ゴールデンカムイ月島基の過去とは?いご草ちゃんとの関係についても

ゴールデンカムイ

「ゴールデンカムイ」の月島軍曹といえば、鶴見中尉の忠実な部下。

月島基(つきしまはじめ)は「残りの人生は鶴見中尉にささげる」と決めています。

鶴見中尉は最後の戦いの中「私の味方はもうお前だけ」と語りかけます。

2人はどのようにこの関係を築いたのか。

ここでは月島の過去と、いご草ちゃんとの関係について解説します。

 

「ゴールデンカムイ」月島基の基本情報

日清戦争から鶴見中尉の部下だった月島。

鶴見を抹殺しようとした上官を、無表情で撃ち殺します。

背は低いが頑丈な肉体で、大きなロシア人ともガチで戦う月島軍曹。

尾形に「屈強な兵士」と言わしめた、軍人としての月島について解説します。

帝国陸軍北海道第七師団に所属

月島は新潟県佐渡の出身。

東北、新潟を本拠地とした第二師団に入隊します。

鶴見中尉も新潟出身。

2人はそこで出会い、日清戦争でともに戦いました。

誰よりも優秀な兵士で、同郷の信頼できる部下で、戦友

鶴見中尉の月島評です。

その後、鶴見と月島は北海道の第七師団に転属になり、日露戦争からアイヌの金塊争奪戦まで、行動をともにしていきます。

第7師団の中では貴重な常識人

冷徹なイメージの月島ですが、第七師団の変わり者、変わった任務の中でかなり苦労しています。

革職人江渡貝の監視、二階堂の世話、鯉登少尉の補佐と、テンション高めの変人たちの面倒を見る月島。

鯉登のわがままを、ときに「いやです」とあっさり断ったり、めんどくさい、と心の中で思ったりしつつ、意外に面倒みよく補佐。

仲間を尾形に殺されて激昂したり、ロシア人夫婦の娘が行方不明になったことを気にかけたり、クールな中に、熱い心が見え隠れします。

 

任務に忠実で、鶴見中尉のためなら汚れ仕事もやる。

その実、鶴見中尉を完全には信用しておらず、自分の考えで行動することも。

それが月島軍曹です。

月島基の過去をいご草ちゃんとの関係から解説

かたぶつのイメージの月島ですが、杉元にも負けない、せつない恋の思い出があります。

その相手が「いご草ちゃん」。

ここでは、月島といご草ちゃんとの関係について解説します。

いご草ちゃんとは?

いご草ちゃんは、月島の幼なじみの女の子です。

月島の父親は島の嫌われ者で、月島自身も暴れん坊。

「悪童」「くそがき」と呼ばれていた月島を、ただ1人「基ちゃん」と呼んでくれたのが、いご草ちゃんでした。

 

「いご草」とは、海藻のこと。

くせっ毛で、まるで海藻の「いご草」のような髪だったので、みんなにそう呼ばれていたのです。

今なら「ゆるふわ髪」は人気ですが、平安の昔から昭和初期まで、まっすぐに流れる黒髪が女子の理想。

「やーい、いご草ー」と、からかわれていたんですね。

月島といご草は相思相愛

髪のせいで嫌な思いをしていたいご草ちゃんに、月島は「その髪が好きだ」と伝えます。

やがて第二師団に入隊した月島は、

「戦争が終わったら、一度だけお前のために帰る。駆け落ちしよう」

といご草ちゃんに約束し、日清戦争に出征します。

 

いご草ちゃんは月島を待ち、戦地に手紙も送っていました。

が、ある日プッツリ手紙がとだえます。

故郷に帰った月島を待っていたのは、いご草ちゃんが亡くなったという知らせでした。

月島は戦死の虚言を流した父親を殺害

月島が戦死したといううわさが流れ、いご草ちゃんは絶望して海に身を投げた。

その話を聞いた月島は、いご草ちゃんの遺体を探しながら、誰がうわさを流したか調べます。

うわさを流した張本人は、自分の父親でした。

 

それを知った月島は、子どものころから積もった恨みを爆発させ、父親を殴り殺します。

親を殺すのは「尊属殺人」。

当時は無期懲役か、死刑の重罪でした。

月島は死刑囚になり、鶴見中尉に「もうどうでもいい」と話すのです。

鶴見中尉からいご草が生きていることを知らされる

月島は、面会に来た鶴見中尉から「いご草ちゃんは生きている」と知らされます。

鶴見中尉の話をまとめます。

  • 佐渡の鉱山を買い取りに来た会社の重役がいご草ちゃんを気に入り、息子の嫁にと申し出る
  • 月島を待っていたので、いご草ちゃんは断る
  • いご草ちゃんの両親は、月島父に金を払い、月島は死んだと言わせる
  • 月島は死んだと信じ、いご草ちゃんは両親と一緒に東京へ行き、結婚する
  • 月島が探しに来ないように、両親は、いご草ちゃんの自殺を偽装する

鶴見中尉はいご草ちゃんから預かった、彼女の髪の毛を月島に渡します。

  • いご草ちゃんは、まだ月島が死んだと思っている
  • 鶴見に髪を渡したのは、月島のお墓に入れてほしかったから

生きていると伝えるべきだったか、と聞く鶴見中尉に「もういい」と断る月島は、いご草ちゃんの髪をじっと見つめるのでした。

ロシア語が堪能であるとして恩赦に

「もうすぐロシアと戦争になる。ロシア語通訳として、第七師団で一緒に働こう」と鶴見中尉は誘います。

ロシア語通訳になれば恩赦になり、死刑をまぬがれる、と。

ロシア語なんて話せないという月島に「じゃあ死んだ気で勉強しろ」とはっぱをかけるのです。

 

恩赦になった月島は、残りの人生は鶴見中尉のために生きようと決意。

その後、アシリパを探しに樺太へ行った月島は、通訳として大活躍。

ロシア人を挑発しようとする杉元と鯉登には「複雑な通訳はできません」と言っていますが、ロシアの家出娘に親に連絡するよう説得するなど、たしかな語学力を見せました。

いご草は死亡それとも生きてる?

結論ですが、いご草ちゃんは「お金持ちと結婚して、東京で幸せに暮らしている」ようです。

日露戦争中、佐渡出身の男に出会った月島は、「いご草の骨が月島の父親の家から見つかった」と言われます。

だまされたと怒る月島に、鶴見中尉は、死刑から救うにはロシア語通訳というだけではたりなかった、情状酌量がみとめられるよう「父親に恋人を殺された」というストーリーを作って細工した、と話します。

全てが「鶴見劇場」だと気付く

結局、佐渡の男の話もふくめて、全てが「鶴見劇場」だったと月島は気が付きます。

「お前のために、私はここまでやってやったよ」と自分に伝えたかったんだと。

鶴見中尉が、そこまでして自分を利用したいなら、利用されよう。

月島はいご草ちゃんの髪を海に捨て、過去と決別するのです。

 

いご草ちゃんが生きているとわかるのは、杉元が花沢勇作の替え玉として見合いをしたエピソードから。

見合い相手の令嬢が「いとこの兄さまは顔がいいだけのくせ毛の田舎娘と結婚して、幸せそう」と話しているのです。

その場面には、いご草ちゃんの後ろ姿が!

まとめ

月島の過去と、いご草ちゃんとの関係についてまとめます。

  • 月島は幼なじみのいご草ちゃんと将来を誓ったが、親のたくらみでひきさかれた。
  • 月島は父親を殺して死刑囚になったが、鶴見中尉の画策で助かり、ロシア語通訳としても活躍した。
  • いご草ちゃんは金持ちの家に嫁いで幸せに暮らしているが、月島はそのことを確かめられていない。

切ない話です。

月島は、思わずインカラマッに「あの子」の占いを頼んだことがありました。

しかし、結果を伝えようとするインカラマッに、「もういい」と断ります。

手はかかるがまっすぐな鯉登少尉との絆が深まり、ときには任務よりも鯉登を優先するようになる月島。

大切な人を失った心の穴を、少しずつ鯉登少尉が埋めていってくれるといいですね。

それにしてもいご草ちゃん、いちどだけ顔がはっきり描かれましたが、すごい美少女。

お金持ちに見そめられるのも納得です。

月島軍曹、こんな美少女に惚れられたとは、さすがです。

以上、月島の過去といご草ちゃんとの関係について解説しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました