薔薇王の葬列のアンが死亡?リチャードとの出会いから最期までを解説

薔薇王の葬列

「薔薇王の葬列(ばらおうのそうれつ)」に登場するアン・ネヴィル。

ヨーク公リチャードの右腕的存在であるウォリック伯の長女です。

ヨーク家とランカスター家の争いの中で、運命に大きく翻弄されつつも、力強く生きる女性でもあります。

そんなアンはストーリーの中で死亡するのでしょうか?

今回は作中でアン・ネヴィルが死亡するかについて、ネタバレありで解説します。

 

「薔薇王の葬列」アンは死亡するのか解説

アンは死亡する?

さっそく結論ですが、アンは死亡します。

アンが死亡するのは16巻74話。

ここに棺(ひつぎ)が運ばれるシーンと、リチャードが十字架に薔薇を手向けるシーンが描かれています。

この場面を見るだけではアンの葬儀なのか、それとも別の人物の葬儀なのか、はっきりわかりませんでした。

ですが、続く75話でアンの葬儀であったことが判明します。

アンの死因

アンの死因は結核。

子どもの頃、アンは結核にかかり、生死をさ迷います。

一度は治り、健康を取り戻しますが再発し、医者から「もう長くは生きられない」との診断を受けます。

この病気が原因で、アンは命を落としてしまいます。

なおアンと接していたリチャードも結核に罹患(りかん)し、体調を崩すことになります。

リチャードにエドワードを廃嫡するよう依頼

結核が再発し、長く生きれないことを悟ったアンは、リチャードに息子のエドワードを廃嫡(はいちゃく)するよう依頼。

王の子である限り、エドワード王太子は争いに巻き込まれ、いつ命を狙われてもおかしくありません。

息子の行く末を心配したアンは、自分が死ぬ前にエドワードを王家の呪縛から解き放とうとしたのです。

アンの願いを聞き入れたリチャードはエドワードを死んだことにして、エドワードに新たな人生を歩ませることにします。

 

血の繋がりはありませんが、リチャードはエドワードを実の子としてここまで育ててきました。

エドワードと別れることは、リチャードにとっても苦渋の決断だったに違いありません。

こうしてリチャードは妻のアン、息子のエドワードという大切な存在を失うことになります。

アンとリチャードの出会いから最期までを解説

ここではアンがリチャードと出会ってから死亡するまでを簡単にまとめました。

アンはウォリック伯の長女

アンはウォリック伯の長女。

イザベルという妹がいます。

ウォリック伯はヨーク公リチャードの右腕的存在。

本編開始当初、ウォリック伯はリチャードを次の王にすることで、自分が王に次ぐ最高権力者になることを狙っていました。

その姿はキングメーカーそのもので、自分が権力を握るためなら、2人の娘さえも政治の道具にしようとするほど。

この時代には、それも当たり前だったのかもしれませんが。

しかしヨーク家を継いだ長男のエドワードが身勝手な行いを始めると、ウォリックはエドワードと対立するようになります。

幼少期にリチャードと出会う

アンとリチャードの出会いは1巻1話。

父親であるヨーク公リチャードの遠征中、リチャードは兄のジョージとともにネヴィル家に預けられていました。

ここでアンとリチャードは初めて出会うことになります。

 

その後、ヨーク公リチャードの王座就任を祝う宴席でアンとリチャードは再会(1巻4話)。

このときアンは好意を寄せているリチャードに、「あなたは他の人と違う」と言ってしまいます。

しかし両性具有であるリチャードは、アンの言葉に傷ついてしまいます。

 

この後もアンとリチャードは何度か同じ時間を過ごすことになります。

政治の道具に利用されエドワードと結婚

リチャードに思いを寄せていたアンですが、ヨーク家と対立した父・ウォリック伯の思惑により、ランカスター家の長男・エドワードと結婚させられることに。

最初はぎこちなかったアンとエドワードでしたが、次第にその距離が縮まり、「愛し合うことはできなくても、お友達になれる」というほどになります。

それでもエドワードの母・マーガレットが、自分の目の前で夫婦の営みをするよう共用するなど、アンに平穏な日々が訪れることはありませんでした。

エドワードの死亡後にアンは出産

ヨーク家とランカスター家の戦いで、アンはランカスター家の血を守るために、エドワードの影武者を演じることにします。

しかしエドワードは、ヨーク家のジョージとエドワードに立て続けに刺され死亡。

こうしてアンは未亡人になります。

 

エドワードの死後、アンは妹のイザベル夫妻のもとで下働きをすることに。

そしてアンはエドワードとの間にできた子を出産します。

リチャードと結婚するも愛情はなし

即位したエドワード四世は、アンとリチャードを結婚させます。

しかしリチャードにアンを愛する気持ちはなし。

両性具有であるリチャードとアンとの間に夫婦の営みもなく、夫婦関係は冷めきっていました。

それでもアンには「リチャードに愛されたい」という気持ちがありました。

「愛されたい」という強い気持ちは、アン自身を苦しめることになります。

アンの結核が再発

やがてアンの結核が再発。

アンは自分が長く生きられないことを知ります。

するとアンはリチャードに、エドワードを王家から解き放つように依頼。

リチャードが王である限り、エドワードがいつ命を狙われるか、わからないからです。

アンの願いを聞き入れたリチャードは、エドワードを死んだことにして、新しい人生を歩ませることにします。

やがてアンは死亡。

そして、アンの結核が感染したリチャードの命も風前の灯火となってしまいます。

ebookjapanなら「薔薇王の葬列」を50%OFFで読める

以下の記事では、マンガ「薔薇王の葬列」を安く読めるサービスをご紹介しています。

オススメはebookjapan。

無料登録するだけで6回の買い物に使える50%OFFクーポンをもらえて、「薔薇王の葬列」を安く読むことができますよ!

>>>ebookjapanで「薔薇王の葬列」を50%OFFで読む

まとめ

この記事ではアン・ネヴィルの死亡について、ネタバレありで解説しました。

  • アンは結核が再発して死亡する
  • 死を覚悟したアンは、リチャードにエドワードを廃嫡するよう依頼
  • リチャードはエドワードを死んだことにして、エドワードを廃嫡した

こうして振り返ると、ヨーク家とランカスター家の争いの中で、アンが壮絶な人生を送ってきたことがわかります。

好きなキャラクターだっただけに、できれば幸せになってほしかった・・・。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました