よう実の天沢一夏はホワイトルーム生?綾小路を崇拝する理由についても

ようこそ実力至上主義の教室へ

「ようこそ実力至上主義の教室(よう実)」に登場する天沢一夏。

2年生編から登場する新1年生です。

須藤のための特別試験のパートナーを探す堀北たちの前に突然現れた天沢は、物怖じすることなく堀北と交渉を進めていきます。

そんな天沢ですが、どうにも謎の行動が目立ちます。

今回は天沢一夏の正体はホワイトルーム生なのかについて解説します。

 

「よう実」天沢一夏の基本情報

天沢一夏のプロフィール

  • 名前:天沢一夏(あまさわいちか)
  • 誕生日:不明
  • 学籍番号:不明
  • クラス:1年Aクラス
  • 学力:A(87)
  • 身体能力:A₋(83)
  • 機転思考力:Ⅾ+(38)
  • 社会貢献性:Ⅾ+(57)
  • 総合:B(68)

1年Aクラスに所属する天沢一夏。

OAAの数値を見ると学力、身体能力ともに高く、極めて優秀な生徒であることがわかります。

ただし機転思考力と社会貢献性は低め。

クラスメイトとは馴染んでおらず、孤立しているとのこと。

性格もひねくれており、一癖も二癖もありそうなタイプ。

付き合う男子は苦労しそう(笑

小悪魔というより、悪魔そのものと言った方がいいかもしれません。

自ら綾小路や堀北の前に現れる

天沢一夏の作品初登場は2年生編1巻「曲者揃いの1年生たち」。

特別試験のパートナーを探す堀北、綾小路、須藤に「おーい。優秀なパートナーをお探しなら、ここにいるけどー?」と声をかけたのが天沢でした。

天沢は「殴り合いをして一番強い人とパートナーになってあげる」などと言い、堀北たちをからかいます。

しかし最後には「料理上手な男も好き」と言い、綾小路の作った料理がおいしければ、須藤のパートナーになると明言。

こうして綾小路は天沢を自宅に招いて、料理を振る舞うことになります。

これが天沢と綾小路の出会いでした。

物怖じしない性格

天沢は物怖じしない性格の持ち主。

先輩であろうとずけずけとものを言い、自分のペースに引き込んでいきます。

気が弱く、しゃべりが苦手な人を相手にすれば、天沢はあっという間に主導権を握ってしまうはず。

物怖じしないと言えば聞こえがいいですが、むしろずうずうしい性格と言った方がいいかもしれません。

そんな天沢の性格が災いして、クラスで孤立しているのだと思われます。

天沢一夏の正体はホワイトルーム生なのか

ここでは天沢一夏の正体を解説します。

天沢の正体はホワイトルーム生

結論を書くと、天沢一夏の正体はホワイトルーム生です!

綾小路清隆はホワイトルーム4期生ですが、天沢はその1つ下の5期生ですね。

綾小路清隆は”ホワイトルームの最高傑作”であり、どんな過酷なカリキュラムでも常に好成績を収めてきました。

それに対して5期生たちはいくら懸命に頑張っても、教官からは「1年前の綾小路はもっとすごかった」と言われるだけ。

天沢たち5期生とは、そんな綾小路の影響を最も受けた世代です。

天沢の出生の秘密

天沢一夏は試験管ベビー(体外受精児)として生まれたことがわかっています。

とても優秀な男女の遺伝子を受け継いで誕生した天沢は、すぐにホワイトルームに入り教育を受けます。

そのため両親の顔を見たこともないとのこと。

自分が優秀な親の遺伝子から産まれた体外受精児であることを知った天沢は、凡人から天才を作り出すというホワイトルームの教育方針に否定的な考えを持つようになります。

もう一人のホワイトルーム生とは?

天沢一夏がホワイトルーム生であることが判明しましたが、2年生編7巻終了時点で、同じ学年にはホワイトルーム生がもう一人いることがわかっています。

1年Bクラスの八神拓也(やがみたくや)です。

同じ中学の出身と言って櫛田桔梗に接触した八神でしたが、本当は櫛田の後輩ではありませんでした。

八神は櫛田が有能な人物であるかどうかを確かめるために、ウソを吐いて櫛田に近づいたのです。

 

そんな八神はホワイトルーム5期生の中で飛び抜けた成績を収め続け、天才であることを証明してきましたが、1年上に”ホワイトルームの最高傑作”綾小路がいたため、八神が褒められることはありませんでした。

やがて八神は綾小路に対して憎悪の念を抱くように。

そしてホワイトルームからの刺客として綾小路を退学にするために、高度育成高等学校に入学してくるのです。

なお八神の正体については、以下の記事で詳しく解説しています。

天沢一夏が綾小路清隆を崇拝する理由を解説

天沢が綾小路を崇拝する理由

天沢は綾小路を崇拝しています。

憧れているといってもいいかもしれません。

2年生編4巻冒頭の独白に「先輩を崇拝する人間として」という表現があることからも、天沢が綾小路を崇拝していることがわかります。

同じ5期生の八神拓也が綾小路に憎悪の感情を持っているのとは対照的。

天沢は1年上の綾小路の天才ぶりを聞かされているうちに、自然と綾小路を崇拝するようになったと考えられます。

ホワイトルームを除名される

本来であればホワイトルームの刺客として、綾小路を退学にしなければならない天沢。

ですが天沢には綾小路を退学にするつもりはありませんでした。

そのため、天沢は月城理事長代理によりホワイトルームを除名されてしまいます。

もともと天沢はホワイトルームの教育に否定的な考えを持っていました。

2年生編4巻の独白では「あんな世界に閉じ込められて一生を送るなんて嫌」とも言っていますしね。

ホワイトルームに戻れなくなったのは、天沢にとってむしろよかったのではないでしょうか。

まとめ

天沢一夏の正体について解説しました。

  • 天沢一夏はホワイトルームの5期生であり、綾小路を退学にするために送り込まれた刺客
  • 試験管ベビー(体外受精児)として生まれた
  • 綾小路の天才ぶりを聞かされているうちに、天沢は綾小路を崇拝するようになった

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました