無職転生のルーデウスは最後に死亡する?死後どうなるかついても考察

無職転生

「無職転生~異世界行ったら本気出す~」の主人公・ルーデウス

ルーデウスはたくさんの人と巡り合い、苦難はあるのの豊かな人生を送ります。

そんなルーデウスは最後どうなるのでしょう?

死後どうなるのでしょう?

今回はルーデウスは最後に死亡するのか、解説します。

また死後どうなったかについても考察します。

 

「無職転生」ルーデウスは最後に死亡するのか解説

最後は老衰で死亡

結論を書くと、ルーデウスは老衰で死亡します(享年74歳)。

多くの親族に囲まれて亡くなり、葬儀には5000人が集まりました。

前世に比べると人望もあり、真っ当な人生を終えたことが分かります。

死ぬ間際、「何も未練はない。後悔もない」とルーデウスは感じており、満足そうにこの世を去りました。

ルーデウスは死後(死亡後)どうなるか考察

死亡後ヒトガミと対話

ルーデウスは死後、白い部屋でヒトガミと対話します。

この世界では死後の魂は魔力に還元され、他の魔力と混ざってから何かへと再構成される仕組みとなっています。

しかしルーデウスは転生者であるため、どうなるかわからない、とヒトガミから言われます。

ヒトガミとオルステッドの戦いはまだ終わっていないため、戦いの最中にルーデウスが復活することが考えられます。

ですが「復活してどうこうという気持ちはない」とルーデウス自身が言っているため、復活という線はないでしょう。

また何の悔いもなく、やり切ったと心の底から感じているため、ルーデウスが転生して違う人生を送るとも考えにくいです。

役目は果たせた

元々ルーデウスは甲龍歴400年、篠原秋人が生きることのできる未来を作る存在として、リリアの手によってイレギュラーとしてこの世界へと召喚されました。

甲龍歴407年、リリアによって召喚された魂は、1人の赤子の中へと入りルーデウスが誕生。

その様々な行動により歴史は改変。

そのためルーデウスが転生してきたのは、役目が明確に決まっていたからであり、その役目は十分に果たせたと言えるでしょう。

そしてルーデウスは白い部屋で身体が少しずつ薄れていき魔力に還元されていくのを実感。

ヒトガミと対話する際にはいつも前世の姿でしたが、このときは転生後のルーデウスの姿だったため、前世からの転生者ではなく、この世界の1人の人間になったのではと考えられます。

そのためこの世界の人々と同じような死後を迎えるのではないでしょうか。

ルーデウスの生前の死亡危機を解説

ルーデウスは生前、何度か死亡危機に直面しています。

ここではルーデウスが経験した死亡危機をご紹介します。

オルステッドとの2度の戦いで死亡危機

ルーデウスとオルステッドの戦闘は2度。

1戦目と2戦目にわけて解説していきます。

1戦目:死亡するもナナホシに助けられ復活

ルーデウス、エリス、ルイジェルドの3人はフィットア領へ帰還中にオルステッドとナナホシに遭遇。

オルステッドは、ルーデウスが「ヒトガミ」の存在を知っているとわかった瞬間に襲いかかってきます。

ルーデウスは胸を貫かれ致命傷を負い瀕死の状態に。

ですが「生かしておいたほうがいい」というナナホシの提言により、オルステッドの手によって治癒され一命を取り留めます。

その後、オルステッドとナナホシはすぐさま姿を消します。

2戦目

大人になったルーデウスは、ヒトガミに家族を人質にとられオルステッドと再戦することに。

事前準備を念入りにして善戦しますが、致命傷を負ってしまいます。

そこへエリスが助太刀に入ったため、命は助かります。

オルステッドはルーデウスに、ヒトガミを裏切り自分に付けと提案。

ルーデウスがそれを受け入れ、戦いは終わります。

オルステッドがルーデウスの家族を守ることや、生活に十分な資金援助をすることを条件に、ルーデウスはオルステッドの配下となりました。

魔石多頭竜(マナタイトヒュドラ)戦で左手を失う

ルーデウスがゼニスを救出しに向かった転移の迷宮で、魔石多頭竜(マナタイトヒュドラ)と戦闘に。

魔石多頭竜(マナタイトヒュドラ)は、今までの魔物とは比にならない程の強さを誇っており、「魔術無効化」や「再生機能」などの仕様を持ち合わせていました。

結果的になんとか倒せたものの、ルーデウスは左手を失う重傷を負うことに。

またこの戦闘でルーデウスの父であるパウロを亡くしてしまいます。

ゼニス救出の代償はあまりにも大きいものでした。

まとめ

「無職転生」に登場する主人公ルーデウスは最後に死亡するのか?死後どうなったかについてまとめました。

  • ルーデウスは寿命で死亡(享年74歳)
  • 死後、この世界の人々と同じように魂が魔力に還元されていくと考えられる
  • オルステッドに2度殺されかけ、マナタイトヒュドラには左手を喰われるなど、何度か死亡機器があった

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました