リゼルグ・ダイゼル 170,000
ホロホロ 120,000
道蓮(タオレン) 100,001
木刀の竜(梅宮竜之介) 85,000
麻倉葉 108,000

ハオの1,250,000は別格としても、葉の巫力はチョコラブやリゼルグの数値より劣ります。

つまり麻倉葉はぶっちぎりに強いキャラクターではないんですね。

それでも葉の心の強さや仲間を思う気持ちはかなりのもので、それが作品の大きな魅力になっています。

持霊は鬼人と言われた阿弥陀丸

麻倉葉の持霊は阿弥陀丸。

阿弥陀丸は幼少期から修羅場をくぐりぬけてきただけあり、剣の腕前は超一流。

木刀や卒塔婆など、棒状のものがあれば真剣と同じレベルで敵を斬ほどの腕前があります。

その強さゆえ、かつて「鬼人」「千人斬り」と評されたほどで、葉の持霊となってからも生前の実力を大いに発揮しています。

葉の強さのヒミツは阿弥陀丸にあると言っても過言ではありません!

麻倉葉の必殺技やオーバーソウル一覧!最終形態についても

憑依合体:霊を自分の体に憑依させる基本的な技

「シャーマンキング」1話から登場した憑依合体。

自分の体に霊を取り込む憑依合体はシャーマンにとっては基本的な技で、1話では自分の持霊の阿弥陀丸を憑依させました。

でも2話では阿弥陀丸の親友であり刀鍛冶の喪助を憑依合体で取り込んだので、自分の持霊以外の霊も体に憑依させることも可能。

ただしシャーマンの能力により憑依合体のレベルがあるようで、霊の力を100%引き出すには強い精神力が必要とのことです。

式神子鬼:落ち葉に地霊を寄り憑かせる

子鬼は葉が小さい時に使用していた技。

落ち葉に地霊を寄り憑かせ、相手に投げつけて攻撃したり、伝言に使ったりなど、幅広い使い道がある陰陽師の基本的な技です。

165話で恐山の鬼と戦った時には、「子鬼ストライク」と称して葉は子鬼を鬼に投げつけていました。

でも威力は弱いようで、鬼に簡単にかわされてしまいました(笑。

オーバーソウル:巫力を使い阿弥陀丸を刀に憑依させる

麻倉葉が29話でマスターした技がオーバーソウル。

阿弥陀丸が使用する春雨を媒介にして、阿弥陀丸を憑依させることでこの世に具現化させます。

本来であれば物質に霊を込めることは不可能なことで、それを無理に行おうとすれば霊は物質からあふれ出します。

そのあふれた霊を巫力によって具現化するのがオーバーソウル。

葉はオーバーソウルをホロホロ戦で使い、見事に勝利します。

進化版オーバーソウル:出雲での修行で手に入れたO.S.進化版

葉が実家のある出雲に帰郷し、ヨミの穴での修業の末に手に入れた進化版オーバーソウル。

葉の巫力が増えたため、より高い次元で阿弥陀丸を具現化することが可能に。

オーバーソウルが進化したことで、阿弥陀丸がしゃべれるようになり、葉と会話することもできるようになっていました。

これにより葉はさらに強い相手とも互角に戦えるようになりました。

スピリットオブソウル:二段媒介により完成する大技

葉が128話で披露したのがスピリットオブソウル。

超・占事略決により精霊へと進化した阿弥陀丸を春雨にオーバソウル。

それを丸ごとフツノミタマノツルギにオーバーソウルする、という二段階を経て完成するのがスピリットオブソウルです。

一撃で広範囲の敵にダメージを与えることができる大技ですが、消費する巫力が大きいというデメリットも。

しかしデメリットをカバーして余りある威力があるのがS.O.Sです。

三日月ノ祓(みかづきのはらえ):マタムネが最期に残した技

三日月ノ祓は超・占事略決に記されている技の一つで、恐山ル・ヴォワールでマタムネが葉に残したものです。

技の詳細は不明ですが、葉は三日月ノ祓を使い、鬼を仕留めるのでした。

スピリットオブソード白鵠:白鳥を模したオーバーソウルの最終形態

葉が地獄で麻倉葉賢と戦ったときに披露したのがスピリットオブソード白鵠(びゃっこう)。

右手に春雨、左手にはフツノミタマを持ち、左手から右手の春雨に巫力が螺旋状に伝わる技です。

その姿がまさしく白鵠(白鳥)ということで、スピリットオブソード白鵠と名付けられました。

オーバーソウルの最終形態と言える技です。

無無明亦無(むむみょうやくむ):「浄の力」で相手の巫力を無効化

麻倉葉が地獄で習得したオーバーソウルの新技。

「浄の力」を使い、相手の巫力を無効にしながら攻撃するので、どんな強力な甲縛式オーバーソウルで攻撃されようと関係ありません。

まさにチート級の技。

なお「無無明亦無」とは般若心経にある言葉で「迷いなんてものはない。また迷いがなくなるということもない」という意味だとか。

無敵とも思われる「無無明亦無」ですが、霊力と巫力のみに有効で、自然の力を操る技には効果はありません。

スピリットオブアース:あらゆる大地の力を司るO.S

スピリットオブアースは、葉が最終決戦で手に入れたオーバーソウルで、媒介は土。

あらゆる大地の力を司っているので、地震や土砂崩れを起こしたり、地質を変化させたり。

また引力を発生させ、敵の攻撃を逸らすことも可能。

299話では、ハオが発生させた隕石(メテオ)を引力を使い、逸らすことに成功しました。

まとめ

「シャーマンキング」の主人公・麻倉葉の強さと必殺技についてまとめました。

  • 麻倉葉は作中でぶっちぎりの強さを持つ主人公ではない
  • 持霊は「鬼人」と言われた阿弥陀丸
  • 憑依合体:霊を自分の体に憑依させる基本的な技
  • 式神子鬼:落ち葉に地霊を寄り憑かせる
  • オーバーソウル:巫力を使い阿弥陀丸を刀に憑依させる
  • 進化版オーバーソウル:出雲での修行で手に入れたO.S.進化版
  • スピリットオブソウル:二段媒介により完成する大技
  • 三日月ノ祓:マタムネが最期に残した技
  • スピリットオブソード白鵠:白鳥を模したオーバーソウルの最終形態
  • スピリットオブアース:あらゆる大地の力を司るO.S

アニメ2021年版でこれらの技がどのように表現されるか、楽しみですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました