ラプンツェルの灯篭のシーンのモデルは?ランタン祭りは日本にあるかについても

アニメ・マンガ

「塔の上のラプンツェル」の印象的なシーンと言えば、コロナ王国からランタン(灯篭)が打ち上げられる場面です。

国王と女王が消えたプリンセスへの想いを込め、毎年ラプンツェルの誕生日に多くのランタンを打ち上げていました。

この記事では「塔の上のラプンツェル」のランタンのシーンのモデルになったイベントをご紹介します。

「塔の上のラプンツェル」灯篭(ランタン)のシーンのモデル

「塔の上のラプンツェル」のランタンのシーンと同じように、ランタンを打ち上げるイベントやお祭りは世界各地で行われています。

その中でも映画のモデルとなったのはタイのコムローイ祭りと言われています。

ここではコムローイ祭りに加えて、世界各国で行われているランタン祭りをご紹介します。

タイのコムローイ祭り

ラプンツェルのランタンイベントのモデルと言われているタイのコムローイ祭り。

毎年11月の満月の夜に行われていますが、日程は約1か月前にしか決まらないんだとか。

チェンマイ付近で行われており、正式には仏教の教えの基づく黄衣奉納と呼ばれる儀式です。

そのためショートパンツやミニスカート、ノースリーブなど、肌を露出する服装では入場できないこともあるそうです。

このイベントはランタンが一人一つずつ用意されていますが、一人で飛ばすにはかなり大きいので、周りの人と協力して1つのランタンを空に打ち上げます。

空に舞い上がるランタンは数千個。

参加すればきっとラプンツェルとユージーンと同じ気分を体験できるに違いありません。

なおコムローイ祭りには日本からも3、4泊のツアーが100,000円ほどで組まれているそうですが、コロナ問題が治まり安心してスカイランタンを見られる日が来るといいですね。

台湾の平渓天燈節(ピンシー ティェントゥンチエ)

「塔の上のラプンツェル」のランタンのシーンは台湾の平渓天燈節という説もあります。

平渓天燈節は台北から東に行った小さな山里で行われるイベントで、毎年旧正月の15日に開催されます。

先祖への平穏無事を告げご加護を祈ることから始まりましたが、今ではお祭りとして多くの人が集まるイベントになっています。

司会者の進行により祭りは進み、ステージでは歌やダンスなども披露され、ランタンが打ち上げられる順番を待ちます。

自分の順番が回ってきたらランタンに願い事を書いて打ち上げ!楽しそうですね。

なおイベントの参加者の内訳は日本人50%、台湾人40%、その他が10%と日本人が一番多いんだとか?

日本語のアナウンスも流れるので、安心して参加できるイベントのようです。

ポーランドの聖ヨハネ祭

灯篭を打ち上げるイベントはヨーロッパにもあります。

ポーランド最古の都市・ポズナンで、毎年6月に夏至を祝う聖ヨハネ祭が行われていました。

ポーランドではキリスト教が伝わる前から一年で昼の長さが一番長くなる夏至(6月21日または22日)をお祝いする風習があったそうです。

その風習がキリスト教と習合し、現在のようなイベントになったとか。

例年30,000個ほどのランタンが空に打ち上げられ、2013年にはギネス記録にも認定されました。

ただし2014年以降は開催が見送られ、再開の可能性はありません。

なぜかと言うと危険だから。

2013年にはランタンが落ちて火事になったこともあり、現在では中止されています。

残念ですが、安全を考えると正しい判断かもしれませんね。

アメリカの RiSEランタン・フェスティバル 

次にご紹介するのはアメリカの RiSEランタン・フェスティバル です。

ラスベカスから40㎞ほど車で走ったモハ―ヴェ砂漠で行われます。

2019年で6年目を迎えた歴史の浅いイベントですが、なんと約20,000個のランタンが砂漠の空の打ち上げられる、ド派手なランタンフェスティバルです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

RiSE through the eyes @arstyy ✨

RiSE(@risefestival)がシェアした投稿 –

空に打ち上げられるランタンはキレイなだけでなく、環境にも配慮したものになっています。

自然にやさしい素材を使い、イベント終了後の回収も100%行われます。

別のごみが見つかったら回収するという徹底ぶりはエコフレンドリー。

ラスベガスに旅行した際は、ぜひ参加したいイベントです。

日本にあるランタン祭り(灯篭祭り)

「塔の上のラプンツェル」のランタンのシーンは海外のお祭りやイベントがモデルのようですが、日本にもランタン(灯篭)を空に打ち上げるイベントがあります。

ここでは日本で行われているランタン祭りを4つご紹介します。

岩手県のはなまき星めぐりの夜

最初にご紹介するのは岩手県花巻市で毎年1、2月に行われる「はなまき星めぐりの夜」です。

花巻温泉郷に宿泊する方が参加できるイベントで、宮沢賢治も見たであろう花巻市の夜空にランタンが打ち上げられます。

ランタンには願い事を書くことができますよ!

イベントの最後には花火も打ち上げられます。

なお「はなまき星めぐりの夜」は、阪急交通社と花巻市が共同開催しているイベントなので、阪急交通社を通じて申し込むのがいいですね。

新潟県のつなん雪まつり

つなん雪まつりは新潟県津南町で毎年3月に開催されるイベントです。

例年雪が降る中、約1,000個ものランタンが夜空に打ち上げられます。

イベント中はスノーボードジャンプ大会SNOWWAVEやスノーモービル体験や雪中宝探しなどもあります。

2020年は新型コロナウィルス感染拡大防止のために残念ながら中止になりましたが、2021年以降はまた無事に開催できるといいですね。

大阪府の大阪七夕スカイランタン

大阪七夕スカイランタンは、大阪府淀川市で夏に開催される日本最大級のランタンフェスティバルです。

2日間で約6,000個のランタンが打ち上げられますが、火を使用せずLEDで明かりを灯しているため安全で、小さい子がいる家族連れも安心して参加することができます。

このイベントはチケット制で、入場料金にはスカイランタン1個がついてきます。

参加者は七夕で短冊に願いを書くように、スカイランタンに願いを書いて空に飛ばします。

都市を背景に打ち上げられるランタンが見られるのは全国でも少ないはず。

ぜひ一度参加してみたいですね!

長崎県の長崎ランタンフェスティバル

例年2月に開催される長崎市の長崎ランタンフェスティバル。

中国の旧正月を祝う行事「春節祭」を起源とするイベントで、長崎新地中華街、眼鏡橋周辺、湊公園、中央公園など市内中心部に約15,000個ものランタンが飾られます。

長崎ランタンフェスティバルでは、これまで紹介したようなスカイランタンの打ち上げはありませんが、異国情緒あふれる雰囲気を味わうことができるイベントです。

なお2019年は中国を舞台にした人気作品「キングダム」とのコラボ企画もありました。

まとめ

この記事では「塔の上のラプンツェル」のランタン(灯篭)のシーンのモデルとなったランタン祭りをご紹介しました。

モデルとなったと思われるランタン祭りは

  • タイのコムローイ祭り、あるいは台湾の平渓天燈節
  • ポーランドでも2013年まで聖ヨハネ祭が行われていた

また日本で行われているランタン祭りを4つご紹介しました。

  • 岩手県のはなまき星めぐりの夜
  • 新潟県のつなん雪まつり
  • 大阪府の大阪七夕スカイランタン
  • 長崎県の長崎ランタンフェスティバル

はやくコロナウイルスが終息して、安心してこれらのイベントが楽しめる日が来るといいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました!

関連記事
ラプンツェルはなぜ自分が消えたプリンセスだと気づいた?誕生日についても

ラプンツェルの髪が汚い?長さや重さ・切れない理由や伸びないのかについても

塔の上のラプンツェルのゴーテルは悪くない・いい人?愛情はあったか考察

塔の上のラプンツェルでゴーテルは最後になぜ消えた?転落死ではない?

「塔の上のラプンツェル」ユージーンはなぜ髪を切った?髪の能力・特徴についても

塔の上のラプンツェルでユージーンは死んだのに生き返るのはなぜ?

「ラプンツェル」盗賊の足の指が6本なのは作画崩壊?名前や夢についても

ラプンツェルのパスカルがかわいい!性別やモデル・種類やグッズについても

塔の上のラプンツェルのゴーテルはかわいそう?悪いのは国王の独り占め?

タイトルとURLをコピーしました