無職転生のルーデウスの強さは?魔術能力や剣術についても解説

無職転生

「無職転生〜異世界行ったら本気だす〜」の主人公・ルーデウスは、生まれながらの天才といわれています。

幼少期から様々な魔術が使えたりと、有能さを発揮するルーデウス。

今回はそんなルーデウスの強さについて解説していきます。

魔術能力や剣術についてもまとめました。

 

「無職転生」魔術能力や剣術などルーデウスの強さを解説

ラプラス以上の魔力総量

ルーデウスの魔力総量は、歴史上トップクラスの魔力総量を所有している魔神ラプラスと同等、またはそれ以上と言われています。

魔神ラプラスとは世界で最も強いとされている七人がランキングされている「七大列強」の1人。

それに対してルーデウスは、魔界大帝キシリカ・キシリスに「気持ち悪い」と言われるほどの魔力の持ち主。

魔界大帝キシリカ・キシリスとは人魔大戦において魔族の旗頭となった魔族のこと。

そんなキシリカに気持ち悪いと言われるほどに魔力総量が多いということは相当バケモノじみているのでしょう。

そのため魔力総量でいえばルーデウスは間違いなく最強といえるでしょう。

魔術に関して幼少期から天才

ルーデウスは幼少期に魔術の才能を開花させています。

2歳の頃には魔力総量を増やすことや、無詠唱魔術の会得に成功。

そして3歳の頃からは、水王級魔術師のロキシーから魔術を習い始めます。

魔術のなんたるかをロキシーに学び、中級までの魔術はなんなくこなしてしまうルーデウス。

王級クラスの魔術師であるロキシーも、ルーデウスが5歳の頃にはもう「私が教えることはもうありません」と言うほどにルーデウスの才能は本物でした。

 

前世の記憶を所持したまま、幼少期から魔術に興味を持ち、家の屋根裏部屋にある魔術教本を読み漁っていたことが、その才能に繋がっていったのだと考えられます。

この世界では幼ければ幼いほど魔力総量の増え方が尋常ではなかったり、飲み込みが異常に早いと言われています。

つまりルーデウスは幼少期に本当にたくさん魔術に触れていたからこそ、天才といわれるほどのポテンシャルになったのだと考えられます。

無詠唱魔術を使用可能

ルーデウスは2歳の頃に無詠唱魔術を会得します。

魔術とは基本的に詠唱をすることによるプロセスがあって発動されます。

対して無詠唱魔術は詠唱のプロセスを省くことが可能。

無詠唱魔術は10歳以前に訓練することによって、簡単に会得と言われています。

そのためルーデウスは簡単にこなしていた無詠唱魔術ですが、ロキシーは詠唱魔術に慣れてしまっているため、上手くできませんでした。

ルーデウスが6歳の頃に、同い年のシルフィエットに無詠唱魔術を伝授しますが、やはり幼いからなのか、すんなりと会得してしまいます。

無詠唱魔術を使いこなせる人間はごくわずか。

したがってルーデウスは貴重な存在だと考えられます。

魔眼「予見眼」と「千里眼」

ルーデウスが所有している魔眼は2つ。

  • 予見眼
  • 千里眼

これらの特徴や強さについて解説していきます。

予見眼

ルーデウスは12歳のとき、ウェンポートという魔大陸の港町で、魔界大帝キシリカ・キシリスと出会い、予見眼という魔眼を貰い受けます。

「予見眼」とは未来の出来事を見ることができる眼のこと。

ただどれだけ先の未来が見えるかは、予見眼を使用するときにどれだけ魔力を注入するかで変わります。

例えばルーデウスが魔力を全開にして予見眼を使用すると、10年分ほど先までで身の回りに起こる事象が重なって見えてしまうため、脳が焼き切れて廃人と化してしまいます。

戦闘中に使用することで、相手の動作を読み、隙を突くことができるので、使いこなせば相当強みになるといえるでしょう。

予見眼は実力や経験があってこそ生きる力なので、ルーデウスのような魔力総量が多い者のみが使用することができるものとなっています。

千里眼

ルーデウスは22歳のとき、魔大陸ガスロー地方にあるネクロス要塞で、またもやキシリカに千里眼をもらい受けます。

千里眼とは物体を貫通して遠く先まで見ることのできる眼のこと。

ただ直線上に障害物があると、そこで視線が遮られてしまいます。

これも予見眼と同様に、魔力を注入度合いでどれだけ遠くまで見れるかが変わってきます。

「千里眼。遠くを見るだけの目じゃが、何かの役には立とう」

とキシリカはルーデウスに告げましたが、予見眼と比べると何か物足りないような感覚をルーデウスは感じているようです。

ただ遠くを見るだけの眼なので、大した強みはありませんが便利といえば便利ですね。

剣術の才能も備える

ルーデウスは幼い頃から魔術センスは抜群でも、剣術の出来はイマイチでした。

父パウロに剣術を習っていましたが、才能がないと分かっているからか、剣術には身が入らずやる気がでないルーデウス。

というのも剣術には適正がありますが、パウロがルーデウスに教えていた剣神流と水神流はルーデウスに合わなかったことも関係しているようです。

ルーデウスに合っていた流派は北神流。

北神流とは技ではなく、生き方や戦い方を流派の主体として、自分に合った戦い方を模索するスタイル。

「技ではない」ということは剣術ではないと捉えることができるため、嫌う者も多いようですが、ルーデウスの戦闘スタイルには北神流が合っていました。

さらに後から手に入れた予見眼と組み合わせて戦うことで、ルーデウスは上級剣士程度なら魔術なしでも勝つことができるようになっていきます。

まとめ

「無職転生」に登場する主人公ルーデウスの強さについてまとめました。

  • ルーデウスの魔力総量はラプラスと同等以上
  • 幼少期から魔術教本を読み漁っていたため、天才といわれるほどのポテンシャルを手に入れた
  • 魔眼を手に入れたこともルーデウスの強み
  • 剣の腕前はそれほどでもなかったが、適性に合うを学び、魔眼「予見眼」を手に入れたことで上級剣士程度なら魔術なしでも勝つことができるようになる

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました