「不滅のあなたへ」アニメ1期はマンガの何巻までか考察!続きは何巻からについても

アニメ・マンガ

週刊少年マガジンに連載中の「不滅のあなたへ」。

2020年10月からアニメ放送が開始されることもあり、一層注目が集まっています。

ここで気になるのはアニメ1期はどこまでの内容が放送されるか、ということです。

そこでこの記事では「不滅のあなたへ」アニメ1期は原作マンガの何巻まで放送されるかについて考察します。

「不滅のあなたへ」アニメ1期は何話で放送?

「不滅のあなたへ」アニメ1期は2020年10月の月曜日22:50~23:15に放送が予定です。

放送開始日は発表されていませんが、9月には公式サイトで正式な発表があると思われます。

なおアニメ1期は全20話で放送されることがすでに発表されています。

「キングダム」にしても「メジャーセカンド」にしても、2020年4月以降のNHKのアニメは新型コロナウイルスの影響で収録が順調に行われておらず、予定通りに放送されていません。

「不滅のあなたへ」への影響も気になるところですが、予定通り放送されることを祈りたいですね!

「不滅のあなたへ」アニメ1期は原作マンガの何巻までか考察

引用元:「不滅のあなたへ」3巻

「不滅のあなたへ」は2020年7月17日に13巻が発売されますが、12巻までが第一部「前世編」、13巻からが第二部「現世編」です。

アニメの放送回数が20回ということを踏まえて、原作の何巻まで放送されるのか、考察していきます。

個人的には以下の3つの可能性を考えました!

  • 単行本7巻59話まで
  • 単行本10話94話まで
  • 単行本12巻116話まで

それぞれ考察していきます。

単行本7巻59話まで:トナリが死ぬまで

引用元:「不滅のあなたへ」7巻

単行本7巻では、40年間もサールナイン島で一人で生きてきたフシのもとに、ハヤセの孫のヒサメが訪れます。

続いて村に支援にやってきたというトナリとサンデルがやってきます。

彼らは夕食をともにしますが、ヒサメの左腕のノッカーがトナリに襲いかかり、これが原因でトナリは死んでしまいます。

その後フシは自分の仲間を探すことを考え始めたところで59話が終了します。

ジャナンダ島に行ったばかり頃は、フシはトナリのことが嫌なやつだと思っていましたが、後に和解し、協力し合うようになります。

またトナリはフシに自分の体を使ってほしくて、毒に負けない体を作ってきました。

これらのことを考えると、トナリが死ぬところまでアニメで放送すれば、アニメ1期は感動的に終了することは間違いありません。

話の区切りがいいこと、全20話であることも考慮すると、7巻59話まで放送される可能性が高いと考えます。

単行本10巻94話まで:レンリルでノッカーとの戦いが始まる直後まで

引用元:「不滅のあなたへ」10巻

単行本10巻では、フシらは王都レンリルに入り、来たるべきノッカーとの戦いに備えて街を整備します。

アルメ王女の信用も勝ち取り、準備は順調に進んでいました。

そして予言通り、約束の日にノッカーは城を攻撃してきます。

マーチが生き返ったところで10巻が終了し、11,12巻でのノッカーと戦いに続きます。

やや消化不良の印象もありますが、ここで終わらせればアニメ2期への期待は膨らみます。

ただ全20話という回数を考えると、10巻までアニメ化するのはむずかしいかもしれません。

単行本12巻116話まで:「前世編」が終了するまで

引用元:「不滅のあなたへ」12巻

話の区切りを考えると、「前世編」が終わる12巻まで放送されるのが最も理想的です。

116話の最後にはミズハも登場するので「現世編」への期待も高まります。

でも全20話で「前世編」すべてを放送することはどう考えてもムリです(笑。

アニメ1期で12巻まで放送される可能性は極めて低い、むしろゼロと言っていいでしょう!

 

「不滅のあなたへ」アニメ1期は単行本7巻59話までと考察

以上3つの可能性を考えてきましたが、個人的な考察の結論としては「不滅のあなたへ」アニメ1期はトナリが死ぬ単行本7巻59話まで放送されるのではないか、と考えました。

  • 全20話であること
  • 話の区切りがよく、感動的なエンディングを迎えられること
  • 次からはフシが自分の仲間を探す話が展開されること

などが理由です。

「不滅のあなたへ」は人の感情の描写がとても丁寧で繊細ですが、7巻59話までなら原作のよさを保ちつつアニメ化できるのではないでしょうか。

まとめ

あくまで個人的な考察ですが

  • 「不滅のあなたへ」アニメ1期は単行本7巻59話でトナリが死ぬまで

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 
タイトルとURLをコピーしました