「東京リベンジャーズ」ドラケンがかっこいい!強さや過去・エマとの関係についても

東京リベンジャーズ

「東京リベンジャーズ」に登場するドラケン(龍宮寺堅)。

東京卍會で総長を務めるマイキー(佐野万次郎)のいい相棒です。

強いだけでなく、仲間を思う気持ちや不良以外の人に配慮する心も持っています。

今回はそんなドラケンに注目しました!

かっこいい魅力や強さ、過去や恋人エマとの関係についてまとめました。

なおこの記事にはネタバレがあります。

 

「東京リベンジャーズ」ドラケン(龍宮寺堅)のかっこいい魅力まとめ!

ドラケンの基本情報

  • 名前:龍宮寺堅(りゅうぐうじけん)
  • ニックネーム:ドラケン
  • 生年月日:1990年5月10日
  • 身長:185cm
  • 体重:75kg
  • 学年:2005年では中学3年
  • 所属:東京卍會
  • 役職:副総長
  • 家族:なし

185cmの長身、金の辮髪、左のこめかみに彫られた竜のタトゥーが印象的なドラケン。

父親は不明、母親はドラケンが2歳の時に失踪したため、孤独な境遇の持ち主。

2005年現在は渋谷の風俗店で生活しながら学校に通っています。

東京卍會(トーマン)では副総長を務め、マイキーのいい相談役。

時には意見が対立することもありますが、話がまとまるとすぐに良好な関係に戻るようです。

作中では主人公のタケミチ(花垣武道)がタイムリープして過去を変え、ヒナ(橘日向)の命を救おうとしますが、ドラケンの未来は死刑囚になったり、殺されていたり。

なぜか悪い方にしか向かいません。

不良の中ではまともな方だから、最終的にはいい未来になっていてほしいです(笑。

次からドラケンのかっこいい魅力をご紹介します。

いつも冷静に行動できる

引用元:「東京卍リベンジャーズ」

暴走族という集団の性質上、すぐに頭に血が上るメンバーが多い中で、ドラケンは冷静に物事を判断できるタイプの人間です。

物語前半、トーマン参番隊隊長のパーちん(林田春樹)の親友が愛美愛主(メビウス)のメンバーに暴行されます。

これに怒ったトーマンはメビウスを潰すことにしますが、タケミチがこれに反対。

ほとんどの幹部はタケミチの話に耳を傾けませんが、ドラケンだけは「もう少しメビウスを調べてもいいのでは」と、タケミチの提案を受けいれます。

メンバーが熱くなっている状況でも、ドラケンは人に意見を聞き、冷静に判断できる頭を持っています。

こんな副リーダーがいたらメンバーは心強いですよね。

そんなドラケンはかっこいいです!

独自の不良観がかっこいい

引用元:「東京卍リベンジャーズ」2巻

私個人の勝手な印象ですが、ドラケンは独自の「不良観」を持っているように感じます。

パーちんの親友が暴行された事件で、メビウスのメンバーは親友の彼女にも暴行を加えていました。

ドラケンは女性の入院する病院に行き、女性の両親の前で「全部俺らの責任です」と頭を下げたのです。

自分には一切責任がないにも関わらず。

一般人を巻き込んじゃダメだ」という考えに基づいた行動ですが、なかなかできることではありません。

また暴行事件を起こしたメビウスの総長・長内に「不良の道から外れたから負けたんだ」と、独自の「不良観」を説きます。

ドラケンの「不良観」は、ドラケンが持つやさしさに裏付けられたものであると考えます。

だからこそ多くの人間がついてくるのかもしれません。

かわいいところもドラケンの魅力

体が大きくて強くて、迫力も満点。

そんなドラケンですが、一方でかわいい面も持っています。

第36話でわかったことですが、ドラケンは中3になってもシャンプーハットを使っているのです。

シャンプーが目に入るのが怖いんだとか!?笑っちゃいますよね。

強さとかわいさのギャップが何とも言えません。

愛機(バイク)のゼファー400カスタムもかっこいい

引用元:「東京卍リベンジャーズ」8巻

ドラケンの愛車はKawasakiゼファー400カスタム。

大きめのフロントデュアルディスクが目を引きます。

搭載する空冷4ストロークDOHC並列4気筒の400ccエンジンの最高出力は46ps。

個人的にゼファー400カスタムのシンプルなデザインや、タンクからシートにかけてのラインがとても好きです。

私だったら改造せずに、ノーマルで乗りたい。

作中に登場するバイクも「東京リベンジャーズ」の魅力の一つですが、ドラケンのゼファー400カスタムもかなりかっこいいです!

「東京卍リベンジャーズ」ドラケンの強さを解説

ドラケンと言えば圧倒的な強さです。

ここでは作中での戦いぶりから、ドラケンの強さを見ていきます。

一人でメビウスメンバーを圧倒

引用元:「東京卍リベンジャーズ」3巻

2005年8月3日、地元でお祭りが開催される日に、ドラケンは同じトーマンのぺーやん(林良平)やキヨマサ(清水将貴)から命を狙われていました。

ぺーやんはメビウスの残党を多数引き連れてドラケンを襲いますが、ドラケンは一人で20人の敵を倒してしまいます。

「20人が限界か」とドラケンは言っていましたが、一人で20人倒すなんてありえません。

その後ドラケンはキヨマサの短刀に刺され、重症を負いますが、手術を受け命はとりとめます。

これによりタケミチは「8月3日にドラケンを死なせない」というミッションを達成します。

半間を一発でぶっ飛ばし戦況を変える

後に「血のハロウィン」と呼ばれる2005年10月31日の抗争。

ドラケンたちは、トーマン150人vsバルハラ300人という数的不利の状況で戦うことを強いられます。

そんな状況でドラケンは一気に10人をぶっ飛ばし、さらにバルハラ副総長の半間修二にガードの上からパンチを浴びせ、吹き飛ばします。

これにより戦況が変わり、トーマンは息を吹き返します。

ドラケンは数的不利をものともしない強さを持っている事がわかります。

聖夜決戦でも多数を圧倒

引用元:「東京卍リベンジャーズ」12巻

2005年12月25日の「聖夜決戦」でもドラケンの強さは健在。

教会を取り囲む約100人の黒龍会メンバーを一人で倒してしまいます。

ドラケンの戦い方は恵まれた体型とパワーを活かしたもの。

マイキーの強さを切れ味の鋭い日本刀に例えると、ドラケンの強さは大なた、あるいはマサカリに例えられるかも。

加えて小学生のころからケンカをしているので、場数を踏んでいる強みもあります。

マイキーとガチンコで戦ったらどっちが強いのか?

戦ってほしくはありませんが、想像するとワクワクしてしまいます(笑。

ドラケンの過去のエピソード3つをご紹介

ここでドラケンの人物像がわかる過去のエピソードを3つご紹介します。

小学5年で入れ墨(タトゥー)を入れる

ドラケンのトレードマークと言えば、左のこめかみ付近に彫られた竜の入れ墨。

ドラケンがタトゥーを入れたのは、なんと小学5年生のとき。

彫師からは「ロクな大人になんねーな」と言われますが、ドラケンは「かっけー!」と喜んでいました。

その頃にはすでに左耳にピアスをして、同級生に「ドラケン」と呼ばせていたことが単行本2巻番外編に描かれています。

体も大きく、逆らえる小学生はいなかったようです。

マイキーとの出会い

ドラコンの入れ墨を彫り、調子に乗っていたドラケンですが、近所を仕切っている高校生の鮫山一派に脅されてしまいます。

その鮫山からマイキーの話を聞いたドラケンは、さっそくマイキーの通う学校へ。

するとそこにいたのは普通にしか見えない小学生。

鮫山一派のことを聞いたマイキーは、すぐに鮫山のところに行くと、鮫山の顔面に蹴りを見舞いノックアウト。

これがドラケンとマイキーの出会いでした。

Twin to Dragon:三ツ谷隆との出会い

引用元:「東京卍リベンジャーズ」122話

ドラケンと三ツ谷隆と出会いは、マイキーと出会うより前のこと。

母子家庭のため、いつも2人の妹の世話を任されている三ツ谷は、家を飛び出し壁に竜の落書きをしていました。

その様子を見ていたのがドラケン。

ドラケンは自分のカルビ弁当と三ツ谷の竜の絵を交換しようと言います。

その後一緒に時間を過ごし、三ツ谷の人柄を知ったドラケンは「オマエはいいやつだ」「不良には向いていない」と三ツ谷に言います。

一度は家に帰った三ツ谷ですが、1ヶ月後ドラケンのもとに再びやってきて「家族を大事にする不良になる」と宣言。

なんとこのとき2人のこめかみ付近には竜のタトゥーが彫られていました。

三ツ谷にとって竜の入れ墨は「いつかドラケンに追いつく」という覚悟の現れ。

それ以来、三ツ谷はドラケンの背中をずっと追っています。

ドラケンとエマの関係を解説

最後にドラケンと恋人のエマの関係について解説します。

ドラケンとエマは相思相愛

ドラケンの恋人はマイキーの腹違いの妹エマ。

2人は相思相愛のカップルです。

ドラケンはエマの誕生日に、エマがゲーセンで欲しがっていたクマのぬいぐるみをプレゼント。

プレゼントを渡したドラケンは「用済んだし帰るわ」と、すぐに帰っていきました(66話)が、この様子を見ていたタケミチたちは「かっけー!」というしかありませんでした。

ドラケンのことが好きなエマですが、もう少し関係を発展させたい様子。

背伸びして、大人の経験もしてみたいようです(笑。

ドラケンとエマは現代で結ばれるのか

結論を書くと、ドラケンとエマは現代で結ばれることはありません。

なぜならエマが死んでしまうから。

マイキーを失意のどん底に落としたい稀咲鉄太は、関東事変の直前にエマを殴り殺害(147話)。

ドラケンは大切な恋人を失う結果になってしまいます。

タケミチがまたタイムリープして過去を変えれば、エマの死を阻むことができるかもしれませんが、むずかしそうです。

なぜならタケミチが現代に戻っても、エマの姿はどこにもないから。

できれば復活してほしいですが、やはりエマは死ぬしかないのでしょうか?

ドラケンの最新の現代を解説

原作マンガ199話終了時点でのドラケンの最新の現代を解説します。

関東事変の決着後、東京卍會の解散を見届けたタケミチは、2006年3月17日にヒナに結婚の約束をして現代へ。

するとそこはパーちんの披露宴会場。

かつての東京卍會のメンバーも参列しており、もちろんドラケンの姿もありました。

ドラケンはイヌピーこと乾青宗とバイク屋を経営しているとのこと。

なお

  • 三ツ谷隆:駆け出しのファッションデザイナー
  • 松野千冬:ペットショップ経営
  • 羽宮一虎:千冬のペットショップの手伝い
  • 河田兄弟:ラーメン店経営
  • 柴八戒:海外でモデル活動
  • 柴柚葉:八戒のマネージャー

この日の主役のパーちんは家業を継いでおり、ぺーやんがパーちんの側近をしているそうですよ!

「東京リベンジャーズ」を約65%OFFで読めるサービスをご紹介

以下の記事では「東京リベンジャーズ」単行本を安く読めるサービスをご紹介しています。

1冊165円(約65%OFF)で6冊読めるクランクインコミックや、50%OFFで読めるebookjapan。

1冊無料で読めるU-NEXTなどをご紹介しています。

 

 

まとめ

  • ドラケン(龍宮寺堅)は東京卍會の副総長で、マイキーの相棒
  • いつも冷静で、独自の不良観を持ち、かわいいところがあるドラケンはかっこいいキャラクター
  • 戦いでは体の大きさを活かし、大人数でも圧倒的できる強さを持つ
  • エマとは相思相愛の関係だが、エマが死んでしまうので、現代で結ばれることはない

最後まで読んでいただきありがとうございました!

「東京リベンジャーズ」アニメ1期は原作マンガの何巻まで?2期の可能性についても

「東京リベンジャーズ」マイキーがかっこいい!強さやバイク・死亡についても

「東京リベンジャーズ」三ツ谷隆がかっこいい!過去や髪型・バイクについても

「東京リベンジャーズ」ヒナ(橘日向)がかわいい!現代で死亡する理由についても

「東京リベンジャーズ」花垣武道がかっこいい!強さや名言・ヒナとの恋愛についても

「東京リベンジャーズ」ドラケンがかっこいい!強さや過去・エマとの関係についても

「東京リベンジャーズ」稀咲鉄太の正体は?ヒナとの関係や目的・能力についても

「東京リベンジャーズ」83抗争の結末は?ドラケン死亡を回避できるか解説

「東京リベンジャーズ」イケメンランキングトップ10!かっこいいキャラクターは誰?

「東京リベンジャーズ」場地圭介の過去を解説!バルハラ加入の目的や死亡についても

「東京リベンジャーズ」の黒幕は稀咲か半間かナオトか?謎や矛盾点も考察

「東京リベンジャーズ」時系列まとめ!過去改変後の現代についても解説

「東京リベンジャーズ」佐野エマがかわいい!イザナとの関係や生き返るかについても

「東京リベンジャーズ」半間修二の正体は?目的や強さ・死亡するかについても

「東京リベンジャーズ」S62・H2など世代別キャラまとめ!トーマン創設メンバーについても

「東京リベンジャーズ」死亡キャラまとめ!タイムリープの影響を受ける人物についても

「東京リベンジャーズ」血のハロウィン結末解説!羽宮一虎やバルハラのその後についても

「東京リベンジャーズ」聖夜決戦の結末ネタバレ!柴大寿・八戒や稀咲のその後についても

「東京リベンジャーズ」黒川イザナの正体は?マイキーとの関係や強さ・死亡についても

「東京リベンジャーズ」強さランキングトップ10!最強キャラはマイキーかイザナか?

「東京リベンジャーズ」羽宮一虎の過去の罪を解説!マイキーを恨む理由やその後についても

「東京リベンジャーズ」最初のタイムリープ2つの謎!千堂敦が突き落とした理由も考察

「東京リベンジャーズ」橘直人の記憶はリセットされる?タイムリープできるかも考察

「東京リベンジャーズ」マイキーは未来でどうなる?死亡や闇堕ちの現代についても

タイトルとURLをコピーしました