ヒロアカのトガヒミコは誰が好き?好きな人はデクなのか考察

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)

「僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)」に登場する女子高生「渡我 被身子(トガ ヒミコ)」。

個性は「変身」で、相手の血を飲むとその人そっくりに変身することができます。

敵連合(ヴィラン連合)の紅一点として主人公デクたちの前に立ちふさがりますが、雄英高校の生徒たちと友達になろうとしたり、恋バナを好んだりと普通の女の子の一面も。

ここでは、そんなトガちゃんの好きな人は誰なのか?

デクのことが好きなのか?について解説していきます。

 

「ヒロアカ」トガヒミコとデクの関係を時系列でまとめ

57話「ヒーロー殺しステイン その余波」にて初登場したトガヒミコ。

主人公デクとの出会いや、その後の関係を見てみましょう!

夏の林間合宿編で初対面

トガちゃんとデクの初対面は80話「発足爆豪護衛部隊」にて、敵連合が合宿中のA組を襲っている最中でした。

重傷を負いボロボロのデクを見て、「!?」とハッとした表情になるトガちゃん。

クローズアップされたその瞳に敵意はなく、明らかに意味深な表情でした。

一旦はその場を離れるも、デクが追ってきた際には嬉しそうに襲い掛かり「トガです出久しくん!」「もっと血が出てたほうがかっこいいよ!」と、興奮した様子で頬を赤らめ積極的に話しかけていました。

プロヒーロー仮免試験編で現見ケミィに変身

デクに興味を持ったトガは、競合校の生徒である「現見(うつしみ) ケミィ」に変身し、仮免試験に潜り込んでいました。

戦いの中でさらにお茶子に変身し、デクと接触することに成功。

しかし、無重力の個性で浮くことができるはずのお茶子が瓦礫から落下するのを見たデクは、お茶子が偽物だと見破ります。

見破られたトガちゃんはケミィの姿に戻ったので、デクはこれがトガヒミコだということには気づけませんでした。

トガちゃんはここでデクの血を手に入れることに成功し、恍惚の表情で連合に報告していました。

死穢八斎會編でロックロックに変身してデクを襲う

147話「トゥガイス!」にて、死穢八斎會のアジトに潜入中、ヒーローのロックロックを襲い血を手に入れたトガちゃん。

ロックロックに変身した姿でデクに切りかかりますが、イレイザーヘッドに個性を消され本来の姿に戻ります。

デクが「トガヒミコ!?」と驚くと、自分を覚えていてくれたことに興奮し「また会えるなんて嬉しいなぁ!!」とまくし立てるトガちゃん。

彼女にとってあまり気乗りしない仕事でしたが、デクに再度出会えたことで「出向してよかったぁ」と満足そうでした。

第二次決戦編で分断直前にデクを捕縛

345話「DIVISION」にて、AFO・弔・荼毘・その他敵連合を分断し、それぞれと戦えるヒーローをあてがって各個撃破を狙う作戦を展開。

弔のところに飛ぶはずだったデクですが、ワープを抜けると想定と違う場所に降り立ってしまいました。

デクの腕に巻きついていたのは、トガちゃんの注射管。

ワープ直前に、デクを捕縛し自分のところに引き寄せていたのです。

トガヒミコの好きな人はデク?誰が好きなのか考察

2人が実際に顔を合わせたのは意外にも数回のみですが、ストーリーを通してトガちゃんはずっとデクに執着しています。

その執着は恋心からなのでしょうか?

トガちゃんの好きな人は誰なのかを考察してみます。

トガヒミコはデクが好き

トガちゃんの好きな人はデクで間違いないでしょう。

デクと初めて出会った直後、敵連合の仲間に「気になる男の子がいたのです」と一目ぼれしたことを話しています。

その後もデクのことを「好きな人」と表現していますし、同じくデクに恋心を抱いているお茶子を良きライバルだと思っており、「信頼されていてうらやましい」と言っています。

35巻347話で初告白

347話「INFLATION」にて、ついにデクに対してしっかり告白しました。

分断され慌てて正しい場所に戻ろうとするデクに襲い掛かり、「大好きだよ ねぇだから行かないで!」と詰め寄ります。

「僕にどうしてほしいんだよ」と戸惑うデクに対して、恥ずかしそうな恍惚の表情を浮かべながら「私の恋人になって」と告白したのでした。

トガちゃんがデクに執着する理由は?

トガちゃんは「血の香りがしてボロボロの人」が好きなので、初対面の際のデクは彼女の好みそのものだったでしょう。

その後も大怪我をしながら必死に戦うデクにどんどん惹かれていきました。

さらに、好きな人みたいになりたい・近づきたい、という純粋な乙女心を持つトガちゃん。

しかしトガちゃんの場合、同じものを身に着けたりするだけでは満足できず、「最後には切り刻んでその血を吸い、その人そのものになりたい」というメンヘラな恋愛観を持っています。

デクを殺すことで恋愛成就しようとしている?

デクの危機察知の個性は、トガちゃんの攻撃には反応しません。

トガちゃんは、純粋な好意でデクを殺そうとしているからです。

「好きな人を殺して血を吸い、その人そのものになりたい」というのは一見危ない思想に思えますが、トガちゃんにとってはそれが「普通」のことなのです。

過去にもクラスメイトの男子を殺害し血を吸っていたトガちゃん。

彼女にとっては「殺す」=「恋愛の成就」ということなので、恋を叶えるためにデクを殺そうとしているのですね。

まとめ

いかがでしたか?

普通の人と違う感覚・恋愛感を持つがゆえに生きにくさを抱え、敵連合の一員として活動するトガヒミコ。

それでも年頃の女の子として恋愛しているトガちゃんとデクの出会いや関係、トガちゃんの好きな人は誰なのか?デクなのか?を解説してきました。

  • 林間合宿の奇襲作戦の際デクと出会い、一目ぼれする
  • 仮免試験の際にデクのことを知りたくてケミィとお茶子に変身して近づいた
  • 死穢八斎會編で久しぶりに再開し、デクが名前を憶えていてくれたことに興奮していた
  • 347話ではついに面と向かって「恋人になって」と告白した
  • 「好きな人を殺して血を吸い、その人そのものになりたい」という恋愛観からデクを殺そうとしている

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました