ゴールデンカムイ菊田杢太郎の正体は?モデルや死亡するかについても

ゴールデンカムイ

日露戦争直後の北海道が舞台の「ゴールデンカムイ」。

実在した「日本軍第七師団(北鎮部隊)」がアシリパ、杉元達の前に立ちふさがります。

鶴見中尉を愛する第七師団の変わり者達の中で、いぶし銀の活躍をみせるのが菊田杢太郎(きくたもくたろう)。

一見クールな職業軍人ですが、弟を軍に誘い、日清戦争で死なせてしまったことへの後悔をもち続けています。

この記事では菊田杢太郎の正体やモデル、死亡するかについて解説します。

 

「ゴールデンカムイ」菊田杢太郎(きくたもくたろう)の基本情報

日露戦争で負傷し、有古とともに登別温泉で療養していた菊田。

「また鶴見中尉と働きたい」と刺青人皮の入手に成功し、第七師団に返り咲きます。

作者が「キャラの中で顔を描くのが一番難しい」と語った菊田。

その顔は「イングロリアスバスターズ」でのブラッド・ピットがモデルとか。

え、ブラピ?!と思われるかもしれませんが、映画ポスターのしかめっつら、似ています!

 陸軍北海道第七師団に所属する軍人

元は東京を守る第一師団の軍曹だった菊田。

日露戦争前に第七師団に転属し、特務曹長に出世します。

特務曹長とは、少尉と軍曹の中間にあたる准尉。

第七師団では、鯉登と月島の間の階級です。

士官学校に行かずに入隊した中で、最高位まで出世した、といえます。

(たたき上げで士官になった人もいたようですが・・・)

 

暗闇の戦いの前には眼帯をして目を慣らしておくなど、周到な性格。

きびしい戦闘も、冷静な判断力できりぬけるところは、軍人として優秀ですね。

鶴見中尉もそんな菊田を評価、信頼し、鯉登誘拐事件でも参加メンバーに選んでいます。

変人揃いの第七師団にあってはまともな人物

鶴見中尉と働くことに熱心だった菊田ですが、他の「鶴見ラブ」な仲間と違いクール。

落ち着いた大人の男で、行き過ぎた鶴見ファンは苦手なよう。

札幌で宇佐美と行動をともにしたときは、「俺もお前が嫌いだよ」とつぶやきます。

 

そんな菊田がこだわりを見せるのが、倒したロシア兵から銃を集めること。

奪った銃で二丁使いの拳銃さばきを見せます。

胸にかくし持った、たくさんの銃のおかげで、命拾いをしたことも。

やはり第七師団、ちょっと癖はありますね。

士官学校で教官だったこともあり、部下や若者を助けようとする姿も印象的です。

それでもどこか冷めているのは、弟が自分のせいで死んだと思っているからかもしれません。

「俺は地獄行きの特等席だ」と、入隊前の杉元に語っています。

杉元佐一との関係

結核で家族を亡くした杉元は、東京でふらふらしているとき第一師団の菊田に出会います。

けんかっぱやい杉元を「ノラ坊」と名付けた菊田は、軍の極秘作戦に杉元を誘うのです。

極秘任務「花沢勇作童貞防衛作戦」とは

  • 第七師団長、花沢中将は息子勇作を旗手にしようとしていた
  • 旗手の死亡率は高いので、勇作の母は反対。旗手は童貞が条件なので、ひそかに結婚話を進めた
  • 結婚話に気づいた軍は、内密にその話をつぶそうと、お見合いに替え玉を送り込むことに

「顔に品がある」と替え玉に選ばれた杉元の活躍で、作戦は成功。

「軍人になれば飯は食える」と入隊を考える杉元に、菊田は「俺もそう誘って弟を死なせてしまった」と話します。

「最後は自分で決めること。もう自分を許したら」と杉元に言われ、菊田は救われるのです。

菊田は、弟の形見の軍帽を杉元に贈ります。

金塊争奪戦で杉元と再会

金塊争奪戦のさなか、菊田は杉元と再会。

菊田は日露戦争の英雄「不死身の杉元」が、かつてのノラ坊だと知って喜びます。

杉元は、昔極秘作戦で世話になった菊田とも「本気で戦わなければならない」と思います。

かつて菊田から聞いた「地獄行きの特等席」という言葉を心にきざみ、杉元は戦い続けているのです。

菊田杢太郎の正体や目的を解説

貧しい生活から抜け出すために軍人になった菊田は、大義に振り回される人間ではありません。

他の師団仲間のように、「鶴見中尉への愛」でつながっているわけでもない。

では菊田の正体や目的は何か、解説します。

菊田杢太郎の正体:中央政府から送り込まれたスパイ

菊田の第七師団への転属は「鶴見中尉が暴走しないか監視するため」でした。

初めから中央政府が送り込んだスパイだったのです。

 

療養中、早く第七師団に戻ろうとしたのは、その任務のためでした。

情報を書きこんだ紙煙草を捨て、政府の者に拾わせる方法を考え、報告。

鋭い鶴見中尉の目をごまかし続けた、優秀なスパイです。

同じく中央のスパイだった尾形とは、顔をあわせたことがあります。

戦いの中で出会ったとき、だまってスルーした2人でした。

菊田杢太郎の目的

結論を書くと、菊田の目的は任務を達成することです。

軍の最新の指令は「鶴見中尉に金塊を見つけさせて、最後には消せ」というもの。

鶴見が金塊を見つける手伝いにはげむのも、この指令のためです。

 

弟を軍で亡くした菊田ですが、自分が軍人であることに疑問はありません。

童貞防衛作戦では、杉元が替え玉とばれそうになるとめちゃめちゃテンパっています。

軍人として、任務をまっとうすることを大切にしているのです。

有古一等卒との関係

日露戦争時、負傷して塹壕(ざんごう)に閉じ込められた菊田と有古。

瓦礫の隙間から見える月を眺めながら、意識を失わないように話し合います。

アイヌ出身の有古は、父親の手作りの小刀「マキリ」について語ります。

その時の月とマキリの話が、菊田と有古の絆になっているのです。

 

有古はアイヌで、第七師団の兵士。

土方一派も、第七師団も、有古をスパイとして利用しようとします。

誰も自分を信じてくれないと苦しむ有古に、自分が中央のスパイであることを教え、「俺はおまえを信じる。俺につけ」と言います。

有古はアシリパを逃がしたために月島に撃たれますが、父親のマキリのおかげで命びろい。

「中央にはつかない」という有古に菊田は「また温泉に入ろうな」と笑って別れます。

菊田杢太郎は最後に死亡するのか

優秀なスパイだった菊田ですが、札幌で宇佐美に証拠をつかまれ、銃で撃たれて死亡します。

息を引き取る前に何を思い、何を語ったのでしょうか。

鶴見と月島に撃たれ死亡

宇佐美は札幌で菊田と行動した時、菊田がスパイだという証拠の紙煙草を手に入れます。

そして自分が死ぬ時、それを鶴見中尉に渡しています。

菊田が死亡すれば、いよいよ中央政府が第七師団の制圧に乗り出すはず。

刺青人皮の暗号解読が終わったとき、鶴見は菊田を撃ち、「これは決意の号砲だ」と語ります。

 

菊田は鶴見に「あんたを倒すのはノラ坊(杉元)さ。地獄行きの特等席、俺の隣を空けておきますよ」と言い、月島に撃たれて死亡。

かつて放浪していた杉元が立派な戦士に成長した姿を見て、鶴見の死を確信したのかもしれません。

未来を若者に託して、老練な兵士として死を迎えた菊田でした。

まとめ

菊田杢太郎の正体、目的、死亡するかについてまとめます。

  • 菊田杢太郎は中央政府が鶴見中尉を監視させるために送り込んだスパイ
  • 菊田の目的は「鶴見中尉に金塊を発見させた後に暗殺する」という任務を達成すること
  • スパイであることが知られ、鶴見中尉と月島軍曹に撃たれて死亡する

作者は菊田について「かっこよく描きたいのに、描けたコマはわずかしかない」とコメントしています。

ブラピに似ているかどうかはともかく、菊田杢太郎、かっこいいです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました