スカイウォーカーの夜明けはつまらないし面白くない!駄作と感じる理由を考察

映画

スターウォーズスカイウォーカーの夜明け」が12月20日に公開されました。

映画館は待ちに待ったファンで一杯で熱気がありました。

スターウォーズ初心者の私も観てきました!

初心者の私は劇中「???」と感じるところがいくつかありました。

それでもスターウォーズの世界を十分に楽しむことができました。

他の鑑賞者もかなり満足しているようでした。

その一方で「スカイウォーカーの夜明け」はつまらないと感じる人がいるようです。

そこでここでは「スターウォーズスカイウォーカーの夜明け」がつまらない、面白くないという声を集め、その理由を考察しました!

 

「スターウォーズスカイウォーカーの夜明け」はつまらない・面白くない・駄作という口コミ

まだ公開1日しか経っていませんし私自身が面白いと思ったので、「つまらない」という口コミは少ないと思っていました。

でも調べたら意外とありましたね。

ではなぜ「スカイウォーカーの夜明け」には「つまらない」「面白くない」という口コミがあるのか、その理由を考えました!

「スターウォーズスカイウォーカーの夜明け」つまらないと感じる理由を考察

ストーリーが単純で面白みがない

ストーリーの新鮮味やサプライズがなく、単純で面白くないと感じた方がいるようです。

エピソード9は主人公たちが次々と色々な惑星をめぐります。

それぞれの星で敵と戦ったり次へのヒントをつかんでいきながらサキの進んでいきます。

そして最後は決戦の地・エクセゴルに向かいます。

その展開がスピーディで私は飽きることはなかったのですが、中にはそのストーリーが単純で面白みがないと感じる方がいるようです。

これまで多くの作品を見ている方はストーリーに意外性がないと感じたのかもしれません。

旧三部作・新三部作にくらべて劣る

この理由をあげている方は多いですね。

旧三部作(エピソード4,5,6)と新三部作(エピソード1,2,3)がよかったのに、エピソード7から質が落ちたのでエピソード9もつまらないという理由です。

初期の作品から見ている方には現在の三部作は大いに不満が残るようです。

「スカイウォーカーの夜明け」はエピソード7から始まる三部作の最後の作品です。

前の二作品、とくに「エピソード8最後のジェダイ」はスターウォーズシリーズの中ではかなり不評でした。

 

>>>関連記事:スターウォーズ最後のジェダイはクソつまらない駄作?黒歴史と酷評される理由を考察

 

エピソード9は、登場人物やストーリー・設定など前の二作品の流れを組んで作らなければなりません。

いくら最終章で挽回を狙ったとしても、前の二作の流れをくんでいる作品のため、エピソード9も「つまらない」「おもしろくない」と感じるのかもしれません。

特にエピソード8最後のジェダイがとても評判が悪かったので、そこから三部作最終章へ持っていくのは製作者としてはむずかしかったかもしれませんね。

話しが急すぎて脈略がない

エピソード9はテンポがよく、どんどん話が進んでいきます。

それが心地よく感じた方がいるのに対して、急すぎるので話についていけず、置いてきぼり感を感じた方もいるようです。

一つ一つの出来事がうまくつながっていて次に行けばいいのに、脈略がないので感情移入できないという方もいました。

最後まで観ても話に繋がりがないので「ポカ~ン」としてしてしまった方もいるようです。

かなり前に死んだはずのパルパティーンが、何の脈略もなくエピソード9に登場したことが突然に感じて、ずっと何を見せられてるのかわからないという声もありました。

私もこれらの意見は同意します。

わけのわからない設定が多すぎ

ファンが喜ぶからと、あれもこれも詰め込んでわけのわからない設定になっていたという理由です。

パルパティーンが映画冒頭から簡単に復活したり、C-3POがかんたんに記憶を取り戻したり。

またレイとレンがキスしたり、死んだ人間が突然出てきたり。

これらいろいろなものを詰め込んでいる割に、ひとつひとつに納得できるものがないので支離滅裂になっていると感じている方もいます。

ひとつひとつに納得できる背景や伏線があれば納得はできますが、それがないと不満に感じる方がいても仕方がありませんね。

「スカイウォーカーの夜明け」はよかったという口コミ

ここまで「スカイウォーカーの夜明け」が「つまらない」「駄作」という声や理由をご紹介しましたが、次に「スカイウォーカーの夜明け」がよかったという声をご紹介します。

口コミを見ると「スカイウォーカーの夜明け」はかなり評判がいいですね。

おもしろかった、よかったという声はすぐ見つけることができます。

三部作の完結編としてきちんと締めてくれた、という声が多かったです。

「スターウォーズスカイウォーカーの夜明け」個人的な感想

まず私はエピソード7と8をつい先日見たばかりのスターウォーズ初心者であることをお断りしておきます。

そんなスターウォーズ歴が浅い私が観たエピソード9はめちゃくちゃおもしろかったです!

パルパティーンが序盤から現れカイロ・レンと対峙しますが、どんな展開になるんだろうと期待が膨らみます。

今作品の物語の展開はスピーディでついていくのが大変ですが、細かいことを気にしなくても楽しめるようになっていたのもよかったです。

最初はライフセイバーによるバトルをしたレイとレンが、レンのライトサイド転向を機に深い絆で結ばれるようになっていく様もうまく描かれていましたね。

総じておもしろかったのですが、不満点もありました。

大戦力を従えてパルパティーンが突然出てきたけど、今まで何やってたの?と疑問に思ったこと。

それだけ力があるのなら、前作でスノークを操っていないで自分が出てくればよかったのに、と思ってしまいました。

また死んだ人間に頼りすぎです。

特に死んだベン・ソロの説得でカイロ・レンがライトサイドに転向するって、都合がよすぎるという印象を受けてしまいました。

ただ全体的にはうまくまとまっており、三部作としてきちんと着地の役割を果たしたという印象を受けました。

ただ2回目はないかな。

まとめ

「スターウォーズスカイウォーカーの夜明け」がつまらない、面白くない、駄作という理由は

  • ストーリーが単純で面白みがない
  • 旧三部作・新三部作にくらべて劣る
  • 話しが急すぎて脈略がない
  • わけのわからない設定が多すぎ

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました