「イエスタデイをうたって」榀子(しなこ)がかわいい!リクオとの恋愛や浪との関係についても

アニメ・マンガ

この記事では「イエスタデイをうたって」のメインキャラ・森ノ目榀子(もりのめしなこ)にスポットを当てます。

2020年4月からアニメ放送が開始なので、ネットでも盛り上がっていますね!

リクオとの恋愛、浪との関係に悩む榀子はかなり面倒でイライラさせられる存在です。

でもかわいくて、とびっきりの美人です!

マンガでは巻が進むにつれてどんどんかわいくなっていきます。

性格はどんどん暗くなっていきますが(笑)。

ここではそんな榀子のプロフィール。

またリクオとの恋愛、浪との関係についてまとめました。

なおこの記事にはネタバレが含まれるのでご注意ください。

「イエスタデイをうたって」榀子(しなこ)がかわいい!プロフィールをご紹介

榀子は高校の化学の先生

森ノ目榀子は金沢市出身。

東京の大学を卒業後、地元金沢の学校で非常勤講師を半年ほどしていました。

その後知り合いの多い東京に戻ってきて、都立十泉高校に化学の教員として勤務し始めます。

東京に来たばかりの頃、リクオがバイトするコンビニに来て「また一緒に遊ぼーね」と挨拶していました。

仕事には熱心のようで、夏期講習などを積極的に行っています。

榀子はハルの元副担任

榀子は「イエスタデイをうたって」のもうひとりのヒロイン・ハル(野中晴)の副担任でした。

ハルは高校3年まで都立十泉高校に通っていましたが、バーでアルバイトしていたことが学校に見つかったことがキッカケで高校を中退してしまいます。

榀子はハルが学校をやめざるを得なくなったことに副担任として責任を感じていました。

一方のハルは榀子が悪いとはまったく思っておらず、むしろ榀子にいい印象を持ち続けています。

そんな榀子とハルは、後にリクオとの恋愛に悩むようになっていきます。

榀子は美人でかわいい

ひと目見ればわかるように榀子は美人でかわいいです!

ただ同じ榀子でも原作マンガとアニメでは雰囲気がかなり違います。

また原作マンガでも前半と後半では榀子の印象が大きく変わります。

私の勝手な印象で大別すると

  • マンガ前期の榀子:美人
  • マンガ後期の榀子:かわいい
  • アニメの榀子:美人でかわいい

といったところでしょうか(笑)。

原作マンガを読み進めていくと、後半になるにつれてどんどんかわいくなっていくのが印象的でした。

マンガ序盤ではロングヘアだったのを、後にショートにしたことも関係しています。

2020年4月放送開始のアニメの画像をちらっと見る限りでは、かわいいときれいが絶妙にバランスされているようです!

そんな榀子ですから昔からモテたようで、高校時代の友人から

「榀子は高校の時モテたよね」

と言われていました(マンガ3巻)。

また大学時代も男性から人気があったことがリクオの大学時代の友人フクダの話からもうかがえます。

榀子はリクオが思いを寄せいていた女性

榀子は本作品の主人公・リクオ(魚住陸生)が学生時代からずっと思いを寄せていた女性です。

前向きで、賢くて凛々しくて、面倒見がいい。

そんな榀子にリクオは憧れていました。

ただ表面上は仲のいい友人として過ごしていました。

飲み会の後部屋でざこ寝したり、クラスでいっしょに出かけたり。

2人は付き合ってはいませんでしたがいつも一緒にいて、かなり仲はよかったようです。

リクオは卒業式の日に榀子に告白しようとしますが、「いつまでも学生みたいな気分でいないで」のようなことを遠回しに言われ、告白まではいたりませんでした。

美形で男性から人気があった榀子ですが、男性との交際経験はありませんでした。

それには彼女が過去に故郷の金沢で経験したことが深く関係しています。

次で解説します。

榀子が金沢で経験したこと

榀子は高校3年の時に好きな人を病気で亡くしています。

その人は榀子と同い年で、榀子の家の隣に住む早川湧(はやかわゆう)です。

榀子は早川家とは家族同然に過ごしてきました。

湧は早くに母親を亡くしており、榀子は早川家によく食事を作りに行っていました。

榀子は生まれつき心臓が弱い湧の世話をよく焼いていましたが、同時に恋愛感情も抱いていました。

しかし高校3年のときに最愛の人を失い、その思いをずっと捨てきれずにいたのです。

モテるのに男性と交際した経験がないのは、湧への思いを捨てきれないためでした。

榀子(しなこ)とリクオの恋愛

ここでは「イエスタデイをうたって」の森ノ目榀子と魚住陸生の恋愛についてまとめました。

リクオが告白するも玉砕

リクオは学生の頃から榀子を好きだったことはすでに説明しました。

卒業後、榀子は一度故郷の金沢に戻りますが、しばらくすると東京に戻り、高校の教員として働き始めます。

リクオは就職活動することなく大学を卒業し、フリーターとしてコンビニで働き始めます。

リクオは榀子が東京に戻ってきて間もなく、彼女に告白します。

しかしこのときリクオはあえなく玉砕してしまいます(笑)。

榀子は少なくともリクオに悪い感情は持っていません。

むしろかなりいい印象を持っていました。

それでもかつて好きだった湧と同じほどにはリクオを好きになることはできませんでした。

関係をあいまいにしたままリクオを誘い続ける榀子

リクオの告白を断った榀子ですが、その後もなにかとリクオを誘ったり会いに行ったりしていました。

引越の手伝いを頼んだり、リクオのバイト先に食事を届けたり。

日曜日に買い物に付き合ってほしい、とお願いしたこともありました。

かつての湧ほどリクオを好きになれない榀子ですが、関係をあいまいにしたままリクオと付き合いを続けたいようでした。

そんな自分をずるいとも思っていました。

リクオも榀子との距離を計りかねていました。

この頃リクオはハルと知り合いになっており、ハルからも強い好意を寄せられていました。

クリスマスプレゼントをキッカケに付き合うように

ある年のクリスマス、リクオは榀子にプレゼントを渡します。

先輩から安く譲ってもらったネックレスですが、もらった榀子はとても喜びます。

気持ちが盛り上がった榀子はリクオに「お正月いっしょに過ごさない?」と誘います。

榀子とリクオは正月を2人で過ごすことで新しい感情が芽生え、交際を始めていくことにします。

居心地の悪さを感じながらの交際

2人は交際を始めますが、お互いに居心地の悪さを感じていました。

相手の顔色をうかがったり、自分の気持ちを正直に表現できなかったり、という状況のまま交際が続きていきました。

リクオは榀子を、榀子はリクオを、単に自分に都合のいい相手として当てはめようとしていただけだったのです。

以上榀子とリクオの恋愛についてでした。

こうして2人の関係は結末に向かって進んでいきますが、このあとは原作マンガ、またはアニメでお楽しみくださいね。

榀子(しなこ)と浪の関係

ここでは榀子と浪の関係についてまとめています。

浪は湧の7歳年下の弟

早川浪(はやかわろう)は、榀子が好きだった湧の7歳下の弟です。

榀子が隣に住む早川家によく行っていたので、2人は小さい頃から知り合いでした。

小さい頃から浪は絵を書くのが得意でした。

小学2年の時、県のコンクールで賞をとったこともあります。

体が弱くてもデキがいい兄の湧は常に周囲の人間の中心にいました。

浪は湧に勝てるものはありませんでしたが、唯一絵を描くことだけは兄より得意でした。

そこで自分の存在を認めてもらうために絵を描くことに一生懸命になります。

浪は榀子に思いを寄せ続けている

そんな浪を榀子はずっと弟のように見ていました。

しかし高校3年のときに湧が死ぬと、浪は湧に代わりに榀子を守ろうと決意します。

浪は受験勉強をがんばり榀子と湧の母校に入学するなど、榀子に認めてもらうための努力をします。

榀子が東京にやってくると、浪も榀子が務める学校に転校してきて榀子といっしょに過ごそうとします。

浪は榀子のことが本気に好きで、真剣に将来を考えていました。

浪との距離感に悩む榀子

一方の榀子は浪を「湧の弟」としてしか見ていませんでした。

しかし浪から本気の想いを寄せられることで、榀子は浪との距離感に悩むようになります。

浪との関係が壊れると湧との思い出もなくなってしまうと思っていたからです。

そのうち榀子はリクオと付き合うようになりますが、その事実を浪に伝えられずにいました。

やがて浪は榀子とリクオの交際を知りショックを受け、榀子の前から姿を消すのでした。

以上が榀子と浪の関係についてでした。

この後物語は結末に向かいますが、かなり意外な形で榀子と浪の関係はエンディングを迎えます。

この先は原作マンガ、またはアニメでお楽しみください!

まとめ

この記事では「イエスタデイをうたって」の森ノ目榀子についてまとめました。

  • 森ノ目榀子は都内の高校に勤める化学の先生
  • 榀子はかわいくて美人
  • リクオが学生の頃から想いを寄せている

榀子とリクオの関係は

  • 大学卒業後リクオは榀子に告白するが断られる
  • 互いの距離感をつかめないまま、友人として付き合っていく
  • その後2人は交際を始めるが、居心地の悪さや顔色をうかがいながらの交際になってしまう

榀子と浪の関係は

  • 浪は榀子が好きだった湧の弟
  • 浪は湧の死後、湧の代わりになり榀子を守ろうと努力する
  • 榀子は自分に本気で思いを寄せてくる浪との関係に悩むようになる

リクオと浪、そしてすでに死んだ湧の間で心揺れる榀子にはとてもイライラさせられます。

かなり面倒な女性で、嫌いという人もいるかもしれません。

それでも最後には幸せになってほしいと思ってしまいます。

それだけ魅力がある女性なのかもしれません。

2020年4月放送開始のアニメではどのような榀子が見られるか楽しみです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました