「不滅のあなたへ」ミズハのノッカーの正体が明らかに?16巻ネタバレ考察

不滅のあなたへ

2021年8月18日発売「不滅のあなたへ」16巻のネタバレ・考察をします。

15巻終盤でミモリが復活。

また15巻ではフウナがミズハに殺されるという出来事がありましたね。

16巻ではミズハに寄生するノッカーの正体が明らかに!

またノッカーを必要と考える人間も登場し、読んでいても何が正解で何が不正解なのか、よくわからなくなってしまいます。

それだけに読み応えがありました!

 

「不滅のあなたへ」16巻ネタバレ!ミズハのノッカーの正体が明らかに

ミズハのノッカーの正体が明らかに

16巻の冒頭、ミズハに寄生するノッカーの正体が明らかになります。

ミズハのノッカーは、カハクの左腕に寄生していたノッカーだったのです(予想通り?)。

500年前にカハクが自殺したとき、左腕に寄生していたノッカーも死んで楽園に行きます。

しかしミズハのSOSをキャッチすると、楽園をあとにしてミズハのもとに行き、左手からミズハの体の中へ。

頭の中に入り込み、いつでもミズハを操れるようにしたのです。

守護団の目的

ノッカーの寄生されたミズハは、守護団の目的について具体的に話し始めます。

ミズハによると、守護団とノッカーは志を共にして、心の救済を目的にしているとのこと。

どうやらノッカーは死にたいと願う人の心につけこみ、その人間のファイを楽園に送ろうとしているようです。

人間と同じ?

家に帰ってこないミズハを心配して、母親が車で迎えにやってきます。

ミズハも母親もノッカーに寄生されていますが、会話だけを見ると、まるでどちらも人間のよう。

その様子を見たフシは母親を殺そうとします。

しかしミズハは「新しいママはあれこれ言わない」「怖い顔をして私を追い詰めない」「私の大切な人を傷つけないで」と、フシに抵抗。

涙を流し、痛みを感じ、娘を心配する母親を見たフシは「人間と同じじゃないか」と感じ、殺すことができませんでした。

イズミの過去

イズミ(ミズハの母親)の魂との会話から、イズミの過去が判明します。

イズミは小さい頃、教団を営む家が大嫌い。

でもムリやり教団の仕事をやらされていました。

ある日イズミの母親が死亡すると、イズミには許嫁がいることを知ります。

イヤになったイズミは家を飛び出し、知り合った男性と結婚。

子ども(ミズハ)にも恵まれ、幸せな生活を送っていましたが、夫が教団の人間だったことを知ります。

絶望したイズミが死にたいと漏らすと、幼いミズハが励まします。

こうしてイズミのミズハへのきびしい教育が始まっていきますが、イズミは記憶障害に侵されてしまいます。

その後、イズミは死亡。

しかし自分のふりをするノッカー(偽イズミ)を殺したいとは思いませんでした。

ノッカーの狙いはサトル?

オカルト好きのアオキはエコとコミュニケーションを取ることで、ノッカーと会話するヒントを見つけます。

アオキは、地球外にいるノッカーはバーコードのようなもので意思疎通を図っていると推測。

そしてノッカーの目的が人間のファイを楽園に導くことなら、それを邪魔する敵はフシ。

しかしフシを倒すことができないなら、フシを作り上げた”黒いの”、つまりサトル少年を殺すのではないか?と推測します。

サトルに協力を求めるも

サトルが人間の体に寄生するノッカーをいとも簡単に取り出し、殺せることを知ったフシは、ノッカーを全滅させることに協力するよう迫ります。

しかしサトルは

  • ノッカー全滅に協力しても、フシが満足するとは限らない
  • ファイにはそれぞれのストーリーがあり、生きたくない者もいる
  • 殺すべきノッカーかどうかを知るには時間がかかりすぎる

と言い、協力を拒否。

フシはどうするべきか、さらに悩むことになります。

ミモリの現在

ノッカー打倒について考えていたフシは、公園で一人あそぶミモリを発見。

意外にもミモリは「今度はがんばれる気がする」「ノッカーに体を乗っ取られてよかった」とつぶやきます。

ミモリは自分がノッカーに利用されたのではなく、自分がノッカーを利用したのだと考えているようです。

「これから楽しくします」と言い残し、ミモリは家に帰っていきます。

「不滅のあなたへ」16巻の感想及び考察

さらに進化したノッカー

現代編が進むにつれて、進化したノッカーの姿が明らかになります。

ノッカーに体を乗っ取られて「よかっった」と言っている人がいるのには驚きました。

ノッカーは死にたい、苦しいという人のファイを楽園に送り、体を乗っ取っているんですね。

共存という表現を使っていますが、ノッカーはどんな目的があって死にたい人の体を奪っているのでしょうか?

まだ疑問が残りますね。

ノッカーの三形態

ノッカーには3つのタイプがあることも16巻で判明しました。

  • 全殽体(ゼンギョウタイ):意識をすべて乗っ取った状態
  • 半殽体(ハンギョウタイ):本人の意識が現れることもある
  • 保育体:人の体に入ってはいるが、まだ眠った状態

全殽体なら判別がつきやすいですが、半殽体は判別することが困難。

保育体の場合、判別することはほぼ不可能。

フシはどうやってノッカーと戦っていくのでしょうか?

サトルは何もしないのか?

サトル(黒いの)はノッカーを殺す能力を持っていることが明らかになりました。

しかしサトルはノッカー全滅に協力することを拒みます。

サトルはフシがどのように動くかを観察するだけで、手出しをする気はないようですね。

せいぜいノッカーの現状についてフシに教えるだけ。

まさに観察者という言葉がピッタリですね。

自分では何もせずに、ただフシがやることを観察するだけなのかもしれません。

「不滅のあなたへ」16巻あらすじネタバレまとめ

「不滅のあなたへ」16巻のネタバレをしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました