無職転生のエリスは死亡する?最後に生存するルートはあるのか解説

無職転生

「無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜」に登場するエリス。

3人いるメインヒロインのうちの1人です。

「無職転生」では魔力災害(転移事件)以降、多くのキャラクターが死亡します。

またルーデウスの父親・パウロも死んでしまいます。

エリスも魔力災害(転移事件)により、見知らぬ土地に飛ばされてしまいます。

そんなエリスは死亡することはあるのでしょうか?

この記事ではエリスの生死について解説します。

 

「無職転生」エリスは最後に死亡するのか解説

結論を書くと、エリスは物語の中で最終的に死亡します。

エリスの死亡には以下の2つのルート(パターン)が存在することがわかっています。

  1. 寿命を全うして死亡
  2. ルーデウスをかばって死亡する

順に解説します。

エリスの死亡ルートその1:寿命を全うして死亡

死亡ルートその1は”寿命を全うして死亡する”というもの。

転移事件(魔力災害)以降、エリスがどのような人生を歩んで最後に死亡するのか、解説します。

転移事件で魔大陸へ

フィットア領転移事件(魔力災害)により、エリスとルーデウスは魔大陸へ飛ばされてしまいます。

そこでルイジェルドと出会ったエリスたちは、ルイジェルドと一緒に故郷へ帰還することに。

ロキシーの故郷に立ち寄ったり、冒険者パーティ「デッドエンド」を結成したりなど、旅の途中にさまざまな出来事を経験しますが、3年ほどかけてロアの町近くまで戻ってきます。

オルステッドに敗れ死亡

ここで一行は龍神・オルステッドと遭遇。

ルーデウスが人神(ヒトガミ)を知っていると聞くと、オルステッドの態度が急変。

オルステッドの攻撃を受けたルーデウスは殺されてしまいます。

オルステッドと行動を共にしていたナナホシの助言によりルーデウスは復活しますが、ここで物語が終わってもおかしくないほどの大事件でした。

ルーデウスと結ばれるも別離

故郷に戻ると、エリスは祖父と両親がすでに他界していた事実を知ります。

その晩、色っぽい寝間着に着替えたエリスはルーデウスの部屋へ行き、「私、今日誕生日なの」「家族が欲しい」とルーデウスに迫ります。

エリスが15歳の誕生日に欲しかったプレゼントはルーデウスとの初体験。

ここまで長い時間がかかりましたが、ようやくエリスはルーデウスと結ばれます。

しかし翌朝、エリスは書き置きを残して剣の聖地へ。

今の自分はまだ弱く、ルーデウスのお荷物にしかならないと考えたため、エリスは修行に行くことにしたのです。

再会そして結婚

5年後、ルーデンスはオルステッドと再戦。

またもや敗北濃厚となってしまいますが、ここに現れたのがエリス。

修業を経て「剣王」という異名を持つほどになったエリスは、オルステッドが認めるほどの強さを身に着けていました。

戦いが終わり、エリスがルーデウスにプロポーズすると、ルーデウスはこれを受け入れます。

こうしてエリスはルーデウスの3番目の妻になるのでした。

寿命を全うして死亡

エリスはルーデウスとの間に2人の子どもをもうけ、幸せに暮らします。

そして70歳を過ぎて死亡。

ですが寿命を全うしての死亡ですから、このルートはハッピーエンドと言えますね!

死亡ルートその2:ルーデウスをかばい死亡

エリスのもう一つの死亡ルートは、ルーデウスをかばい死亡するというもの。

「無職転生」には物語の途中から、もう一つの時間軸のストーリーが存在します。

もう一つの時間軸のストーリーでは、未来からやってきたルーデウスが現在のルーデウスにアドバイスする、という設定になっています。

もう一つの時間軸のストーリーでは、エリスとルーデウスは和解することなく対立。

またアトーフェとの戦いで、エリスはルーデウスをかばったため死亡。

ルーデウスと和解も結婚もすることなく死んでしまうのです。

エリスが最後まで(結末まで)死亡しないルートはあるのか解説

結論を書くと、「無職転生」のストーリーでエリスは必ず死亡します。

寿命で死亡するところまで描くのですから、死ぬのは当たり前ですよね(笑。

とはいっても誰かに殺されたり、事故死したりするわけでなく、好きな人と結婚して寿命で最期を迎えるのですから、いい終わり方ではないでしょうか。

まとめ

  • エリスは70歳で寿命で死亡する
  • 別の時間軸ではルーデウスをかばい死亡する
  • エリスは死亡するが、寿命を全うしての死なので、いい終わり方だと考えられる

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました