「無能なナナ」石井リュウジ殺しの犯人は空野フウコ?レンタロウの関わりについても

「無能なナナ」で、石井リュウジが寮の部屋で殺されているのが見つかります。

主人公の柊ナナは石井リュウジを殺害していたいので、殺人犯は別にいます。

石井を殺したのは誰なのでしょうか?

恋人の空野フウコなのでしょうか?

ここでは石井リュウジ殺害事件の真相をネタバレ解説します!

「無能なナナ」石井リュウジ殺害事件のあらまし

石井リュウジのプロフィール

引用元:「無能なナナ」3巻

遺体として発見された石井リュウジは関西弁を話す小太りの男子学生。

見た目はパッとせず、冴えない印象さえありますが、実は島イチバンのモテ男!

かといって軽いわけではなく、友人のために合コンをセッティングしても自分は出席しないなど、硬派な面を持ち合わせています。

そのため男友だちからも人望が厚く、人気もあります。

そんな石井が付き合っているのが幼馴染の空野フウコ。

2人は小さい頃からずっと一緒でしたが、最近は倦怠期なのか、やや疎遠になっていたとか。

それでも石井にとって最も近い女性が空野フウコでした。

なお石井は早寝早起き、都会育ちのため虫が嫌いなどの特徴があります。

石井リュウジと空野フウコの能力

引用元:「無能なナナ」3巻

石井リュウジの能力は自分の体をどこまでも小さくできる「身体の縮小化」で、やろうと思えば人の毛穴の中に入れるほどまでに小さくなれるとか。

なお代償については記述がありません。

 

それに対して恋人の空野フウコの能力は「大気の操作」。

大気を圧縮し、猛烈なスピードで飛ばすことで、工業用のウォーターカッターのように物体を斬りつける攻撃することができます。

狙いはかなり正確につけることができますが、弱点は一度攻撃態勢に入ると止めることができないこと。

また風通しがいい場所でないと能力をうまく使えないことも弱みです。

そのため屋外、または窓を開けた部屋でしか能力を発動することができません。

なお空野フウコの能力の代償についても作品中に記述がないためわかりません。

遺体発見時の状況

引用元:「無能なナナ」3巻

石井の遺体が発見されたのは朝で、発見場所は石井の部屋。

第一発見者は空野フウコで、朝迎えに来た時に死んでいるのを発見します。

背中には刺し傷、喉には石井本人から見て左から右に斬られた傷がありました。

部屋の電気はつけっぱなし、窓も開けっ放しで、部屋の中は物が散乱していました。

また石井のベッドの下には、夜に窓から入ったと思われる虫が何匹もいました。

 

石井の隣には飯島モグオが住んでいますが、前日の午後7時頃から0時頃まではモグオが自分の子分3人にお説教をしており、その時間帯は石井の部屋から不審な物音は聞こえてこなかったとのこと。

なお恋人の空野フウコは前日の夜7時ごろから自分の部屋で本を読んでおり、0時ごろに来客があり、朝までいっしょにいた、と供述していました。

小野寺キョウヤの推理

事件を調べた小野寺キョウヤは、最初は空野フウコが「大気の操作」を使い石井を殺害したと疑っていました。

部屋の窓が開けられており、室内のものが散乱していたからです。

動機は石井リュウジがモテることにフウコが嫉妬したため。

フウコが石井のクセや弱みを知っていたこと、フウコの部屋から血に塗れたジャージが発見されたこともフウコの犯行を裏付けていました。

 

ただキョウヤは石井の背中の傷と喉の傷は別の人間によりつけられたことに気づいていました。

背中の傷は左利き、喉の傷は右利きの人間によるものであることをつかんでいたからです。

「無能なナナ」石井リュウジを殺したのは空野フウコ?

石井リュウジ殺しの犯人と能力をネタバレ

引用元:https://munounanana.com/

ここでようやく結論ですが、石井リュウジ殺しの犯人は飯島モグオの子分の一人・鶴見川レンタロウです。

「幽体離脱」の能力を持つ鶴見川は、自分の霊体を遠くに飛ばすことができます。

石井の遺体が発見された前日の夜、鶴見川は石井を森の中に呼び出します。

鶴見川はモグオのお説教を聞いているふりをして、霊体を飛ばし、石井の背中をナイフ(包丁?)で刺しますが、この傷が致命傷となり、石井は命を落とします。

ただし石井の喉を切り裂き、遺体を部屋に運んだのは空野フウコでした。

フウコの犯行については後で解説します。

鶴見川レンタロウの動機を解説

引用元:「無能なナナ」4巻

鶴見川はキレイなもの、美しいものを汚すことに喜びを感じるサイコパスで、猫やうさぎなどを殺すことで快感を得ていました。

ところが動物を殺した現場を石井に見られ、石井から注意をされた鶴見川は、石井を呼び出して殺すことにします。

ただし石井は鶴見川の姿を見ていませんでしたし、鶴見川の犯行を裏付ける証拠のありませでした。

石井の喉を切り裂き遺体を部屋まで運んだ空野フウコの真意

引用元:「無能なナナ」4巻

遺体が発見された前日の夜、日課のジョギングに出かけた空野フウコは、寮から出ていく石井の姿を見かけます。

石井の浮気を疑っていたフウコは石井の後をつけますが、石井が茂みに入ったところで石井の悲鳴を聞きます。

石井は

  • 鶴見川に刺された
  • 鶴見川にはアリバイがある
  • 石井とフウコは最近疎遠だったので、フウコが通報すれば誰もがフウコの犯行を疑う

と話し、フウコに「能力を使い自分の首を斬れ」と言います。

フウコは迷いましたが、石井に言われるままに石井の首を能力を使って斬ります。

その後フウコは石井の部屋に行き、窓を開け、電気をつけっぱなしにして、朝になると能力を使い石井の遺体を部屋まで運びます。

石井の部屋に虫が入っていたのは、フウコが部屋の電気をつけ、窓を開けっ放しにしていたためでした。

第2の反抗に及ぶ鶴見川レンタロウ

引用元:「無能なナナ」3巻

石井に致命傷を与えた鶴見川レンタロウは、快楽を得るために今度は犬飼ミチルをターゲットにします。

鶴見川は「幽体離脱」を使い、霊体を飛ばしてミチルの命を狙いますが、ナナに邪魔をされると、今度はナナの命を狙います。

詳しくは以下の記事で解説しています。

関連記事

まとめ

この記事では「無能なナナ」の石井リュウジ殺害事件の犯人をネタバレ解説しました。

  • 石井リュウジを殺害したのは「幽体離脱」の能力を持つ鶴見川レンタロウ
  • 動物を殺したところを見られた鶴見川は、石井を呼び出し霊体を使って石井の背中を刺した
  • 刺された石井は空野フウコに頼み、自分の首を斬らせた
  • 空野フウコは能力を使い石井の遺体を部屋まで運んだ

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました