「不滅のあなたへ」ミズハはカハクの子孫?13巻あらすじネタバレ

アニメ・マンガ

7月18日発売「不滅のあなたへ」13巻(最新刊)のネタバレをします!

12巻の最終ページに登場したミズハという女子は誰なのかについてもご紹介します。

ネタバレありなので、内容を知りたくない方はご注意ください。

「不滅のあなたへ」13巻あらすじ!ミズハはカハクの子孫?

現代に蘇ったフシ

ノッカーとの激しい戦いから数百年後、レンリルの大樹と一体となっていたフシが目覚めます。

海岸にやってきたフシは元の少年の姿を取り戻し、世界が平和になったことを実感すると「やった」「うおおおおおお!!」と喜びの声を上げます。

そしてマーチ、グーグー、ボン、メサールら、かつての仲間や友人たちをそれぞれの故郷に蘇らせます。

フシもどこかに生きたいと思っていましたが、彼の手にはロープが縛られており、自由が効きません。

すると観察者(黒いの)が突然現れ、「取りたければとればいい」と、「ご褒美」としてロープを一度切っても再び繋げられる能力をプレゼント。

フシはようやく自由を手にすることができました。

「しにたい」が口癖のミズハ

薙刀、テニス、剣道、バレエ・・・何をやってもうまく、すぐに結果を出してしまうミズハは、かなり覚めたタイプの女子です。

何人もの男子から告白されるほどモテますが、同じ女子からは浮いた存在でもあります。

友だちも少なく、唯一の友だちと言えるのはオカルト部のハンナだけ。

教育熱心で束縛がきびしく、休みの日さえ自由に外出させてくれない母親にミズハは嫌気が差しており、「しにたい」というのが口癖になっています。

母親はなぜそこまでしてミズハを拘束したがるのか?何やら理由があるようです。

迷うフシとオカルト大好きユーキ

自由になったフシは、マーチに会うためにニナンナに行きますが、すでにマーチは新しい家族を見つけていました。

楽しそうなマーチを見たフシは「自分はどこに行けばいい?何をすればいい?」と迷い、魚に擬態してひたすら海を泳ぎます。

そしてミズハと同じ学校に通う、オカルト大好き少年のアオキユーキに釣り上げられます。

目の前でいろいろな姿に擬態するフシに興味を持ったユーキは、フシを自宅に連れ帰り、一緒に暮らすことにします。

祖父から「フシのことは家族の秘密にしよう」と言われたユーキですが、学校に行くと「ビーストボーイを拾った!」と、フシのことを言いふらしてしまいます(笑。

なお「フシ」という名前をユーキから聞いたミズハは「なつかしい」と一言漏らすのでした。

フシとミズハの出会い

フシはエコと馬を蘇らせ、ユーキの家に居候させます。

このことも祖父から口止めされていたユーキですが、学校に行くとまたもフシのことを喋ってしまいます。

体育祭の練習中、足を踏まれてケガをしてしまったミズハは早退しますが、下校中「痛いんだろ?それ放っておかない方がいい」と、フシに声をかけられます。

フシはミズハの顔をよく見ると、何かを感じたのか、ミズハの左腕を確認します。

その晩、ミズハは母親から来月引っ越すことを告げられます。

新しい共同生活

そのころボン王子を始め、フシが中世から蘇らせた人たちを撮影した動画が世間を騒がせていました。

この動画を見たフシやユーキの妹らは、ボンとフシの約束を叶えるために設立された「テイスティビーチ財団」という団体に連絡をします。

すると財団はすぐに動き、ボン、グーグー、メサール、、ハイロ、トナリ、マーチら、かつてのフシの仲間を来日させます。

彼らはユーキの祖父の車に乗り、ユーキの家に。

フシはあっという間にユーキの家を増築し、ユーキ一家とフシたち9人と2匹(リガード、オニグマ)の新しい共同生活が始まるのでした。

家出したミズハが行った先は?

母親との関係に悩んでいたミズハは姿を消します。

心配したユーキやハンナらはミズハを探しますが、見つけることはできません。

この話を聞いたフシはロープを自分の体に再接続して、ミズハの居場所を探します。

ミズハの痛みを感じたことがあるフシは、すぐにミズハが祖父の家にいることを突き止めます。

フシはボン王子の妹・ポコアの変身して、祖父の家にいるミズハの前に姿を現し、家に帰るよう言います。

フシの言葉に促され、ミズハは家に帰る決意をします。

ミズハは18代目の当主?

家出中、ミズハは祖父から「守護団」の話を聞きます。

ミズハの家はずっと「守護団」という宗教団体の当主をしており、ミズハは「守護団」の18代目の当主になる予定だとか?

でも当主になることについて祖父とミズハの母親が揉めており、ずっと絶縁状態になっています。

ミズハは祖父から勧められ、先祖のハヤセが保護した怪物について書かれた本を読むと、その怪物はフシであることを知ります。

そしてフシこそが自分にとって本当に大切なピースであり、すべてを超越した存在であることを悟ると、「私はあの人がほしい」と心から思うのでした。

母は何を思う?

家出をして帰ってきたミズハに、母親は「ママが小学生の時から使っていたお気に入り」と言い、アンティーク調のヘアゴムを贈ります。

母親は「ママの大事な子」と言い、ミズハをハグしますが、そのヘアゴムはたった300円でお店で売られていたものでした。

この事実を知ったミズハはショックを受けます。

ミズハの母親の行動にはどんな意味があるのでしょうか?

私と・・・友達になって

気がつくと、ミズハは家の廊下で眠っていました。

その後父親との通話を終えると、ミズハは自分の血だらけの手に包丁が握られていることに気が付きます。

そしてダイニングには胸を刺され、血まみれになった母親の姿が・・・!?

ミズハは家を飛び出し、あてもなく走ると、草むらに逃げ込みます。

そこに「君の友達に頼れなかったのか?」とフシが声をかけます。

さらにフシは「君にしてあげられることある?」と尋ねます。

ミズハは微笑みながら「私と・・・友達になって」とフシに答えます。

「不滅のあなたへ」ミズハの正体・何者なのか?13巻ネタバレ

12巻の最終ページに載っていたミズハという少女はハヤセ、カクハの末裔でしたね。

どうやらミズハの母親がハヤセやカクハの血を引いているようです。

ミズハの母親は何やら訳ありの人物のようで、私には彼女の行動がおかしく見えました。

どんな意図があって娘をあんなに束縛したりしていたのでしょうか?

またミズハが家出したときも、みんな探しているのに母親はスマートフォンで自撮りをしたりしていましたし。

単なる毒親!?

 

一方のフシですが、観察者から「よくやった。今後は自分を謳歌しなさい」と言われ、自由の身になりましたが、それどころではなくなってきました。

せっかく昔の仲間と再会して、ユーキ一家とも仲よくなれたのに、新しい悩みを抱えることになりそうです。

ハヤセやカクハのときと同じように、ミズハにしつこく付きまとわれるのでしょうか?

今後の展開がまったく予想できません!

「不滅のあなたへ」を安くお得に読む方法

ここで「不滅のあなたへ」の単行本をオトクに読む方法をご紹介します。

「不滅のあなたへ」は以下の電子書籍を配信しているサービスを上手に使うことで、通常より安く読むことができます。

  特徴 お試し期間中に
もらえるポイント
1冊の価格 無料お試し期間
U-NEXT

無料期間にもらえるポイントを使い1冊無料で読める

600円分 462円 31日間
FOD

無料期間中にもらえるポイントを使い2冊無料で読める

登録時100円分
8が付く日に400円分
(最大900円分)
420円 2週間
music.jp 無料期間にもらえるポイントを使い1冊無料で読める 600円分(1,000円分の動画ポイントももらえる) 462円 30日間
ebookjapan 50%OFFクーポンを使い、全巻半額で読める お試し期間はないが、登録時に50%OFFクーポンが
もらえる
462円 なし

U-NEXTとmusic.jpは無料お試し登録後にもらえるポイント(どちらも600円分)を利用して1冊462円の「不滅のあなたへ」を1冊無料で読むことができます。

FODプレミアムは登録時に100円、8が付く日に400円分のポイントがもらえるので、2週間のトライアル期間をうまく使えば最大900円分のポイントがもらえます。

このポイントを使い1冊420円の「不滅のあなたへ」を2冊無料で読むことができます。

どのサービスもお試し期間内に解約すれば料金は一切かかりません。

また解約後もログインすれば購入した本をいつでも読むことができます。

 

ebookjapanは登録料、月額料金などは一切かからない都度課金型の電子書籍販売サイトです。

無料登録後にもらえる50%OFFのクーポンを利用することで「不滅のあなたへ」全巻を50%OFF、つまり1冊231円で読むことができます。

50%OFFクーポンは登録後2ヶ月以内に6回の買い物に使うことができ、1回の買い物で最大500円が割引されます。

1回の買い物で2冊ずつ購入すると、12冊を50%OFFで買うことができるのでかなりオトクです。

以下の記事で詳しく解説しているので、オトクに「不滅のあなたへ」を読みたい方は参考にしてみてください。

まとめ

この記事では「不滅のあなたへ」13巻のあらすじを解説しました!

  • フシはノッカーがいない平和な現代に蘇り、かつての仲間とユーキの家で新しい生活を始めた
  • ミズハはフシの守護団の18代目になる女性で、母親との関係に悩んでいた
  • ミズハはフシの存在を祖父から聞くと、フシを欲しいを思うようになる
  • 母親を殺した(?)ミズハはフシに「友達になって」と頼む

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました