メジャーセカンド清和中学の強さは?卜部・アンディなど選手や試合結果についても

アニメ・マンガ

「メジャーセカンド」中学編の全軟地区大会2回戦、風林中は清和中と対戦します。

清和中には大吾の三船ドルフィンズ時代のチームメイト・卜部とアンディがいます。

ここでは清和中の強さを解説したうえで、風林中vs清和中の試合経過と結果をネタバレします!

「メジャーセカンド」清和中学の強さを解説!卜部・アンディなど選手についても

ここでは清和中の強さを

  • 1回戦の戦いぶり
  • 卜部-アンディのバッテリー

この2点に絞って解説します。

清和中の1回戦の戦いぶり

引用元:「メジャーセカンド」13巻

全軟地区大会1回戦で清和中は港東中と対戦します。

どちらも公立中でレベルが高い学校ではありませんでしたが、清和中には新しい監督が来て、足を使う機動力野球に取り組んできました。

清和中は1回戦で港東中相手に盗塁11、犠飛打7、ヒット4本を記録し10-0で5回コールド勝ちします。

ただし港東中はこの試合で与四死球8、エラー8を記録するほど弱いチームなので、風林中にとってこの試合はあまり参考にならなかったかもしれません。

それでも大吾たちは試合前日、盗塁対策の練習をして清和中との一戦に臨みました。

  3 4 5 6 7   R H
港東中 0 0 0 0 0       0 5
清和中 3 2 3 2       10 4

清和中の卜部-アンディのバッテリーについて

卜部とアンディはともに2年で、大吾や睦子とは三船ドルフィンズでチームメイトでした。

2人は長年バッテリーを組んでおり、互いのことをよくわかっています。

リトル時代の卜部は球はそこそこ速く、コントロールもまずまずで、全体的にまとまりのあるピッチャーでした。

マウンドさばきもよく、しっかりゲームを作れるピッチャーでした。

卜部の力を引き出していたのがキャッチャーのアンディです。

試合の流れを読んだり分析する能力にすぐれ、卜部をうまくリードしていましたし、捕手というポジションからチームの司令塔の役割も果たしていました。

またアンディは小学生の頃からバッティングもよく、全軟1回戦でもホームランを打っています。

なお卜部は1回戦で投げておらず、万全の状態で風林中とのゲームに臨みました。

清和中戦の試合経過と結果を解説

序盤:1回に両チーム2点ずつ挙げるもその後は落ち着ちついた展開に

引用元:「メジャーセカンド」13巻

風林中は睦子、清和中は卜部がそれぞれ先発で試合がスタート。

なお風林中のキャッチャーは大吾ではくアニータでした。

先攻の清和中は先頭バッターがフォアボールで塁に出ると、大きくリードを取り睦子を揺さぶり、2番、3番もフォアボールを選び、ノーアウト満塁に。

続く4番アンディの犠牲フライや風林の守備の乱れから2点を先制します。

1回裏、風林は2アウトから沢のシングルヒットのあと、アニータがライトにホームランを放ち2-2の同点に追いつきます。

2回は両チームとも無得点。

3回表、清和中は2アウトからランナーを出すものの、アニータの牽制でアウトに。

3回裏、風林中の攻撃も卜部に抑えられ、3回を終わって2-2の同点でゲームは中盤に入ります。

試合は序盤にこそ動きましたが、その後は両投手が安定し落ち着いた試合展開になりました。

  3 4 5 6 7   R
清和中 2 0 0           2
風林中 2 0 0           2

中盤:両投手譲らず2-2のまま

4回、5回は両投手が好投し、ゲームは動きません。

2-2で5回を終え、ゲームは終盤に入ります。

6回は両チームとも上位打線に回るので、6回の攻防が勝負のポイントになりそうです。

  3 4 5 6 7   R
清和中 2        
風林中 2        

終盤:6・7回表に清和が追加点

引用元:「メジャーセカンド」14巻

6回表、清和中は1番森口が疲れの見え始めた睦子からライトオーバーのヒットを放ち3塁へ。

森口が滑り込むと、サード関鳥のグラブからボールがこぼれ落ち、森口はホームへ向かいます。

キャッチャー・アニータがボールを拾いタッチに行きますがセーフ。

このときアニータは右の手首を痛めてしまいます。

その後清和中がランナー1,2塁にすると、風林はケガをしたアニータに代わり大吾がキャッチャーに。

すると睦子は立ち直り、この回追加点を許しません。

6回裏、風林中はいい当たりは出ますが、相手の好守備にあい無得点。

7回表、清和中はデッドボールとアニータのエラーで追加点を上げ、さらに睦子を攻めます。

ここで風林中は仁科がマウンドへ。

急きょマウンドに上った仁科は制球を乱し、ノーアウト満塁のピンチを迎えますが、ワインドアップで投げることで後続を抑えます。

  3 4 5 6 7   R H
清和中 2 1 1   4  
風林中 2 0     2  

結末:大吾のヒットで風林中がサヨナラ勝ち

引用元:「メジャーセカンド」14巻

7回裏、先頭の沢のシングルヒット、アニータのレフトオーバーの2ベースでノーアウト2,3塁に。

しかし睦子、関鳥が連続三振に打ち取られ2アウト2,3塁に。

ここで清和バッテリーは8番仁科を歩かせ、9番丹波との勝負を選びます。

丹波はピッチャーゴロに打ち取られますが、卜部の一塁への送球が乱れセーフとなり、風林中が3-4と一点差に追い上げます。

最後は大吾が卜部のカーブをセンター前に弾き返し2点を入れ、風林中が5-4とサヨナラ勝ち!

準決勝進出を決めました。

  3 4 5 6 7   R H
清和中 2 1 1   4 6
風林中 2 0 3✗   5 6

風林中対清和中の総評

実力で劣る風林中が粘りを見せ、最後に逆転したゲームでした。

風林中の先発・睦子は、初回に足で揺さぶられたものの、2回以降立ち直り、ゲーム中盤に得点を許さなかったことでチームに勝機を呼び込みました。

ただ風林中にはドタバタぶりが目に付きました。

アニータの手首のケガは仕方がないにしても、7回にレフトの守備でアニータがボールを後逸したプレーは防げるものでした。

また試合終盤、睦子に疲れが見えているのに、あとのピッチャーを用意していなかったのは明らかな判断ミスでした。

7回裏の粘りは見事でしたが、投手の枚数が足りない、アニータはキャッチャーとしては力不足など、風林中にとっては課題が残った試合でした。

まとめ

引用元:「メジャーセカンド」14巻

  • 全軟地区大会2回戦の清和中戦は5-4で風林中の勝ち

7回裏2アウトで卜部がピッチャーゴロを1塁に悪送球するなど、マンガでしかありえない!ということがありましたが、試合展開そのものはおもしろかったです!

リトル時代のチームメイト同士の戦いという設定もよかったですし、睦子の粘りの投球も見事でした。

最後までご覧いただきありがとうございました!

関連記事
メジャーセカンドかわいい子ランキング!キャラクターの紹介も合わせて

メジャーセカンド眉村道塁(みちる)がかわいい!魅力や能力・大吾との関係についても

メジャーセカンドの睦子がかわいい!ピッチャーの能力・初恋についても

メジャーセカンド太鳳(たお)がかわいい!プロフや魅力・沢との関係についても

メジャーセカンド沢弥生のプロフィール!過去のケガやクールビューティな容姿についても

メジャーセカンド藤井千里と千代をご紹介!過去や姉の恋愛についても

メジャーセカンド泉(いずみ)がかわいい!魅力がわかるエピソードについても

メジャーセカンドのアニータのプロフィール!嘘や大吾との関係についても

メジャーセカンドの薫はママになってもかわいい?変わった噂についても

メジャーセカンド大吾が覚醒?中学編の能力と光との関係についても

メジャーセカンド中学編に佐藤光は再登場する?畜生・クズな件についても

メジャーセカンド茂野吾郎の現在は?死亡や登場シーン・監督就任についても

メジャーセカンド大尾中学の強さは?道塁など選手や試合経過・結果についても

メジャーセカンド風林中メンバーまとめ!キャラクターの紹介も合わせて

タイトルとURLをコピーしました