トイストーリー3のロッツォはかわいそう?クズな悪役の過去や最後から考察

アニメ・マンガ

「トイストーリー3」に登場するクマのぬいぐるみのロッツォ・ハグベア。

サニーサイド保育園に来たばかりのウッディ達に温かく迎え入れ、やさしく園内を案内していましたが、彼の本当の顔は他のおもちゃを恐怖で支配する影の支配者でした!

極悪非道の限りを尽くし、最後までウッディーたちを苦しめました。

そんなロッツォに対して「かわいそう」との声もチラホラ・・・

なぜ悪役のロッツォを「かわいそう」を感じるのか、理由を考察します。

またロッツォの過去や最後、その後についてもご紹介します。

「トイストーリー3」ロッツォ・ハグベアの過去や最後・結末

ロッツォが「かわいそう」と感じる理由を考察するには、その前にロッツォの過去や行ってきた悪行の数々、最後・結末を知る必要があります。

ここではロッツォの過去や悪行エピソード、最後・結末を振り返ります。

ロッツォのかなしい過去

イチゴの香りがするロッツォは一見やさしそうで、ウッディたちを安心させましたが、本当は恐怖でおもちゃ達を支配する影の実力者でした。

ロッツォがそんな性格になったのは過去のかわいそうな出来事が大きく影響しています。

かつてロッツォはデイジーという女の子のおもちゃでした。

もともとデイジーはおもちゃを大切にする子でしたが、ロッツォのことは特に愛しており、2人はいつも一緒にいました。

ある日ディジーは両親に連れられドライブに行きますが、昼食を食べた後デイジーは眠ってしまいます。

そして帰る時、デイジーはロッツォと赤ちゃんの人形(ビッグベビー)、チャックルズを置き忘れてしまいます。

ロッツォたちはやっとの思いで家に帰りますが、そこには新しいクマのぬいぐるみをかわいがるディジーの姿がありました。

この様子を目にしたロッツォはショックを受け、あてもなくさまよい続け、ようやくサニーサイドにたどり着きます。

デイジーが新しいぬいぐるみをかわいがる様子を見てから、ロッツォは「自分は愛されていない」「代わりはいくらでもいる」「おもちゃはいつかは飽きられて捨てられる存在」と考えるようになったのでしょう。

こうしてロッツォは新しい場所で支配者になったのです。

ロッツォの悪行エピソードの数々

ビッグベビーとチャックルズを巻き込む

ロッツォがデイジーから忘れ去られた後、家に帰るとデイジーは新しいクマのぬいぐるみを遊んでしました。

この様子を見たロッツォは「自分は捨てられた」と認識し、ビッグベビーとチャックルズとともにデイジーの家を去ります。

しかしデイジーが新しく買ったのは新しいロッツォのぬいぐるみだけ。

ビッグベビーもチャックルズもデイジーに失望してはおらず、家に帰りたかったはずです。

でもロッツォは新しいクマのぬいぐるみを「俺たちみんなの代わりだ」と説明し、ビッグベビーとチャックルズを巻き込みます。

失望したなら自分だけどこかに行けばいいのに、仲間を巻き込むのはよくないですよね。

サニーサイドで支配体制を作り上げる

サニーサイドにたどり着いたロッツォは恐怖で支配体制を作り上げます。

ビッグベビーやケンなど従順なおもちゃは自分の側近にして、気のいらないおもちゃは棚に閉じ込めていました。

また逃げ出すおもちゃを監視するために、一晩中車のおもちゃにパトロールさせたり、監視カメラでサルに園内を監視させたり。

他にもバズが檻から逃げ出さないよう見張りをつけるなど、恐怖でサニーサイド保育園を支配する体制を作り上げました。

ディズニーヴィランズにふさわしい悪行の数々です!

新入りはイモムシ組に

サニーサイドの新入りのおもちゃたちは、ロッツォの指示によりイモムシ組の教室に置かれます。

イモムシ組はおもちゃの扱いがよくわかっていない(乱暴に扱う)子どもたちが集まる幼児クラスで、新入りたちは子どもたちからひどい扱いを受けることになります。

アンディのおもちゃたちもしっぽを取られたり、体をバラバラにされたり。

かじられたり、よだれで体をベトベトにされたりしていました。

反対にロッツォたちは1才上のチョウチョ組にいて、子どもたちからかわいがられていました。

これもロッツォが作り上げた恐怖政治のひとつを言えるでしょう。

ゴミ焼却場での裏切り

アンディやロッツォたちがゴミ回収車に乗せられ焼却場にやってきます。

ここでロッツォは重いゴミの下敷きになり危うく死にかけますが、ウッディたちに助けられます。

このあと焼却炉が近づいてくると、ロッツォは一人階段を登り、ベルトコベアの停止ボタンのところにやってきます。

助けたもらったお礼に停止ボタンを押すかと思ったら、ロッツォは不敵な笑顔を浮かべて「アンディは助けに来るかな」を言い、ボタンを押さず去ってしまいます。

一度は命を助けてもらったのに見捨てるなんて、まさに冷酷非道!

ロッツォの性格が悪役ぶりがよく現れたシーンでした。

ロッツォの最後・結末

停止ボタンを押さず、ウッディたちを見捨てて去ったロッツォが焼却場の外に出ると、ゴミ回収車がやってきます。

すると車から降りた回収員が「このぬいぐるみ、ガキの頃持ってたんだ」と言い、ロッツォをゴミ回収車のフロントグリルに張り付けます。

同じように張り付けられたカエルのぬいぐるみから「おい相棒、口は閉じてたほうがいいぜ」とアドバイスされていました。

ロッツォ自身は相当イヤそうでしたが、これでサニーサイド保育園の恐怖政治は終わり、おもちゃ達には平和が訪れることでしょう。

ディズニーヴィランズにふさわしい最後でした(笑。

ロッツォはクズ・悪役だけどかわいそう?理由を考察

前でご紹介した通り、ロッツォは悪行の限りをつくしていました。

まさにクズ・悪役と呼ぶにふさわしい存在ですが、意外にも「かわいそう」と感じている方がいることがわかりました。

ここではロッツォを「かわいそう」を感じる口コミをご紹介し、なぜ「かわいそう」と感じるのか、理由を考察します。

「ロッツォはかわいそう」と感じる口コミ

ご紹介したようにロッツォを「かわいそう」と感じる口コミはかなりあります。

下にある口コミのように「好き」「嫌いじゃない」と言う方もいました。

「かわいそう」な理由を考察

ロッツォを「かわいそう」と感じる理由は彼の過去にあると考えられます。

ロッツォは持ち主のデイジーに愛されていることに喜びを感じていました。

ロッツォだけでなく、トイストーリーに登場するおもちゃ達は持ち主から愛され、遊んでもらうことに幸せを感じています。

しかしロッツォは、ほんのちょっとのボタンの掛け違いから外出先に置き去りにされ、やっとの思いで家に帰ると、新しいクマのぬいぐるみで遊ぶ持ち主を見てしまいました。

ロッツォは人間の身勝手な行動に失望し、それがきっかけで性格が歪み、サニーサイドで恐怖政治し始めます。

元はと言えばロッツォには悪いところはなく、持ち主の人間が悪いのです。

こんな悲しい過去を持つロッツォに対して「かわいそう」「気の毒」と感じる方がいるのだと考えられます。

ロッツォは本当に「かわいそう」なのか?個人的見解

持ち主の置き去りにされ、帰ったら自分の代わりがいた、という経験をしたロッツォには同情の余地はあると感じますし、「かわいそう」とも感じます。

かと言って、その後サニーサイドで他のおもちゃを恐怖で支配したり、命を助けられたウッディ達を見殺しにしようとしたことが正当化されるわけではありません。

ですから個人的にはそれほど「かわいそう」とは感じていません。

一度は自分が置かれた環境に失望し、ダークサイドに落ちたロッツォですが、気持ちを入れ替えるチャンスが劇中に2度ありました。

1回目はウッディから「いつもいっしょだよ」と書かれたデイジーのキーホルダー(?)を見せられた時。

デイジーに愛されていた証でしたが、これをロッツォは壊してしまいます。

2回目はごみ焼却場でウッディたちに助けられた時。

ウッディらが助けなければロッツォは死んでいたのですから、ベルトコンベアの停止ボタンを押すのが当然ですが、ボタンを押すことなく立ち去ってしまいます。

2回もチャンスがあったのに、気持ちを改めなかったロッツォには同情の余地はなく、最後にゴミ収集車に張り付けられても「かわいそう」とは感じません。

置き去りにされたことは気の毒に思いますが、その後の言動はとても正当化できるものはないのです。

以上のことから同情の余地はあると感じつつも、個人的にはロッツォが「かわいそう」とは感じません。

焼却炉から生還したウッディが「ほっときゃいいさ、仕返しする価値もない」と言ったのは痛快でした。

まとめ

この記事では「トイストーリー3」に登場する悪役ロッツォを取り上げました。

  • ロッツォは持ち主に置き去りにされ、自分の代わりがいたという悲しい過去がある
  • 性格が歪んだロッツォはサニーサイドで他のおもちゃを恐怖で支配していた
  • かわいそうな過去を持つロッツォを「かわいそう」と思う人はいる
  • 個人的には悪行の限りを尽くし、改心しなかったロッツォを「かわいそう」とまでは思わない

最後までご覧いただきありがとうございました!

関連記事
タイトルとURLをコピーしました